キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

前漢

漢民族とはどんな人たち?そのルーツに迫る!

紀霊




大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん

 

皆さんは自分のアイデンティティといえば

何を思い浮かべますか?

 

男や女といった

性別のことを思い浮かべたり

日本人やアメリカ人といった

国籍のことを思い浮かべる人が

多いのではないでしょうか?

 

私たち日本人は日本語を母語とし、

日本列島に住む大和民族(やまとみんぞく)として、

でも普段はそんなことを気に留めることなく

暮らしていますよね。

 

でも、

自分たちが何という民族であるかを常に意識し、

その民族であることを

誇って暮らしている人たちもいます。

 

その最たる例として挙げられるのが

お隣中国にたくさん住んでいる漢民族(かんみんぞく)です。

たくさんの異民族(いみんぞく)に囲まれて暮らしていた

漢民族の人々は

自分が漢民族(かんみんぞく)であるというプライドを

常に持って暮らしてきました。

 

ところで、

この漢民族というのは

一体どのような人たちなのでしょうか?

今回は

そのルーツや民族性に迫っていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

関連記事:実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった?

 

 

漢民族のルーツは神話世界まで遡る!?

紀霊

 

4000年という長い歴史を誇る中国に住む

漢民族の歴史はやはり長いようで、

そのルーツは神話世界にまで遡るとも言われています。

 

しかし、

彼らが自分たちを1つの民族として

意識し始めたのは

周王朝あたりであると言われています。

 

殷の紂王(ちゅうおう)を討ち取った

周の武王(ぶおう)が古代の聖王である

神農(しんのう)黄帝(こうてい)(ぎょう)(しゅん)()の子孫を探し出して

中原あたりに封じ「華族」と称しました。

これが漢民族のアイデンティティの

萌芽であると考えられています

 

また、

中原あたりはもともと

夏王朝が栄えた地でもあったため

いつしか中原あたりに住む人々を

「華夏族」と呼ぶようになりました。

 

中国人は今でも

中国を「華夏(かか)」と呼んだり

中華文明を「華夏文明(かかぶんめい)」と呼んだり

することがあるようですね。

 

 

周辺民族に「漢人」と呼ばれるように

キングダム戦国七雄地図

 

(しゅう)王朝が衰えて諸侯が独立を果たし

夥しい(おびただ)数の国が乱立すると

「楚人」「斉人」「秦人」といった具合に

自分が属する国が「華夏族」に代わる

アイデンティティとなりましたが、

戦国時代に秦が中華統一を果たすと

それらのアイデンティティは失われることになりました。

 

しかし、

更なる他者が現れて

彼らは1つのアイデンティティを確立するに至ります。

その他者というのは異民族です。

 

【国を動かせ!古代中国メンタリスト列伝】
戦国策

 

秦の後に漢王朝が興ると

 

異民族たちは漢に住む人々のことを

「漢人」と呼ぶようになりました

これが「漢民族」という言葉の由来になります。

 

最初は漢に住む人くらいの意味しか持たない言葉でしたが、

「漢人」という言葉で括られた人々は

他の異民族の追随を許さないほど文化を発展させ、

魏晋南北朝(ぎしんなんぼくちょう)時代あたりからは

他民族からも羨望の眼差しを受けるようになり、

「漢民族」というアイデンティティは

一種のブランドにまで成り上がったのでした。

 

漢民族の文化・習俗を受け継げば皆漢民族!?

 

こと詩文(しぶんに至っては

他民族も羨むほどに独自の文化を発展させた漢民族ですが、

彼らは決して純血というわけではありません。

そりゃあ

多くの異民族と国境を接していますから、

当然血は混ざります。

 

では、

彼らはどのようにして

自分たち漢民族と他の民族とを

識別しているのでしょうか?

 

実は、

漢民族の文化や習俗を受け継げば

異民族の血を引いていようが

漢民族になれちゃうみたいです

 

五胡十六国(ごこじゅうろっこくじだい
)
時代には

北半分を異民族に取られていた漢民族ですが、

隋唐(ずいとう)代にもなると彼らの子孫は

全員漢民族ということになったみたいですし、

その後に成立した異民族王朝の人たちの多くも

なんやかんやで同化して漢民族になっているみたいですからね。

 

パパもママも異民族だけど、

子どもは中国で生まれて中国語を話して

中国の文化を受け継いでいるから漢民族なんていうことも

違和感なく受け入れられていたのではないでしょうか。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

民族というものは意外とファジーで

遺伝子がどうのこうので

一方的に「あなたは〇〇民族です」と

決めつけることはできないのかもしれません。

 

自分は日本人だと思っているのに

「遺伝子を調べたところ

あなたはモンゴル人でした。」

なんて言われてもちょっと受け入れにくいですしね。

 

自分が何という民族なのかは

本人の生まれや成育歴、意識によって

決定されるべきものなのかもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:中国文化の黎明!漢王朝が誇る文化を一挙ご紹介

関連記事:そんな髪型絶対嫌!漢民族に全力で拒否された辮髪とは?

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 孔明もコペルニクスに似ていた 中国文化の黎明!漢王朝が誇る文化を一挙ご紹介
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 長安ってどんなところ?劉邦が漢王朝の都に定めた長安とは?
  3. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  4. 劉邦と張良と陳平 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴…
  5. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキ…
  6. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人…
  7. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん) 漢の高祖・劉邦の建国物語とは?漢王朝400年の礎を築けた理由
  8. なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明と魯粛
  2. 曹丕
  3. 李典

おすすめ記事

  1. 【徹底調査】諸葛恪の欠点とは一体何!?
  2. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる 羅憲
  3. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統 龐統
  4. 董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  6. 【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身

三國志雑学

  1. 曹嵩
  2. 関羽を油断させる陸遜
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  2. 袁家をイジメる董卓

おすすめ記事

【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々 大山巌 大山巌とはどんな人?明治の軍人の名言なども紹介 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の旗や家紋は桔梗の花? 李典 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの? 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった? 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP