キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻

趙の旗



戦国七雄の地図

 

中華統一を目指す(しん)の前に立ち塞がり、当時最強とされた秦を1度ではあったものの退けた(ちょう)

趙には柔軟な思考の持ち主が多く、優秀な人材が集まっていたといいます。

そんな趙ではどんな遊説家(ゆうぜいか)たちが活躍していたのでしょうか?

 

今回は『戦国策(せんごくさく)』の趙策を覗いてみましょう。

 

関連記事:【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

関連記事:キングダム582話休載スペシャルvol2李牧のリアルな軍勢とは?

 

 

復讐の鬼・予譲の物語

豫譲(よじょう)は暗殺者

豫譲

 

その昔、まだ(ちょう)()(かん)(しん)という1つの国だったとき、予譲(よじょう)(豫譲)という人物がいました。

 

晋には六卿(ろっきょう)と呼ばれる国政の中心を担う6つの家系があり、予譲はそのうち范氏(はんし)中行氏(ちゅうこうし)に仕えてみたのですが、

あまり取り立ててもらえませんでした。

 

そこで今度は智氏(ちし)智伯(ちはく)に仕えることにします。

こうして転職を繰り返した予譲は智伯のもとでようやく満足のいく待遇を得たのでした。

しかし、その幸せは続きませんでした。

 

智氏と趙氏との間で権力争いが勃発し、智伯は趙襄子(ちょうじょうし)との権力争いに敗れてしまったのです。

趙襄子に敗れた智伯は趙襄子から激しい恨みを買っていたため、処刑された上に頭蓋骨を杯にされて(さら)されてしまいます。

 

このとき予譲は山に隠れていたのですが、智伯への恩を思って甚だしい復讐心を覚えました。

 

智伯はすぐに姓名を変えて囚人として趙襄子の館に入り込み、便所の壁塗りをしながら復讐の機会を待つことに。

 

いよいよ趙襄子が便所に入ってきたので、「チャンス!」と思ったのもつかの間、胸騒ぎを覚えた趙襄子によって捕まり、

コテに刃物を仕込んでいることがバレた挙句予譲であることもバレてしまいます。

 

しかし、趙襄子は「義士だ」と言って予譲を称賛(しょうさん)し、罪を許して釈放してやることに。

 

ところが、予譲は復讐を諦めません。

 

予譲は自分の体に漆を塗って髭や眉を剃り、癩病(らいびょう)の乞食に変装。

さらに炭を飲んで喉を潰して再び趙襄子の暗殺に向かいました。

 

予譲が機会を窺っていたところ、趙襄子が橋を渡るところに出くわし、好機ととらえた予譲は橋の下に隠れました。

ところが、趙襄子が乗っていた馬が驚いたために気づかれてしまい、尋問を受けて再び予譲であることがバレてしまいます。

 

趙襄子は、

「君が智伯のために尽くす姿に誰もが感銘を受けずにはいられないが、もう流石に君を許すことはできない」

と予譲に覚悟を決めるように言いました。

 

すると予譲は次のように趙襄子に頼みました。

「最期にせめてあなたの着物を斬らせて智伯様の恩に報いさせてください。」

 

趙襄子はそれを快く受け、予譲に着物を譲りました。

すると予譲は剣を抜いて着物を切り裂き、自刃。

 

趙国の人々は皆予譲の死に涙を流したのでした。

 

 

趙国を治めるなら趙人を讃えよ!

劉邦と張良

 

趙の国の政治を取り仕切ることになった張相国(ちょうしょうこく)が政治について悩んでいました。

 

実は張相国は魏でもうまくその手腕をふるうことができず、趙に流れてきた人物。

 

そんな彼にある人が次のようにアドバイスをしました。

 

「あなたの政治がうまくいかないのは、あなたが趙人を(さげす)み、憎んでいるからです。

(にかわ)(うるし)はネバネバしていますが、遠くにあるものをくっつけることはできませんし、

(ひしくい)の羽は軽いですが、ひとりで舞い上がることはできません。

しかし、清らかな風に乗れば世界中を気ままに漂うことができます。

 

このように、楽々ことを成し遂げるように見えるものは、実は他のものの力を借りているものです。

 

趙は万乗の国で、かつては秦を抑えたこともあります。

そんな趙の力を見くびっていながらこれならまだ魏の方が良かったなんて思っていらっしゃる。

私はそんなあなた様を正直いかがなものかと思っています。」

 

この言葉を聞いた張相国は心を入れ替え、人々の前では趙人を讃えないことは無く、趙の習俗の美点を褒めそやさないことは無くなったのでした。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

いかがでしたか?

いずれも趙人の人となりがよくわかるエピソードですよね。

 

趙策には他にも面白いエピソードがたくさんあるのですが、紙幅の都合上2つだけのご紹介となりました。

気になった方は是非『戦国策』を手にとってみてくださいね。

 

関連記事:【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?

関連記事:【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  




 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  2. 藺相如(りんしょうじょ) 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  3. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在し…
  4. 廉頗 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダ…
  5. キングダム 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた!
  6. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  7. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  8. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝)
  2. 秦の旗を掲げる兵士
  3. 司馬懿と公孫淵
  4. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  5. 曹休
  6. 劉禅
  7. 諸葛孔明
  8. はじめての三国志編集長kawauso

おすすめ記事

  1. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学 孔明
  2. 織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった! 真田丸 武田信玄
  3. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣
  4. もしも、三国志の蜀に採用されたら働きたい? 蜀の姜維
  5. kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」
  6. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう! 始皇帝

三國志雑学

  1. 側室の女性達を励ます甄氏
  2. 五斗米道(はじめての三国志)
  3. 蒋琬(しょうえん)
  4. 孫権と張昭
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 戴宗
  2. 側室の女性達を励ます甄氏
  3. 尼子晴久
  4. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め
  5. 蜀の姜維
  6. 木牛流馬
  7. 坂本龍馬の臨終(暗殺)

おすすめ記事

孔子と儒教 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…? 楊彪を司空に任命させる董卓 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか? はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに皇甫嵩を追加しました 曹沖 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝 司馬懿 クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!? 抜き出た曹操 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 難斗米(なしめ) 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP