三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

南北宋

【岳飛の墓事情】死後における岳飛と秦檜の評価をめぐって

岳飛(南宋の軍人)




岳飛(南宋の軍人)

 

紹興11年(1141年)に南宋(1127年~1279年)の武人の岳飛(がくひ)は金(1115年~1234年)との和議で対立していた宰相の秦檜(しんかい)の手により殺されました。岳飛は金との抗戦を主張していたことから、後世の人から愛国の武人として有名です。

 

一方、秦檜岳飛の死の翌年に金との間に屈辱的な和議を結んだことにより、後世の人から売国奴の烙印を押されました。

今回は対照的な2人の死後の評価と岳飛の墓の前にある〝鉄像〟について解説します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1

関連記事:【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1

 

 

金との再戦と岳飛の復権運動

 

岳飛の死後、岳飛の一族は全て広東地方に強制居住させられていました。

朝廷では紹興25年(1155年)に秦檜が死ぬと、岳飛に対しての復権運動は起こりました。

 

しかし、秦檜系の官僚により阻止されていました。

ところが、紹興31年(1161年)に金が再び南宋に侵攻してきました。

 

幸いにも戦いは南宋の勝利に終わりました。

この時になり、朝廷では秦檜に反対していた岳飛は先見の明のある人物だったと感心されて、岳飛に対しての復権運動が起きました。

 

南宋第2代皇帝孝宗(こうそう)は、岳飛の官職を元に戻して、墓も改めて作り直しました。

現在も存在している岳飛の墓は、この時のものです。

また、強制移住させられていた岳飛の一族も開放されました。

 

乾道5年(1169年)には武昌(湖北省武昌区)地元住民の頼みにより、岳飛をまつるための廟を建設しました。

その時に〝忠烈(ちゅうれつ)〟という名をおくりました。

 

さらに、淳熙6年(1179年)に岳飛には〝武穆(ぶぼく)〟という名をおくりました。

 

 

岳飛の完全名誉回復と秦檜の失墜

 

南宋第4代皇帝寧宗(ねいそう)の時代に韓侂冑(かんたくちゅう)という男がいました。

筆者が大学時代に専門的に扱った人物です。

 

韓侂冑は時代の隔たりはありますが、秦檜に次ぐ悪徳宰相として有名です。

韓侂冑が岳飛を真似て、金に奪われた領土の奪還作戦に挑みます。

 

嘉泰元年(1204年)に韓侂冑は岳飛を〝顎王(がくおう)〟に封建しました。

とうとう岳飛は王様になったのです。

 

一方、秦檜に関しては持っていた位を全て剥奪しました。

これで将兵を鼓舞したのです。

 

ですが、戦には負けて韓侂冑は責任を負わされて死にました。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

岳飛の墓の鉄像 その後の岳飛と秦檜の評価

秦檜(南宋の政治家)

 

岳飛の名誉が完全回復されると、秦檜は当然〝悪人〟のレッテルをはられます。

はっきりと表しているのが、杭州郊外西湖畔の岳飛の墓です。

 

岳飛は現在、養子の岳雲(がくうん)と一緒に眠っています。

墓前には秦檜とその妻の(おう)氏の鉄像が跪いています。

王氏は秦檜が岳飛の暗殺に躊躇している時に、横から口を挟んだと言われています。

 

もちろん、信じるに値しない説です。

おそらく、後世の作り話と見てよいでしょう。

 

かつて、参詣者は鉄像に小便や唾をかけたと言われています。

現在は鉄像の近くに〝唾をかけないでください〟と立て札があります。

 

鉄像の変遷もかなり激しかったようです。

最初は秦檜夫婦だけでした。

 

ところが、明(1368年~1644年)になると張俊(ちょうしゅん)のような岳飛謀殺の臣下を加えたり、減ったりを繰り返しました。

清代(1644年~1911年)になると、さすがに地方官が鉄像を撤去をしようと考えました。

 

清は金と同じ民族の国なので、秦檜に対して同情的でした。

しかし鉄像の撤去が実ることはありませんでした。

 

清が滅んで世界大戦の時代に突入すると、岳飛は再び英雄としてまつられました。

一方、秦檜の評判は再び地に堕ちました。

 

それどころか、日中戦争の時は岳飛と秦檜を抗日教育の道具に使われました。

いつの間にか彼らはイデオロギーの材料になっていたのです。

 

宋代史ライター 晃の独り言

晃(あきら)akira

 

岳飛の記事を書くといつも、暗くなるのですよね・・・・・・

ちなみに、岳飛の廟は各地にあるのですけど、1番有名なのが、杭州の岳飛の墓がある廟です。

 

武昌の廟は現在、残っていません。

日中戦争の時に爆破されたようです。

 

※参考文献

・外山軍治『岳飛と秦檜 主戦論と講和論』(冨山房 1938年)

・井波律子『裏切り者の中国史』(講談社選書メチエ 1997年)

 

関連記事:【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 丸木舟(弥生時代) 【渤海国の謎に迫る】なぜ渤海国は謎の王国になってしまったのか?
  2. 岳飛(南宋の軍人) 宋とはどんな国?簡単にざっくりと歴史を解説するよ!
  3. 「宋」の国旗をバックとした兵士 靖康の変とはどんな事件?北宋の哀れなる末路を分かりやすく解説
  4. 科挙の難易度は東大どころじゃないってホント?
  5. 澶淵の盟 北宋と遼の盟約 澶淵の盟はどんな影響が出たの?堕落する真宗と北宋の滅亡の始まり
  6. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 渤海国とはどんな国?謎の王国・渤海国の建国までを分かりやすく解説…
  7. 玉璽 古代中国の玉器と印鑑の使用用途は?宋代にも玉璽はあった?
  8. タングート族 【西夏】タングート族の末裔はどこにいる?北魏の末裔なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  4. 幕末 帝国議会
  5. 孔明
  6. カール・マルクス
  7. 陳宮

おすすめ記事

  1. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 卑弥呼
  2. 徳川家定はどんな人?障害を乗り越え必死に頑張った13代将軍の素顔 徳川家定
  3. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  4. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ 三国志ライター黒田レン
  5. 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第11部

三國志雑学

  1. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  2. 司馬昭
  3. 韓非子を読む劉禅
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 丁奉(ていほう)
  2. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  3. 曹操 耳で聞いて覚える三国志

おすすめ記事

【キングダムネタバレ予想】フィゴ王ダントがロゾを瞬殺する?! キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!? 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売開始 鎌倉時代 服装 男女 鎌倉幕府(時代)の役職や政治や執権のまとめ一覧 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ! 三国志平話 『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは? 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデルだった【HMR】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP