明智光秀は愛宕神社で信長討伐の吉凶を占った?(本能寺の変雑学)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

燃える本能寺

 

今回は本能寺(ほんのうじ)の変について取り上げます。多くのテレビのドラマなどで「敵は本能寺にあり」と、明智光秀(あけちみつひで)が叫ぶシーンが放送されていますが、本当に叫んだのか気になります。

 

この記事では、明智光秀が本能寺の変を起こす前に参拝した愛宕神社(あたごじんじゃ)と本能寺の変の真相について取り上げます。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語

 


 

明智光秀が参拝した愛宕神社とは?

愛宕神社/wikipedia引用

愛宕神社/wikipedia引用

 

愛宕神社は京都市右京区にあります。丹波国(たんばのくに)山城国(やましろのくに)の境目にある山で、愛宕神社はその山にあります。

 

 

京都駅前や京阪三条駅から京都バスで50分、京福電鉄嵐山駅から京都バスで15分の場所にあります。車で移動する場合、名神高速京都東インターより約1時間かかります。名神高速京都南インターの場合、約50分かかります。

 

1582年5月、中国攻めの途中で明智光秀は戦勝祈願のために愛宕神社に参拝しました。愛宕神社で本能寺にいた織田信長を攻めるかどうかを占うためくじを3回引いたといわれています。1回目・2回目は凶のくじが出て、3回目に大吉のくじが出ました。

 

くじを引いた翌日に連歌会が開催され、明智光秀は連歌会の中で「時は今 あめが下しる 五月哉」という歌を詠みました。この歌を聞いたとき、連歌会に参加していた歌人の中には光秀の表情や考えていることが気になった人がいるかもしれません。

 


 

「敵は本能寺にあり」は本当か?

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

 

愛宕神社の連歌会を終えて下山すると亀山城(かめやまじょう)(現在の亀岡城)に向かいました。亀山城を経て中国地方に向かう途中に沓掛(京都市西京区)という場所があります。沓掛で引き返し、本能寺にいる織田信長(おだのぶなが)を攻めたといわれています。

 

大河ドラマなどでよく見るシーンで、明智光秀が本能寺に向かうことを宣言するために「敵は本能寺にあり」と叫びますが、本当にあったのでしょうか。明智光秀は自ら「敵は本能寺にあり」ということを実際に言っていません。江戸時代に書かれた軍記物にあったとされ、ドラマなどで使われているというのが有力です。

 

実際に「敵は本能寺にあり」と叫ぶと、本能寺にいる織田信長に発覚する可能性があり、現実的ではないといえます。実際の記録は次の通りです。1582年6月1日の夕刻に出陣しました。通常はよっぽどのことがない限り夜間の行軍を避けています。夜間の行軍を不審に思われないように、明智光秀は織田信長の家臣森蘭丸(もり らんまる)から軍装の検分をしたいという要請があったと説明しました。この段階では、斎藤利三(さいとう としみつ
)
など主な家臣にも本能寺に攻めるという本心を伝えていないと考えられます。

 

夜遅くに亀山城近くの篠村八幡宮(しのむらはちまんぐう)で軍勢を整えました。篠村八幡宮ではすべての兵に本能寺を攻めることを伝えず、斉藤利三など主な家臣にのみ本能寺を攻めることを伝えました。この段階で既に本能寺の織田信長に通報する者が出ないように手を打っていたといわれています。


 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀が本能寺を攻める前に立ち寄った愛宕神社について取り上げました。明智光秀が「敵は本能寺にあり」ということを宣言していますが、実際に言っていない可能性が高いことが分かりました。明智光秀は本能寺の変を起こすに当たって、織田信長に通報されるのを防ぐために手を打っていることが分かりました。本能寺の変が光秀の緻密な戦略だったことが分かります。

 

明智光秀が沓掛から引き返すことになりますが、主な家臣以外誰も知らされていないので、当時現場にいたほとんどの兵士は誰を攻撃するのか見当がつかなかったのかもしれません。織田信長のいる本能寺を包囲すると、戸惑った兵士がいた可能性があります。この記事では、本能寺を攻めることがリークされないように緻密な戦略を練っていることから相当根強い動機があったと考えられますが、動機については謎のまま解決されていません。今後の研究に注目したいと思います。

 

関連記事:明智光秀は長篠の戦いの功労者だった!光秀の戦術眼と功績を紹介

関連記事:明智光秀は千利休として生き延びた?

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

関連記事

  1. 馬に乗って戦う若き織田信長
  2. 木戸松子(女性)
  3. キレる織田信長
  4. 亡くなる上杉謙信
  5. 真田丸 武田信玄
  6. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP