ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

西郷どん

初代内閣総理大臣・伊藤博文とその子孫はどうなったの?

伊藤博文


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

伊藤博文

 

今回は初代内閣総理大臣で、初代兵庫県知事の伊藤博文(いとう ひろぶみ
)
の生涯について取り上げます。この記事では、生い立ちから倒幕運動まで、岩倉使節団(いわくらしせつだん
)
に加わってから内閣総理大臣になるまで、初代朝鮮統監府(ちょうせんそうとくふ)に就任してから暗殺されるまでの3つの時期に分けて取り上げます。この記事の終わりに伊藤博文の子孫について取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方

関連記事:【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント?

 


 

伊藤博文の生い立ちから倒幕運動まで

 

伊藤博文は1841年に長州藩(現在の山口県光市)に生まれました。伊藤博文の生家は吉田松陰が(よしだしょういん)主宰する松下村塾の近くにあったといわれています。松陰の私塾の近くにあったことから松下村塾に通うようになりました。

 

松下村塾には倒幕運動の第一線で活躍する高杉晋作(たかすぎしんさく)や後に内閣総理大臣になる山県有朋らがいました。中には前原一誠(まえばら いっせい
)
のように不平士族の反乱に加わり、明治政府に敵対した人物もいました。

 


 

岩倉使節団を経て内閣総理大臣になるまで

岩倉使節団 wikipedia

岩倉使節団 / 引用wikipedia

 

伊藤博文は尊王攘夷・倒幕運動に参加し、明治政府に加わりました。明治政府に加わると、江戸幕府が締結した不平等条約の改善を目指して外国と交渉します。伊藤博文は岩倉使節団の副使として条約改正交渉に加わりましたが、条約改正は失敗に終わりました。

 

岩倉使節団はアメリカを経てヨーロッパに渡ります。伊藤博文らはドイツ(プロシア、プロイセン)で、ベルリン大学教授のグナイストとウィーン大学教授のシュタインから憲法を学びました。ドイツで学んだ憲法は君主制で日本の天皇制と近いことから、ドイツの憲法を参考にして大日本帝国憲法の起草に加わりました。

 

明治政府は太政官制で太政大臣が日本のトップでしたが、1885年に太政官制が廃止され、内閣制度に移行しました。伊藤博文は初代内閣総理大臣になりました。初代だけでなく5代目・7代目・10代目の内閣総理大臣も務めました。立憲政友会の初代総裁にもなり、初の政党内閣となりました。


 

初代統監府就任から暗殺されるまで

 

日清戦争の講和条約である下関条約において、朝鮮は清国から独立することが決まり、朝鮮は大韓帝国(韓国)に名前を変えました。1904年の日露戦争後に韓国の保護国化が進められます。

 

1905年の第二次日韓協約により韓国から外交権を接収することで保護国化しました。統監府を設置し、初代統監に伊藤博文が就任しました。1907年、韓国がハーグに密使を派遣したことが明らかになり、第三次日韓協約を締結しました。この協約により内政権を掌握するとともに韓国軍隊を解散させました。

 

日韓協約により軍隊が解散させられると、反日運動が拡大しました。1909年にハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の安重根に暗殺されました。安重根は翌年死刑になるとともに韓国は併合され、植民地となりました。


  

 

 

伊藤博文の子孫は?

 

伊藤博文は2度結婚しています。最初の妻はすみ子といい、松下村塾の同門で野村靖の妹でした。2人の間に子どもはいません。二度目の妻は芸者だった伊藤梅子です。2人の間には長女の貞子と次女の生子がいました。

 

伊藤博文は女好きで有名で、女中の間に子どもがいたといわれています。女中との間に生まれた子どもでは、長男伊藤文吉がいます。内閣総理大臣秘書官や貴族院議員を歴任しました。

 

伊藤博文の他の子どもには三女の朝子がいます。朝子はルーマニア公使の西源四郎と結婚し、子孫を残しています。伊藤博文のひ孫である松本悦子は元防衛庁長官の松本十郎に嫁ぎました。その息子が松本剛明で、伊藤博文の玄孫にあたります。民主党管直人内閣の頃、外務大臣を務めました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は初代内閣総理大臣の伊藤博文について取り上げました。この記事を通して伊藤博文が暗殺されるまでの生涯を知ることができました。また、伊藤博文の子孫については外務大臣や衆議院議員を務めるなどDNAがどこかに引き継がれているのかもしれません。

 

終わりに、紙幣について取り上げます。伊藤博文は1963年から1986年までの1000円札の肖像画になりました。岩倉使節団で紙幣の肖像画になった人物では、岩倉具視が有名です。紙幣の肖像画になった人物について注目したいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!

関連記事:江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方

 

【幕末のエンジニア達】
幕末のエンジニア達

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 知ってた?桜田門外の変は超お粗末な事件だった
  2. 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い…
  3. 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証
  4. 五代友厚 幕末 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話
  5. 黒船(ミシシッピ号) 伊藤博文と井上馨、二人の絆の原点はトイレだった?
  6. 島津斉彬 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育…
  7. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  8. 木戸松子 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明のテントがある野外のシーン
  2. 三国志 象兵
  3. 織田信長
  4. 諸葛誕
  5. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  6. 長篠の戦いWikipedia
  7. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  8. 苛ついている曹操

おすすめ記事

  1. 【三国志問題】リアルな武装率ってどれ位あった? 兵士と禰衡
  2. 夷陵の戦いの時に魏延はどうしていた?その後に影響があったかもしれない爪痕 魏延の謀反を察する孫権
  3. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話 曹操
  4. 戦国時代の合戦は現地集合!結構アバウトな連絡網、陣触 武田騎馬軍団 馬場信春
  5. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  6. 侯成(こうせい)とはどんな人?禁酒中でイライラしている呂布に斬首の命を受けた八健将 漢呂布の怒りを買う侯成(こうせい)

三國志雑学

  1. 環夫人
  2. 李典
  3. 郭嘉
  4. 劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明と司馬懿
  2. 皇帝に就任した曹丕
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 竹林の七賢
  5. 赤眉軍
  6. スピリチュアルにハマる光武帝
  7. 曹操50万の兵

おすすめ記事

犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは? 関羽と趙雲を捨てて荊州に逃げる劉備 【三国志平話】ひどい!劉備が恩人の趙雲を裏切って逃走 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】 朝まで三国志 劉表 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持しながら、華々しい活躍をしないで終わった荊州牧 手紙を読む曹操 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP