まだ漢王朝で消耗してるの?
朝まで三国志軍師




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

この記事の所要時間: 550




太后

 

三国志には貂蝉(ちょうせん)を始め、傾国の美女はたくさん登場しますが、

悪女と呼ばれる程度でした。

今回紹介するのは三国志に出てくる悪女より100倍悪い

中国三大悪女の一人が登場します。

 

中国三大悪女とは唐の武則天。清の西太后。

そして呂雉(後の呂后)の三人です。

彼女は劉邦(りゅうほう)の妻として、支え続けた奥さんですが、

彼が亡くなると豹変します。

漢の国を建てた功労者を次々と殺害。

また劉邦の側室を殺し、自らの息子も彼女の豹変ぶりに、ショックを受け、若くして亡くなります。

その後新たな皇帝を擁立しますが、気にくわなかったため、殺害。

そしてついに自らが皇帝のような振舞いを見せる、物凄い女性です。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 



劉邦と結婚する

劉邦

 

呂公は沛に行った時、劉邦を一目見て気に入り娘を嫁がせます。

この時、劉邦に嫁いだのが、若かりし呂雉です。

彼女は後年見せた野心と嫉妬の塊のような激しい女性

ではありませんでした。

いつも遊び歩いている夫・劉邦の代わりに、彼の実家を手伝う

しっかりとした女性でした。



項羽に捕えられ捕虜になる

項羽と劉邦

 

始皇帝が死に各地の豪族が反乱。

中華は天下統一以前の状態に戻ってしまいます。

劉邦も地元の沛県で独立。

呂雉は劉邦が各地を転戦しているため、

父親や息子らと共に夫の留守を守っておりました。

呂雉は風の噂で劉邦が項羽の本拠地彭城を陥落させたと聞きます。

彼女は夫の勝利を喜びもつかの間、項羽によって劉邦は敗北したと知ります。

その後呂雉や劉邦の父親は項羽の軍勢に捕えられ

捕虜にされてしまいます。

 

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

初代漢帝国の皇后へ

劉邦

呂雉は項羽の捕虜となりますが、不自由な暮らしもなく、

丁寧な扱いをされながら過ごします。

項羽の元でのんびりと暮らす事二年後、呂雉はようやく捕虜から解放。

彼女は劉邦の父と共に2年ぶりに劉邦の元へ帰ります。

その後項羽は劉邦に滅ぼされ、天下統一を果たします。

劉邦は天下統一をすると国号を「漢」とし、皇帝になります。

そして、今まで苦労欠けた妻呂雉を皇后にたてます。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

劉邦の後継を巡って争い勃発

劉邦

 

漢の国内は天下統一後も各地で反乱が頻発。

劉邦は反乱を平定するため、自ら出陣する事が多く、

首都である長安に居る事はほとんどありませんでした。

劉邦が首都にいない間、後宮では劉邦の後継者を巡って

激しい暗闘が始まっておりました。

呂雉はそう言った暗闘に加わるも、夫劉邦の留守を持ち前の

しっかりとした性格で預かります。

 

漢の功臣韓信の謀反

韓信 将軍

 

紀元前196年大事件が勃発します。

漢の創業の功臣である韓信(かんしん)が謀反を企てていると報告を受けます。

呂雉はこの事件を宰相である簫何(しょうか)に相談。

呂雉は簫何と何度も相談を重ね、韓信をおびき出す策を計画します。

韓信は二人が作った策にまんまと嵌り、首都長安にきて逮捕されます。

彼は漢の名将といっても過言ではないのですが、簫何を絶大に信頼していた為、

彼の呼びかけに応じてしまい、長安へ赴いてしまうのです。

呂雉は韓信を捕えると、謀反を企てた罪で処断します。

 

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

関連記事:史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

 

皇太子劉盈(りゅうえい)の地位を盤石にする

photo credit: Clover Flower via photopin (license)

photo credit: Clover Flower via photopin (license)

 

呂雉は韓信の反乱を未然に防いだ後、後宮で起きていた劉邦の後継者争いを止めるべく、

天才軍師張良(ちょうりょう)の助けを借りて、皇太子劉盈の地位を盤石にします。

こうして後継者争いに終止符を打つことに成功します。

 

自らの権力を強大化させる呂雉

photo credit: :) via photopin (license)

photo credit: 🙂 via photopin (license)

 

呂雉の努力により、劉邦の死後皇太子劉盈が漢の二代目皇帝となります。

呂雉は彼が皇帝になると、後見役として皇太后になります。

皇太后になった呂雉は、趙王劉如意(りゅうにょい)や彼の母親戚夫人(せきふじん)、斉王劉肥(りゅうひ)などを殺害しようと企てます。

斉王劉肥は皇帝劉盈が匿った為、命拾いしますが、劉如意と戚夫人は

呂雉によって殺害されます。

趙王の母親は劉邦が生きている時、かなり気に入られた側室であったため、

彼女の殺し方は残虐を極めました。

 

戚夫人に復讐を行う

 

呂雉は戚夫人を奴隷に落とします。

さらに趙王劉如意を殺害した後、彼女の目をえぐりとり、両手・両足を

斬りおとし、目と耳を薬で潰します。

その後トイレにおいて人豚(じんとん)と家臣や一族に呼ばせます。

(古代中国のトイレは穴の中に豚を飼って、糞尿を始末していたそうです)

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最…
  2. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわ…
  3. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  4. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…
  5. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨…
  6. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀…
  7. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  8. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!
  2. レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話
  3. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  4. 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  5. 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?
  6. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める 2017年はじめてのストライキ宣言文 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの? 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は? 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」

おすすめ記事

  1. 関羽はお金の神様?風水における関羽像について
  2. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  3. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  4. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  5. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない
  6. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの?
  7. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?
  8. 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“水滸伝"
PAGE TOP