キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?

燃える本能寺




燃える本能寺

 

これまでの「はじめての三国志」の記事で、本能寺の変(ほんのうじのへん)の動機として、明智光秀(あけちみつひで)の母親が波多野秀治(はたの ひではる
)
に殺されたこと、饗応(きょうおう)役を外された上に丹波国(たんばのくに)など領国を取られたことを有力な説として取り上げてきました。

 

他に、四国平定を目指していた織田信長(おだのぶなが)長宗我部元親(ちょうそかべ もとちか
)
との交渉役を任されていましたが、突然信長の命で豊臣秀吉(とよとみひでよし)に交渉役が変わったことも動機として挙げられます。この交渉記録は長宗我部元親の家臣石谷光政(いしがい みつまさ)の古文書に記録として残されています。

 

この記事では、明智光秀の手紙から本能寺の変の動機を取り上げます。足利幕府再興と本能寺の変の動機の関係に注目します。最初に室町幕府滅亡後の足利義昭(あしかが よしあき
)
を取り上げます。後半では手紙の内容について取り上げます。

 

関連記事:明智光秀は愛宕神社で信長討伐の吉凶を占った?(本能寺の変雑学)

関連記事:明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城)

 

 

室町幕府滅亡後の足利義昭

足利義昭

 

足利義昭は織田信長との関係が悪化すると、上杉謙信(うえすぎけんしん)武田信玄(たけだしんげん)浅井長政(あさいながまさ)朝倉義景(あさくら よしかげ
)
毛利輝元(もうり てるもと
)
などの有力な戦国大名と石山本願寺(いしやまほんがんじ
)
に呼びかけて、上洛を促すとともに織田信長を倒すよう呼びかけました。

 

織田信長を包囲するように取り囲んだことから信長の包囲網と呼ばれていますが、武田信玄が三河国で病死し、浅井長政と朝倉義景が滅亡したことで包囲網が崩れました。1573年に足利義昭は織田信長に無条件で降伏し、京から追放されました。足利義昭が京から追放されたことにより室町幕府は滅亡しました。

 

足利義昭は畿内を転々としていましたが、1576年に毛利輝元を頼りました。備後国の鞆の浦にいたといわれています。足利義昭は備後国で本能寺の変を知りましたが、足利将軍家が再興されることはありませんでした。足利義昭は1597年に病気で死亡しました。義昭は死亡する前に京に立ち寄っていたという記録があります。

 

 

明智光秀の本能寺の変の目的は室町幕府の再興?

 

明智光秀の直筆の手紙が発見されました。その手紙には本能寺の変の目的を知ることができる内容が書かれています。

 

明智光秀が1582年の本能寺の変から10日後に土橋重治へ宛てた手紙が発見されました。その手紙には当時備後国にいた足利義昭を京に迎えたいと書かれていました。この手紙の発見に関するニュースが出る以前に、足利義昭を筆頭に毛利輝元や長宗我部元親といった反信長勢力を結集させて、再興することを考えていたといわれています。

 

手紙が発見されたことで、本能寺の変の動機が室町幕府の再興説であるというのが有力となりました。しかし、この手紙には京に元室町幕府の将軍を迎えると書かれているだけで、室町幕府の再興と結論付けるのは若干無理があるかもしれません。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀の直筆の手紙から本能寺の変の動機を取り上げました。本能寺の変の動機として、発見された直筆の手紙によれば、備後国にいた足利義昭を担ぎ出して、織田信長を倒した後、足利将軍家を再興しようという目的があったという説を取り上げました。

 

しかし、この手紙には京に元室町幕府の将軍を迎えると書かれているだけで、本能寺の変の動機が手紙1枚だけで室町幕府の再興と結論付けるには若干無理があると思われます。今後の研究で、明智光秀が本能寺の変後に送った手紙の発見と分析が進展することが期待されます。

 

本能寺の変については直接動機が書かれた史料がないため、明智光秀の母親が波多野秀治に殺されたこと、丹波国など領国を取られたこと、そして土佐の長宗我部元親との交渉役を外されたことなど動機として様々な説を紹介してきましたが、どの説も有力であるという結論には至っていません。今後の研究に注目したいと思います。

 

最後に、明智光秀が斉藤利三の家臣を経て足利義輝・義昭の家臣になっていることや織田信長と将軍家との連絡役を担っていたことから室町幕府への想いが何かしらあったのかもしれません。

 

関連記事:【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった

関連記事:明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦…
  2. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう…
  3. 織田信長 アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー
  4. 黒田官兵衛 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた?
  5. 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  6. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって…
  7. 馬に乗って戦う若き織田信長 明智光秀は悪人だったのか?
  8. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 光武帝 三国志
  2. 凌統
  3. 徳川家を守った篤姫
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

  1. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻 徐庶をゲットする曹操
  2. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】 張魯
  3. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  4. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】
  5. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?
  6. 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢 王莽

三國志雑学

  1. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  2. 赤鎧を身に着けた曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孟達からの手紙を開封する劉封
  2. 皇帝に就任した曹丕
  3. キレる劉備になだめる黄権
  4. 黒田官兵衛

おすすめ記事

蜀の劉琦 【劉琦から学ぶ】諸葛亮へした一生のお願いとは? 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人 影の薄い孫権 何でこんなに孫権は地味なの? 黒田官兵衛 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? 読者の声(2018年11月6日〜11日) 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ! 袁紹と田豊の仁義なきバトル物語 項羽と劉邦 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP