三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

城銅雀台




 

漢王朝は皆さんもご存知の通り前漢と後漢に分かれています。

なぜ前漢・後漢に分かれているかというと、王莽によって一度滅ぼされているからです。

それでも不死鳥のごとく蘇った漢王朝

 

ところが、やっぱり衰退の一途をたどり再び滅亡してしまいました。

前漢も後漢もそれぞれ200年という長い時代を築いたのに、

なぜ滅んでしまったのでしょうか?

今回はその原因を探ってみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【驚愕の事実】前漢時代の中国に宇宙人が飛来していた【HMR】

関連記事:【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう

 

 

正直、劉邦が嫁にした奴がマズかった…

呂后(りょこう)

 

実は漢王朝の破滅の足音は劉邦(りゅうほう)が漢王朝を立てる前から既にヒタヒタと聞こえ始めていたのかもしれません。

その足音の正体は劉邦の妻・呂雉(りょち)です。

 

呂雉は後に皇后となるので人々には呂后の呼び名で知られています。

彼女は劉邦が布衣の身であるときから連れ添っている所謂(いわゆる)糟糠(そうこう)の妻」なのですが、正直彼女については、彼女だけは

どこかでポイッと捨ててしまった方が良かったのかもしれません…。

 

劉邦が崩御し、劉盈(りゅうえい)が即位すると呂后は皇太后となったのですが、劉邦の後継者争いのときライバルとなった者たちを次々と暗殺・処刑。

趙王(ちょうおう)となった劉如意(りゅうにょい)の母・戚夫人(せきふじん)については両手両足を切り落として目玉をくり抜き、更に耳と声を毒薬で潰して厠に住まわせ

人彘(じんてい)(人豚)」と呼んで嘲笑(あざわら)ったのだそう。

 

この極悪非道な呂后の振る舞いに息子の劉盈は落胆して自暴自棄になり若くして亡くなってしまいます…

しかし、呂后は実の息子を失ってもあっけらかんとしており、次の皇帝を選び始める始末。

呂后は自分の血を引く幼い皇帝を立て、更に身内を重役に付けることによって外戚政治を展開します。

 

呂后の横暴さには拍車がかかり、自分の敵になりそうな劉邦の子どもたちを暗殺したり気に入らない皇帝を廃位して新しい皇帝を立てたりするなど

やりたい放題。

彼女のこういった振る舞いが後の人々にも悪い意味で受け継がれることになってしまったのでした…。

 

 

儒教による統治が前漢滅亡を招いた!?

 

武帝(ぶてい)儒教(じゅきょう)を国教としてから、官僚たちの中に徐々に儒家が増えていったのですが、このことが前漢の滅亡の原因の一端になってしまったとも

考えられます

儒教は徳による統治を推奨する学問です。

そのため、皇帝も徳による政治を行おうと頑張るのですが何せ徳というものはつかみどころのないあやふやな存在。

そのため、その定義付けから議論を始めなければならず政治の場は大混乱してしまうことに。

 

そんな場所で活躍できたのは儒教に明るい者たちと皇帝と深い関係にあった外戚や宦官だけでした。

そうなると力を持てるのは外戚であり儒学に明るい者、もしくは宦官であり儒学に明るい者です。

ただ、儒教では親を重んじる思想があるので宦官よりも外戚の方が優勢だったに違いありません。

そのような状況の中で台頭してきたのがあの王莽(おうもう)でした

 

外戚であり儒学にも明るかった王莽はあえて幼い皇帝を擁立し、自ら仮皇帝や摂皇帝となって政治を専横。

ついに帝位を簒奪(さんだつ)して前漢を滅ぼしてしまったのでした。

 

【はじめての三国志人物事典データベース】
はじめての三国志人物事典データベース

 

後漢王朝は即位する皇帝が皆若すぎたし早死にしすぎた

 

赤眉(せきび)の乱などの農民反乱が勃発し王莽(おうもう)による怪しい儒教国家・新は十数年で滅ぼされ、再び返り咲いた漢王朝

光武帝(こうぶてい)の力によって不死鳥のごとく復活して見せたのですが、とにかく後漢王朝で皇帝となった人たちは若すぎました。

 

光武帝明帝(めいてい)以外は全員20歳未満での即位。

中には生後100日の赤ちゃん皇帝も!そんな幼い皇帝を操っていたのはやっぱり外戚や宦官でした。

外戚が嫌になった若い皇帝が宦官に泣きついて外戚が駆逐され宦官が優勢になったり、宦官の悪政に困った皇帝が外戚に泣きついて

宦官が駆逐され外戚が優勢になったり…。

外戚と宦官によるシーソーゲームが繰り広げられ、後漢王朝の政治は混迷を極め、民草の不満が募る大きな原因となってしまったのでした。

 

外戚と宦官がほしいままに政を行いたいがために幼い皇帝を立てまくったのは勿論大問題ですが実は後漢王朝の皇帝たちはとにかく皆早死にだったので

ある意味仕方の無いことだったのかもしれません。

 

40歳以上年を取ることができたのは初代光武帝を除くとまさかの最後の皇帝・献帝(けんてい)だけだったそうな

まぁ、彼らが早死にしてしまったのは単に病弱だっただけではないような気もしますが…。

とにかく後漢は闇が深すぎます。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

 

前漢王朝も後漢王朝も主に外戚や宦官の専横による内政の混乱によって衰退していきましたが、その萌芽は劉邦が呂雉を(めと)ったときに

既にあったのでしょう。

そこに良くも悪くも儒教というエッセンスと皇帝が早逝するという呪いが加わり、更なるカオスが…。

…本当に悪い意味で歴史が繰り返している王朝ですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?

関連記事:【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?

 

【はじめての三国志ラボ】
はじめての三国志ラボ

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【三顧の礼】均ちゃんの野望ホントは劉備に仕官したかった諸葛均
  2. 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!
  3. 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅と孫策の似てないところは一体どこ?
  4. 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る…
  5. 兵士と禰衡 やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由
  6. 雷怖くない 能ある劉備 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説して…
  7. ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  8. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  2. 曹宇
  3. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  4. 呂蒙
  5. 悪来と呼ばれた典韋
  6. 織田信長

おすすめ記事

  1. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  2. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  3. 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい 桂小五郎(木戸孝允)
  4. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?
  5. 第19話:袁術くん「人間力」を孫策から学ぶ イケメン孫策と袁術
  6. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

三國志雑学

  1. 愛馬に乗る張遼
  2. 張飛のヨメ
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 殷の大様002

おすすめ記事

はじめての三国志編集長 kawauso 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想! 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 騎射の術に長けた騎馬兵士 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明 上杉謙信 上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP