ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
Youtube


はじめての三国志

menu

前漢

景帝とはどんな人?「文景の治」の一角を担った前漢の第6代皇帝

景帝(けいてい)は前漢の第6代皇帝


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

景帝 wikipedia

画像 : 景帝 wikipedia

 

景帝(けいてい)といえば聞き覚えがあるという人は

多いのではないでしょうか。

 

景帝

漢王朝の初代皇帝・光武帝(こうぶてい)の祖先であり、

三国志で活躍する蜀漢の劉備(りゅうび)の祖先であると

言われている皇帝ですからね。

 

その真偽は定かではないものの、

彼らが胸を張って景帝の子孫を

自称したのには訳があります。

 

それは、

景帝が素晴らしい政治を行った皇帝として

父・文帝(ぶんてい)と共にその治世を「文景の治」として

讃えられているからです。

 

果たして、

後世まで讃えられている景帝とは

どのような人物だったのでしょか?

その素顔に迫ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

関連記事:漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

 


 

身内を殺しちゃったけどちゃっかり即位

景帝(けいてい)は前漢の第6代皇帝

 

素晴らしい政治を行ったという景帝。

民草を慈しんだという彼は

きっと素晴らしい人格者に違いないと

誰もが思うことでしょう。

 

ところが、

景帝は決して人格者とはいえないことを

皇太子時代にやらかしています

 

ある日、

又従兄弟である呉王の世子・劉賢(りゅうけん)

文帝に拝謁に訪れました。

 

その拝謁の後は宴会が催され、

景帝と劉賢は六博というサイコロを使った

双六のようなゲームに興じていたのですが、

劉賢もその臣下も無礼極まりない奴らで、

サイコロの目を誤魔化したり

下品な声を上げたりとやりたい放題。

 

景帝も流石にブチギレ、

六博の盤を持ち上げて劉賢に向かって投げつけました。

すると、

劉賢の頭に盤がガツンとクリティカルヒット。

当たり所が悪かったらしく、

劉賢はそのまま亡くなってしまったのでした。

 

劉賢の不遜な態度に腹が立ったとはいえ、

人を殺してしまった景帝。

皇太子の位も剥奪されるかに思われましたが、

なんとそのまま皇帝に即位。

 

というのも、

4人の兄が早死にしており、

ようやく景帝という成人した跡継ぎができたため、

簡単に景帝を廃することはできなかったのでしょう。

文帝にとって景帝はかわいい息子だったはずですしね。

 

しかし、

この事件が景帝の人生に

大きく後を引くことになるのです…。

 


 

父・文帝の政治を受け継ぐ

 

父・文帝の素晴らしい政治手腕を

傍で見ていた景帝は

文帝の政治をなぞることに努めました。

 

皇帝らしからぬ質素倹約な暮らしをし、

費用が嵩む外征もなるべく行わず、

農業を推奨して減税政策を打ち出すなど

人々の生活を安定させる政治を行ったため、

父・文帝の治世と同様、

人々は景帝の治世を大変喜んだと言います


 

肥大した諸侯王たちの封土を没収

 

素晴らしい政治によって

人々に愛された文帝でしたが、

彼にも悩みがありました。

 

というのも、

景帝の時代には領地を持つ諸侯王たちの国が

半分独立国状態になっていたのです。

彼らの力がますます肥大すれば

ゆくゆくは中央の脅威になりかねません。

 

信頼していた臣下である鼂錯(ちょうそ)の言葉を受け、

景帝は重い腰を上げて

諸侯王の領後の没収を行うことにします

 

ところが、

当然と言うべきか

諸侯王たちは反発を覚えるように。

その不満は悶々と募り、

ついにはかつて世子・劉賢を殺された呉を中心に

密かに反乱計画が練られることになってしまったのでした。


  

 

 

ピンチ!呉楚七国の乱が勃発

 

景帝への反乱計画が

実行に移される時が来ました。

呉楚七国の乱の始まりです。

 

呉・楚・趙・膠西・膠東・菑川・済南の

7国の王たちが

「奸臣・鼂錯を討つ」という名目で挙兵。

中央を凌ぐ兵の数に景帝もビビりまくっちゃいます。

 

しかし、

そんなとき景帝の脳裏をよぎったのは

亡き父・文帝の言葉でした。

何かあれば袁盎(えんおう)に相談しなさい。

そして、周亜夫(しゅうあふ)に軍を任せなさい。

景帝は父の言葉通り、

さっそく袁盎に相談します。

 

ところが、

袁盎の口から出てきたのは

「鼂錯を殺害せよ」との言葉

大切にしていた鼂錯を殺すのは

景帝にとってあまりにも辛いことでした。

 

しかし、

相手の大義名分が「鼂錯を討つこと」だったために

景帝は渋々鼂錯を処刑します。

やはり

鼂錯を処刑しただけでは反乱は収まりませんでしたが、

反乱軍の拡大を食い止めることには成功しました。

 

そして、

その反乱軍を抑え込むことに成功したのは

やはり父の言葉通り周亜夫でした。

周亜夫は様々な戦法を用いて

反乱軍の戦意をそぎ落とし、

軍を崩壊させて反乱を鎮圧して見せたのです。

 

父の言葉をよく聞いていた景帝は

呉楚七国の乱という危機を

乗り越えることができたのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

若い頃はちょっと思慮に欠ける行いがあった景帝ですが、

父・文帝の振る舞いや言葉をよく覚えていたことで

後世の人々にまで讃えられる存在となりました。

 

父の偉大さは勿論のこと、

景帝の素直さは

多くの人々にとって見習うべき

美点たり得るのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:始皇帝が求めた不老不死の妙薬…なぜ始皇帝は水銀に行き着いたのか?

関連記事:【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった?

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 李広利 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  2. 文帝(前漢) 前漢の文帝ってどんな人?文景の治と称された皇帝の政治手腕とは?
  3. ヤンキー 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  4. はじめての三国志 画像準備中 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  5. 小帝の妃 漢代の後宮ってどんな感じだったの?ドラマのようにドロドロだった?…
  6. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 長安ってどんなところ?劉邦が漢王朝の都に定めた長安とは?
  7. 紀霊 漢民族とはどんな人たち?そのルーツに迫る!
  8. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 漢代のシルクロードではどんなお宝が行き来してた?シルクロードは誰…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹休
  2. 徳川斉昭
  3. 高句麗まで攻めるカン丘倹
  4. 空城も計 孔明
  5. 北伐する孔明
  6. 劉備と孫権
  7. 夏侯惇
  8. 劉表に反旗を翻する張羨
  9. 関帝廟 関羽

おすすめ記事

  1. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち 敬哀皇后
  2. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察 袁紹VS袁術(犬猿)
  3. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!? 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  4. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 上杉謙信
  5. 【赤壁の戦いの結末】劉備・曹操・孫権はどんな事があったの? 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ
  6. 覆水盆に返らず…?朱買臣とかいう変人と妻の関係がもう滅茶苦茶 劉邦時代の農民

三國志雑学

  1. 蜀の皇帝に即位した劉備
  2. 後悔する孫権
  3. 魏延と姜維


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  3. 忘年会の特集バナー ver.2
  4. キラー陳泰
  5. 田中角栄
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

美化された袁紹に羨む袁術 第20話:袁術くん「やりたいことをして生きていく」について袁紹から学ぶ【最終話】 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 外交官でもあり、財神にもなった子貢 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する 嫉妬している明智光秀 明智光秀の織田家での初仕事は上司の不始末の尻ぬぐいだった! 楽進の矢でが命を落とす成廉 魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!? もし曹操が劉備と入れ替わったらどうなる?【三国志もしもシリーズ】 【大三国志 攻略9】ついに天下乱舞にも春が来た!念願のあれをついに経験しました!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP