ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

明智光秀 麒麟がくる

 

今回は明智光秀(あけちみつひで)家紋(かもん)について取り上げます。これまでの記事において、明智光秀の家紋について取り上げたことがあります。この記事では、明智光秀が桔梗紋(ききょうもん)を使っていたという説が定番になっていますが、光秀の桔梗紋については史料にありません。明智光秀が土岐氏の家紋を引き継いだことで定着したと考えられていることを取り上げました。

 

これまでの記事の前半では明智光秀が家紋を引き継いだといわれている土岐氏について取り上げます。後半では土岐氏の家紋の特徴について取り上げます。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語


美濃国の戦国大名・土岐氏とは?

 

土岐氏は南北朝時代から続く有力な武士団でした。鎌倉幕府の倒幕にも加担し、美濃国を強力な基盤とするとともに足利幕府を支えるようになります。やがて、土岐氏は足利幕府の中で有力な守護大名となりました。拠点とした美濃国だけでなく、常陸(現在の茨城県)や上総(現在の茨城県と千葉県北部)にも拠点を広げました。美濃国で生まれた明智光秀は土岐氏の支流であるといわれています。

 

室町幕府の3代将軍足利義満の代になると、土岐氏は土岐康行の乱によって足利幕府から処罰を受けました。南北朝時代と比べると大きく領土を減らしたといわれています。なお、尾張国は土岐氏から三管領の1つ斯波氏に変わりました。

 

1467年に京で応仁の乱が起こると、美濃国の守護大名・土岐氏は勢力を落とし、守護代(家臣)が力をつけるようになりました。1530年に土岐頼武(とき よりたけ)を越全国に追放して、土岐頼芸を美濃国の守護としました。1552年、大山崎の油売りだった斎藤道三(さいとう どうさん)土岐頼芸(とき よりたけ)を美濃国から追放したことにより美濃国の土岐氏は没落しました。江戸時代以降、土岐頼芸の子は旗本として幕府に仕えていました。


土岐氏の家紋・桔梗紋とは?

桔梗紋 桔梗 wikipedia

 

土岐氏の家紋である桔梗紋は水色桔梗紋で、土岐光衡が兜に桔梗の花を挟んで戦ったことがきっかけで家紋となったといわれています。土岐氏の旗は水色地に白抜きの桔梗紋が使われています。

 

明智光秀の家紋と旗について、大河ドラマやゲームなどで土岐氏と同じような家紋と旗を見ることが多いと思います。史料には明智光秀の家紋は桔梗の花だったという記録はありませんが、光秀が生まれた頃の戦国大名が土岐氏で、自らが土岐氏の支流であることから引き継いだと考えられます。

 

明智光秀は牢人から斎藤道三に取り立てられて家臣になってから桔梗紋と水色桔梗紋の旗を使用しました。斎藤道三が殺害されると、足利義輝(あしかが よしてる)の家臣となりますが、水色桔梗紋の旗を使用しています。以後、織田信長の家臣になっても使用しています。

 

当時、白地と黒地の旗が主流でしたが、水色で白地の桔梗の花の家紋はかなり目立ちました。かなり目立ったことで、明智光秀の家紋が水色の桔梗の花として定着したのかもしれません。

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる


戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀の家紋について取り上げました。これまでの記事では、水色桔梗紋の旗を使ったきっかけとして土岐氏について取り上げましたが、土岐氏について詳しいことは取り上げませんでした。土岐氏は美濃国を強力な基盤として関東地方まで勢力を拡大していましたが、応仁の乱以降、勢力を弱め、下剋上で倒されたことが分かりました。

 

今後、土岐氏の支流として著名な人物では坂本龍馬(さかもとりょうま)が挙げられます。坂本龍馬だけでなく、明智光秀以外の土岐氏の支流についても注目したいと思います。土岐氏は応仁の乱以降勢力を弱めました。同様に室町時代に勢力を拡大していた守護大名では、三管領の1つの斯波氏(しばし)や侍所の山名氏などが挙げられます。斯波氏については下剋上で台頭した織田氏が挙げられます。下剋上で台頭した織田氏から織田信長が全国制覇の一歩手前まで勢力を拡大させた経緯にも注目したいと思います。

 

関連記事:明智光秀は長篠の戦いの功労者だった!光秀の戦術眼と功績を紹介

関連記事:明智光秀は千利休として生き延びた?

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 嫉妬している明智光秀 明智光秀の居城の作りは迷惑だった?突貫工事になってしまった理由と…
  2. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 上杉謙信は梅干と酒のせいで亡くなったのは本当なの?高血圧な戦国大…
  3. 織田信長 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だ…
  4. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  5. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢…
  6. 織田信長 織田信長の功績はつまるところ何なの?信長の3つの功績を紹介
  7. 織田信長 アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー
  8. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀は農民を大事にしていたのに○○された!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)
  2. 韓当(かんとう)
  3. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  4. 曹操が黄巾党が仲間に!
  5. カバ&関羽
  6. キングダム
  7. 君主論18 kawausoさん
  8. 魏延

おすすめ記事

  1. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  2. 三国志のあらすじを分かりやすく紹介 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁
  3. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ 曹仁 曹操
  4. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?
  5. 夏侯尚とはどんな人?曹丕の親友でもあり数々の功績を残した夏侯尚 騎兵を率いる夏侯尚
  6. キングダム587話最新ネタバレ「祈るのみ」レビュー キングダム52巻

三國志雑学

  1. 陳羣
  2. 袁紹と曹操
  3. はじめての三国志 画像準備中


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 何晏
  2. 老荘思想(ろうそうしそう)
  3. 出世した韓遂
  4. 司馬懿と魏延
  5. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  6. 袁術
  7. 五虎大将軍の関羽

おすすめ記事

貂蝉と呂布 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 山南敬助とはどんな人?新選組から脱走した理由は? 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 水滸伝の五虎大将軍とは誰なの?関勝・林冲・秦明・呼延灼・董平を紹介 宋銭 お金と紙幣 衝撃!宋銭の価値って?鎌倉の大仏になった宋銭 孫皓と張俊 びっくり!三国時代の文化は日本に近かった? キングダムネタバレ572話「カタリの仇」レビュー解説 キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP