呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

楚漢戦争

中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

呂雉(りょち)




太后

 

三国志には貂蝉(ちょうせん)を始め、傾国の美女はたくさん登場しますが、

悪女と呼ばれる程度でした。

今回紹介するのは三国志に出てくる悪女より100倍悪い

中国三大悪女の一人が登場します。

 

中国三大悪女とは唐の武則天。清の西太后。

そして呂雉(後の呂后)の三人です。

彼女は劉邦(りゅうほう)の妻として、支え続けた奥さんですが、

彼が亡くなると豹変します。

漢の国を建てた功労者を次々と殺害。

また劉邦の側室を殺し、自らの息子も彼女の豹変ぶりに、ショックを受け、若くして亡くなります。

その後新たな皇帝を擁立しますが、気にくわなかったため、殺害。

そしてついに自らが皇帝のような振舞いを見せる、物凄い女性です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

劉邦と結婚する

劉邦

 

呂公は沛に行った時、劉邦を一目見て気に入り娘を嫁がせます。

この時、劉邦に嫁いだのが、若かりし呂雉です。

彼女は後年見せた野心と嫉妬の塊のような激しい女性

ではありませんでした。

いつも遊び歩いている夫・劉邦の代わりに、彼の実家を手伝う

しっかりとした女性でした。

項羽に捕えられ捕虜になる

項羽と劉邦

 

始皇帝が死に各地の豪族が反乱。

中華は天下統一以前の状態に戻ってしまいます。

劉邦も地元の沛県で独立。

呂雉は劉邦が各地を転戦しているため、

父親や息子らと共に夫の留守を守っておりました。

呂雉は風の噂で劉邦が項羽の本拠地彭城を陥落させたと聞きます。

彼女は夫の勝利を喜びもつかの間、項羽によって劉邦は敗北したと知ります。

その後呂雉や劉邦の父親は項羽の軍勢に捕えられ

捕虜にされてしまいます。

 

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

初代漢帝国の皇后へ

呂雉

 

呂雉は項羽の捕虜となりますが、不自由な暮らしもなく、

丁寧な扱いをされながら過ごします。

項羽の元でのんびりと暮らす事二年後、呂雉はようやく捕虜から解放。

彼女は劉邦の父と共に2年ぶりに劉邦の元へ帰ります。

その後項羽は劉邦に滅ぼされ、天下統一を果たします。

劉邦は天下統一をすると国号を「漢」とし、皇帝になります。

そして、今まで苦労欠けた妻呂雉を皇后にたてます。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

劉邦の後継を巡って争い勃発

劉邦

 

漢の国内は天下統一後も各地で反乱が頻発。

劉邦は反乱を平定するため、自ら出陣する事が多く、

首都である長安に居る事はほとんどありませんでした。

劉邦が首都にいない間、後宮では劉邦の後継者を巡って

激しい暗闘が始まっておりました。

呂雉はそう言った暗闘に加わるも、夫劉邦の留守を持ち前の

しっかりとした性格で預かります。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

漢の功臣韓信の謀反

韓信 将軍

 

紀元前196年大事件が勃発します。

漢の創業の功臣である韓信(かんしん)が謀反を企てていると報告を受けます。

呂雉はこの事件を宰相である簫何(しょうか)に相談。

呂雉は簫何と何度も相談を重ね、韓信をおびき出す策を計画します。

韓信は二人が作った策にまんまと嵌り、首都長安にきて逮捕されます。

彼は漢の名将といっても過言ではないのですが、簫何を絶大に信頼していた為、

彼の呼びかけに応じてしまい、長安へ赴いてしまうのです。

呂雉は韓信を捕えると、謀反を企てた罪で処断します。

 

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

関連記事:史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

 

皇太子劉盈(りゅうえい)の地位を盤石にする

天才軍師張良

 

呂雉は韓信の反乱を未然に防いだ後、後宮で起きていた劉邦の後継者争いを止めるべく、

天才軍師張良(ちょうりょう)の助けを借りて、皇太子劉盈の地位を盤石にします。

こうして後継者争いに終止符を打つことに成功します。

 

自らの権力を強大化させる呂雉

 

呂雉の努力により、劉邦の死後皇太子劉盈が漢の二代目皇帝となります。

呂雉は彼が皇帝になると、後見役として皇太后になります。

皇太后になった呂雉は、趙王劉如意(りゅうにょい)や彼の母親戚夫人(せきふじん)、斉王劉肥(りゅうひ)などを殺害しようと企てます。

斉王劉肥は皇帝劉盈が匿った為、命拾いしますが、劉如意と戚夫人は

呂雉によって殺害されます。

趙王の母親は劉邦が生きている時、かなり気に入られた側室であったため、

彼女の殺し方は残虐を極めました。

 

戚夫人に復讐を行う

呂雉

 

呂雉は戚夫人を奴隷に落とします。

さらに趙王劉如意を殺害した後、彼女の目をえぐりとり、両手・両足を

斬りおとし、目と耳を薬で潰します。

その後トイレにおいて人豚(じんとん)と家臣や一族に呼ばせます。

(古代中国のトイレは穴の中に豚を飼って、糞尿を始末していたそうです)

 

劉盈母の残虐さを目の当たりにし、亡くなる

 

皇帝劉盈は母の残虐さを目の当たりにし、ショックで仕事が手につかなくなります。

彼はこのショックから立ち直れず、若くして亡くなってしまいます。

呂雉は彼が亡くなった事を悲しみますが、涙は出てきませんでした。

 

漢帝国の安定を図る

 

呂雉は三代目皇帝を立て、兄弟や甥、従兄弟などを重職につけ、

呂氏一族や漢帝国の功臣で従順な陳平などと共に乱れた漢帝国の建て直しを図ります。

彼女は漢帝国の政治の安定を図ろうとする一方、王となっている

側室が生んだ劉邦の子供達を次々に殺し、空白となった王位に自らの身内を

送り込み、反抗する勢力に圧力をかけていきます。

 

三代目皇帝を殺害

 

三代目皇帝は彼女に対して、すごく反抗的でした。

最初は多めに見ていた彼女ですが、次第に三代目皇帝が、目障りになり、殺害。

新たな皇帝を擁立。

自らは四代目皇帝の後ろ盾となり、政治の実権を握り、

漢帝国の政治を行っていきます。

 

仕事をしない功臣達

宦官集合 

 

漢帝国の功臣達は、彼女が暗殺を何回も行った事で

不信感と彼女に暗殺されるのではないかという恐怖感がぬぐえず、

仕事を行なわなくなります。

そのため彼女の一族が政治を取り仕切り、漢帝国は事実上、呂氏一族の国になってしまうのです。

こうして巨大な漢帝国の主として実権を握った彼女ですが、

ついに亡くなるときが来ます。

 

漢帝国の主・呂皇后死す

 

劉邦の死後、漢帝国の主として君臨し続けた彼女でしたが、

幕を閉じる時がやってきました。

彼女は重い病にかかります。

彼女は自らの死期を悟り、一族の者達に兵を動かす事の出来る重職につけます

さらに彼女は一族に「旦那様が生きていた頃の家臣には十分に気を付けなさい」と執拗に言い残します。

権力保持と復讐の日々を過ごした中国三大悪女呂雉は亡くなります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

漢帝国の女主呂雉は亡くなります。

その後陳平や劉邦の子供達と共に呂氏一族を皆殺しにします。

そして再び劉氏が漢帝国の実権を握ることになり、

漢の五代目皇帝文帝が誕生します。

彼は呂氏によって乱れきった政治を安定させることに成功。

文帝と景帝の治政を合わせて世に言う「文景の治」呼ばれる事になるのです。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦

関連記事:樊噲(はんかい)とはどんな人?肉屋の主人から劉邦の親衛隊隊長として楚漢戦争を戦い抜いた豪傑

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を…
  2. 馬超の仲間入り 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち…
  3. 項羽 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1…
  4. 張良と始皇帝 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天…
  5. 韓信将軍 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将…
  6. 劉邦をなだめる陳平と張良 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  7. 劉邦と張良と陳平 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  8. 項羽(はじめての三国志) 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 阿部正弘
  2. 司馬懿
  3. 馬超 vs 許褚
  4. 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)
  5. 陸遜 剣と刀
  6. はじめての三国志 画像準備中
  7. 皇帝に就任した曹丕
  8. 雨の中進軍する曹真

おすすめ記事

  1. 【東京オリンピック2020】残された問題と課題とは? 東京五輪のボランティア いだてん
  2. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ導いた法律の番人
  3. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 斉王になる司馬攸
  4. 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?
  5. 偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう! 小松帯刀
  6. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR) 邪馬台国と魏の兵士

三國志雑学

  1. 甘寧と凌統と呂蒙
  2. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め
  3. 徐晃


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 徐庶
  3. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  4. 一人で逃げる曹操
  5. 董卓

おすすめ記事

勝海舟の名言に感動!時代が変わっても心にしみる名言の数々! 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当? 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの? 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん 東京オリンピックの暑さ対策としての打ち水は効果あるのか? 孔明による出師の表 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪! 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP