ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

列子

『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書

幕末 魏呉蜀 書物


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

幕末 魏呉蜀 書物

 

列子(れっし)』は「朝三暮四(ちょうさんぼし)」や「杞憂(きゆう)」のお話が載っている道家の思想書です。

道家というと、老荘思想(ろうそうしそう)とか仙人とかのイメージがありますよね。

『列子』にはそのイメージに違わぬぶっ飛んだ逸話がたくさん載っています。

それを読者様にご紹介したいと思い、あらためて読んでみたところ、序文に興味深いことが書いてありました。

三国時代が終焉を迎えてから20年あまり後に起こった「永嘉の乱」の時、南方へ避難する知識人たちがいかにして貴重な書籍を守ろうとしたか垣間見ることができますよ!

 

関連記事:【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?

関連記事:【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

 


 

『列子』はどんな本?

 

『列子』は戦国時代の道家の思想家・列禦寇(れつぎょこう)という人があらわしたと言われている本ですが、内容的に説があっちこっちに行ってしまっており、文章の書き方にも統一性がありません。

列子の学派が作ったものに後代あれこれ加筆されていったと考えられています。(諸説あり)

今のような形にまとまったのは漢~晋の頃だろうと言われています。

東晋の張湛(ちょうたん)が持っていたものが伝わっており、それには張湛の序文が付いています。

この張湛の序文に、永嘉の乱の苦労話が書かれております。

 


 

永嘉の乱とは?

 

三国志の時代にはすでに北方の異民族は漢族にとって無視できないほどの力を持っていましたが、三国を統一した晋王朝(しんおうちょう)の時代には、晋王朝から独立して国を作る勢力もではじめました。

晋の皇族の内乱「八王の乱(はちおうのらん
)
」で天下が乱れていたことが大きな要因です。

ついには異民族が都を占拠する事態となり、晋では大勢の人が南方へ向けて避難しました。

この頃の混乱を永嘉の乱(えいかのらん
)
と呼びます。

永嘉の乱は三国時代の終焉から二十数年後に始まり、十年前後もの間続きました。

異民族にとらわれた晋の愍帝(びんてい)が処刑され、江南にいた皇族の司馬睿(しばえい)が即位しましたが、これより前を西晋、これ以降を東晋と呼びます。

東晋は建業(改名して建康)を都として江南にかまえられた王朝です。

北方は異民族が支配していました。(五胡十六国時代~南北朝時代)


 

書籍を残そうとする努力

 

張湛は東晋の学者です。東晋に仕えて中書侍郎、光禄勳になりました。

さて、張湛の序文の前半部分をかいつまんで要約すると、次のようなことが書いてあります。

 

王粲の蔵書と張湛の家の蔵書を合わせると一万巻近くもあった。

傅敷(ふふ)と劉陶と張湛の祖父は幼少の頃から珍しい書物があると聞けば書き写しに行っていた。

(※王粲は建安七氏の一人。王氏、傅氏、劉氏、張氏は姻戚関係)

永嘉の乱で南方へ避難する際、張湛の祖父は傅敷と行動をともにした。

各自の力に合わせて荷車に積む書籍の量を配分したが、途中で全ての書物を運びきることはできないと判断し、珍しい書籍だけをより抜いて持ち運ぶことにした。

傅敷は祖父・傅玄と父・傅咸(ふかん)の『子集』だけを持参した。

張湛の祖父が書き写した書籍の中には『列子』八篇があった。

江南に着くまで残っていた書籍はわずかで、『列子』では楊朱・説符の二篇と目録の三巻だけしか残っていなかった。

劉陶が揚州刺史になると、まず長江を渡って家に帰り、『列子』の四巻を得た。

続いて王弼の娘婿の趙季子の家からも六巻を得ることができた。

これらをつきあわせてようやく復元することができた。

 

永嘉の乱の頃に江南へ避難した人たちの逸話には、道中で行き倒れや誘拐、強盗などに遭遇した話がたくさんあります。

張湛の祖父たちはそんなヒャッハーな世界の中で、苦労しながら書類を持ち運んだのですね。

そうして、残った書籍をつきあわせて復元するという作業をしたそうです。

当時の世相と、知識人たちの真摯さが忍ばれるような話です。

(『列子』には偽書説もあります。仮に偽書であるとしても、この序文からは、当時の知識人たちに書籍を散逸させずに残そうとするという行動様式があったことがうかがえます)


  

 

 

『列子』の内容

 

張湛の序文の後半では、『列子』の内容についてのコメントがあります。

いろいろ書いてありますが、最後のほうだけ要約します。

 

『列子』の明らかにするところは仏典と共通している部分もあるが、多くは老荘に属している。

特に『荘子(そうじ)』と似ており、『荘子』『慎到(しんとう)』『韓非子(かんぴし)』『尸子(しし)』『淮南子(えなんじ)』『玄示(げんし)』『旨帰(しき)』などは、多くその言辞を引いている。

このため注釈を付けることにした。

 

ベースは老荘だけど、いろんな要素を含んでいるということですね。

『列子』は戦国時代から魏晋までのいろんな考え方がミックスされ熟成されたものであるようです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンさん

 

老荘をベースとして、戦国時代からのいろいろな考え方がミックスされている奇書『列子』

晋の時代の知識人たちが、混乱の中でも守り伝えなければならないと考えたような本です。

これを読めば、晋代の人々の考え方を理解するのに役立つこと請け合いです。

他の記事で『列子』に載録されている逸話をいくつかご紹介させて頂きます。

そちらもお楽しみ頂けると幸いです!

 

参考文献: 小林勝人訳注 『列子』 岩波文庫 1987年1月29日

 

関連記事:キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 袁術 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学
  2. 程普 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話…
  3. 生姜を買ってくる左慈と曹操 『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由
  4. 毛沢東(もうたくとう) 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説…
  5. 劉備を警戒する王粲 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』?
  6. 道具を輸送する民人 【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話…
  7. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もな…
  8. 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 茶を楽しむ劉備
  3. 法正と劉備
  4. 黄蓋
  5. 関羽千里行 ゆるキャラ
  6. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

  1. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  2. 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!
  3. 諸葛亮は陣形・戦法・軍令を駆使して戦に臨んでいた!? 韓信vs孔明
  4. 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  5. kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」
  6. 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった? スーパーDr華佗

三國志雑学

  1. 韓信vs孔明
  2. 甄氏(しんし)
  3. 孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 姜維
  2. 司馬懿と曹操
  3. 頭痛に悩む曹操
  4. キングダム54巻amazon
  5. 孟獲キャッチコピー

おすすめ記事

黄月英 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人? 【1年3ヶ月ぶり】宇治一世 氏の朗読作品「耳で聞いて覚える三国志」の再開お知らせ 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん) 敗北する馬岱 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法 イナゴに畑を荒らされ食料不足 蝗害とは?中国を悩ました災害があまりにも深刻。バッタを飲み込んだ皇帝も! キングダム 戦国七雄地図 戦国策【東周策】欲望で大国を釣るの巻 まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP