ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

明智光秀 麒麟がくる

 

今回は明智光秀(あけちみつひで)家紋(かもん)について取り上げます。これまでの記事において、明智光秀の家紋について取り上げたことがあります。この記事では、明智光秀が桔梗紋(ききょうもん)を使っていたという説が定番になっていますが、光秀の桔梗紋については史料にありません。明智光秀が土岐氏の家紋を引き継いだことで定着したと考えられていることを取り上げました。

 

これまでの記事の前半では明智光秀が家紋を引き継いだといわれている土岐氏について取り上げます。後半では土岐氏の家紋の特徴について取り上げます。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語


美濃国の戦国大名・土岐氏とは?

 

土岐氏は南北朝時代から続く有力な武士団でした。鎌倉幕府の倒幕にも加担し、美濃国を強力な基盤とするとともに足利幕府を支えるようになります。やがて、土岐氏は足利幕府の中で有力な守護大名となりました。拠点とした美濃国だけでなく、常陸(現在の茨城県)や上総(現在の茨城県と千葉県北部)にも拠点を広げました。美濃国で生まれた明智光秀は土岐氏の支流であるといわれています。

 

室町幕府の3代将軍足利義満の代になると、土岐氏は土岐康行の乱によって足利幕府から処罰を受けました。南北朝時代と比べると大きく領土を減らしたといわれています。なお、尾張国は土岐氏から三管領の1つ斯波氏に変わりました。

 

1467年に京で応仁の乱が起こると、美濃国の守護大名・土岐氏は勢力を落とし、守護代(家臣)が力をつけるようになりました。1530年に土岐頼武(とき よりたけ)を越全国に追放して、土岐頼芸を美濃国の守護としました。1552年、大山崎の油売りだった斎藤道三(さいとう どうさん)土岐頼芸(とき よりたけ)を美濃国から追放したことにより美濃国の土岐氏は没落しました。江戸時代以降、土岐頼芸の子は旗本として幕府に仕えていました。


土岐氏の家紋・桔梗紋とは?

桔梗紋 桔梗 wikipedia

 

土岐氏の家紋である桔梗紋は水色桔梗紋で、土岐光衡が兜に桔梗の花を挟んで戦ったことがきっかけで家紋となったといわれています。土岐氏の旗は水色地に白抜きの桔梗紋が使われています。

 

明智光秀の家紋と旗について、大河ドラマやゲームなどで土岐氏と同じような家紋と旗を見ることが多いと思います。史料には明智光秀の家紋は桔梗の花だったという記録はありませんが、光秀が生まれた頃の戦国大名が土岐氏で、自らが土岐氏の支流であることから引き継いだと考えられます。

 

明智光秀は牢人から斎藤道三に取り立てられて家臣になってから桔梗紋と水色桔梗紋の旗を使用しました。斎藤道三が殺害されると、足利義輝(あしかが よしてる)の家臣となりますが、水色桔梗紋の旗を使用しています。以後、織田信長の家臣になっても使用しています。

 

当時、白地と黒地の旗が主流でしたが、水色で白地の桔梗の花の家紋はかなり目立ちました。かなり目立ったことで、明智光秀の家紋が水色の桔梗の花として定着したのかもしれません。

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる


戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀の家紋について取り上げました。これまでの記事では、水色桔梗紋の旗を使ったきっかけとして土岐氏について取り上げましたが、土岐氏について詳しいことは取り上げませんでした。土岐氏は美濃国を強力な基盤として関東地方まで勢力を拡大していましたが、応仁の乱以降、勢力を弱め、下剋上で倒されたことが分かりました。

 

今後、土岐氏の支流として著名な人物では坂本龍馬(さかもとりょうま)が挙げられます。坂本龍馬だけでなく、明智光秀以外の土岐氏の支流についても注目したいと思います。土岐氏は応仁の乱以降勢力を弱めました。同様に室町時代に勢力を拡大していた守護大名では、三管領の1つの斯波氏(しばし)や侍所の山名氏などが挙げられます。斯波氏については下剋上で台頭した織田氏が挙げられます。下剋上で台頭した織田氏から織田信長が全国制覇の一歩手前まで勢力を拡大させた経緯にも注目したいと思います。

 

関連記事:明智光秀は長篠の戦いの功労者だった!光秀の戦術眼と功績を紹介

関連記事:明智光秀は千利休として生き延びた?

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 織田信長 【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから
  2. お茶を楽しむ明智光秀 明智光秀も「茶の湯」を学んでいた?光秀の茶道具コレクションとは?…
  3. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって…
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とお…
  5. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  6. 源氏と平氏はいつ歴史にデビューしたの?
  7. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗…
  8. 本多忠勝 本多忠勝の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある良玄寺と浄土寺への…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 棗祇(そうし)食料・兵糧担当
  2. 信陵君
  3. 徳川慶喜(幕末)
  4. キレる劉備になだめる黄権
  5. 馬岱
  6. 項羽

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2018年10月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  2. 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える 馬超と韓遂
  3. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの? 三国志 麻雀
  4. 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?
  5. 3月レキシズルバーSP「はじめての三国志」をやってきたよ
  6. 「月刊はじめての三国志5月号」4月25日(木)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー

三國志雑学

  1. 羅貫中
  2. 孔子と儒教
  3. 孫権 弔い出陣
  4. 君主論 董卓
  5. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳登と劉備
  2. 項羽
  3. 李牧
  4. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  5. 赤鎧を身に着けた曹操
  6. 曹仁 三国志 ゆるキャラ
  7. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。 夏侯惇 夏侯惇の性格は正史三国志と三国志演義では全然違う!その理由とは? キングダム593話ネタバレ雑学「趙峩龍の隔砂陣は本当にある?」 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ? 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第3回 アプリでここまで袁術を育ててみました! 劉備と酒を交わす曹操 【劉備の逸話】大耳児のネーミングは曹操?大耳児の由来から劉備の逸話を紹介 はじめての三国志 画像準備中 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人? 顔良を討ち取る関羽 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP