三国志平話
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

列子

『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由

生姜を買ってくる左慈と曹操




生姜を買ってくる左慈と曹操

 

三国志(さんごくし)にでてくる方術士の左慈(さじ)

後漢書(ごかんしょ)』には、曹操(そうそう)の追っ手から逃れる左慈のアンビリーバボウな逃走方法が記されています。

 

曹操に殺されそうになり、壁の中に入って消える

・市場で追っ手に見つかると、市場にいた人々を自分とおんなじ見た目に変えてまぎれる

・羊の群(むれ)に逃げ込んだ時、追っ手から「もう殺そうとしません。あなたの術を試したかっただけです」と言われると、たくさんの羊たちに二本足で立ち上がらせて「どうして急にそんなことを?」と言わせ、まどわせる

 

どうして左慈にはこんなことができたのでしょうか。

道教の思想書『列子』の中に、その説明になりそうな部分を見つけました。

 

関連記事:【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?

関連記事:【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

 

 

列禦寇(れつぎよこう)先生の疑問

 

その部分は『列子』黄帝篇にあります。

まずは列子こと列禦寇(れつぎよこう)先生が関尹子という人にこう質問します。

 

「道」を体得した至〔徳の〕人は、水中にもぐっても息がつまらず、火中に入っても焼けどもせず、万物をはるかに見おろす高見(高い所)を歩いてもびくともしないとのことですが、いったいどうすれば、このような境地にまでなれるのでしょうか。

 

もっともな疑問です。私もそれを知りたいです。

関尹子の答えをみてみましょう。

 

それは人間が本来もっている純粋の気を失わずにもちつづけているからであって、決して知恵や才覚・勇気や決断などのたぐいのもので到達できるのではない。まあ坐るがよい。お前に少し話してあげよう。

 

はい。ぜひうかがいたいです。

 

 

我々がふだん知覚できるものは、真の実在ではない

 

左慈みたいなことは知恵、才覚、勇気、決断のたぐいでできることではないとのこと。

じゃあ一体どんな努力をすればいいのでしょうか。教えてチョ、関尹子。

 

およそ姿(貌)や形(像)・声や色などを持っているものは、すべて物と呼ばれる現象なのである。

それ故、現象である物と他の物とでは、〔たとえば人間と他の禽獣草木のように〕互いにひとしく物であって、みな現象の世界に属しているのだから、大した違いはないのだ。

だから、この現象界に属している物が、どうして天地万物の根源である「道」の世界に到達することなどできようか。

これら物はあくまでも色(しき)すなわち単なる現象にすぎぬ存在であって、真の実在ではないのだ。

 

なるほどー、我々がふだん知覚できるものは、真の実在ではないということですか。

 

「道」は物質世界とは異次元のもの

 

続きをうかがってみましょう。

 

真の実在である「道」は、形なき世界に有形の万物を創造(ルビ:つくりな)して、〔それに姿や形・声や色などを与え、〕おのれ自身は生成変化することのない絶対の境地にひっそりと静まりかえっている存在なのである。

いったいこの「道」を体得して究めつくしたほどの人物ともなると、〔もはや現象としての単なる存在(物)ではない、だから、〕何ものでも彼をばこの現象の俗界にひき止めておくことなどはとてもできないのである。

 

なるほどー、真の実在が「道」なんですね。

で、「道」は物や現象を生み出す根本、ってことでしょうか。

そして、「道」を体得して究めつくした人物なら物や現象を生み出す根本が分かっているから、物理法則を超越できるってことなんですね?

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンさん

 

左慈が物理法則を超越したようなことができたのは、きっと「道」を体得しているからなのでしょう。

どうやって「道」を体得するのか、「道」とはどういうものなのか、よく分かりませんが……。

最後に関尹子が「道」を体得した人の様子について説明している部分を引用します。

 

このような「道」の体得者である至人(しじん)は、自然にそむかぬ正しい節度の中に身をおき、始め終わりのけじめのない無窮の真理に身をひそめ、万物がそこから生じてまたそこに帰ってくる根源の世界に悠々自適し、おのれの本性を専一に保ち、おのれの純〔粋の〕気をよく養い、そうして得た徳を深く内にたくわえて外に現わさず、かくして万物をつくり成す造化の絶妙な世界にも自由に往来(ゆきき)しうるほどなのである。

 

もはや人間じゃないみたいな感じですね。

左慈もこういう存在だったのかな、と想像してみると、あらためて、恐ろしい人物だなぁという気がいたします。

 

参考文献: 小林勝人訳注 『列子』 岩波文庫 1987年1月29日

※記事の中で引用した文章はこの本によりました。

 

関連記事:キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 毛沢東(もうたくとう) 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説…
  2. 程普 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話…
  3. 幕末 魏呉蜀 書物 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書
  4. 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う
  5. 劉備を警戒する王粲 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』?
  6. 道具を輸送する民人 【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話…
  7. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もな…
  8. 袁術 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 笑う曹操
  2. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  3. 曹操を殴る孫権
  4. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  5. 貂蝉と呂布
  6. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  7. 仲の悪い魏延と楊儀
  8. 孟嘗君

おすすめ記事

  1. キングダム 532話 ネタバレ予想:信が麻紘軍を率いて李牧と激突?
  2. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕
  3. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯 光武帝(劉秀)
  4. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  5. 織田信長の父、織田信秀とはどんな人甘い所が信長ソックリ? 織田信長
  6. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 曹仁

三國志雑学

  1. 人望のある劉備
  2. スーパーDr華佗
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術君
  2. 劉邦をなだめる陳平と張良
  3. はじめての三国志編集長 kawauso

おすすめ記事

張良と劉邦 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3) 曹植 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる? 孔明の罠 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代、魏・蜀・呉はそれぞれどんな経済政策を打ち立てたのか? 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? 関羽に手紙を送る陸遜 陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介 うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP