ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

于禁は蒼天航路と正史三国志では全然違う?

于禁


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

魏の重鎮(じゅうちん)の一人として知られる于禁(うきん)

正史三国志では勇猛な将軍で中々に優秀な人物として知られていますが、関羽(かんう)にあっさりと降伏してします。

しかし蒼天航路(そうてんこうろ)に登場する于禁関羽に降伏するシーンが全然違います。

どのように違うのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

関連記事:関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

 


 

正史三国志于禁降伏シーン

 

于禁は関羽に降伏してしまいますが、正史三国志にはどのように描かれているのでしょうか。

正史三国志・于禁伝によれば、于禁は漢水が氾濫したため、高台に兵士を避難させます。

于禁はその後関羽率いる水軍からの攻撃を受けてしまい、降伏してしまいます。

ちょっと残念なくらいあっさりとした描き方になっております。

 

更に曹操(そうそう)は于禁が降伏したことを知ると

「于禁は危機を前にして困難にあっては、新参者の龐徳に及ばないとは知らなかったぜ」と述べており、

曹操が于禁に対して失望している姿を想像することができると思います。

また正史三国志の作者・陳寿は「于禁は剛毅な武将だが、終わりを全うすることができなかった」と述べており、

于禁は関羽に降伏したせいで正史三国志において、彼の生涯の後半部分においてあまりいい扱いを受けませんでした。

しかし蒼天航路の于禁の降伏シーンは結構かっこよく描かれているのです。

 


 

蒼天航路の于禁降伏シーン

 

蒼天航路の于禁が降伏するシーンは正史三国志のようにあっさりと描かれているわけではありません。

むしろかっこよく于禁が描かれています。

蒼天航路の于禁は漢水が氾濫する前に関羽へ堂々と一騎打ちを仕掛けていきます。

しかし漢水が氾濫したせいで、于禁が引き連れてきた兵士がバラバラになってしまい、少数しか率いていない状況に置かれてしまいます。

関羽は大軍を率いて于禁が避難している高台へ迫ると降伏するように促します。

 

于禁ははじめ関羽に降伏することを拒みますが、関羽も曹操に一時的に降伏していることを思い出し、関羽も曹操に降伏しながら

自分のプライドを捨てずにいた状況を思い出し、関羽に降伏することを決意します。

この時の于禁は関羽に降伏するからみじめな姿ではなく、むしろ堂々と関羽に降伏している姿でした。

 

更に于禁は関羽に降伏する際「飯を食わせろ」と要求している有様で、降伏する于禁に「ちょっと于禁!!偉そうにしすぎじゃない」と

突っ込みを入れたくなるほど堂々としています。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2


 

曹操も于禁の降伏を軽蔑していない

 

正史三国志では于禁が降伏したとき、曹操が彼を軽蔑(けいべつ)するような表現を残していました。

しかし蒼天航路の曹操は于禁が関羽に降伏したからと言って彼を軽蔑するような言葉を一切残していませんでした。

この点も正史三国志と蒼天航路での違いといえると思います。

 


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は于禁降伏シーンが正史三国志と蒼天航路の違いをお送りしました。

一応蒼天航路は正史三国志をベースにして描かれていますが、何から何まで正史三国志をベースにしているわけではなく、

今回のようにちょっとした脚色を入れて読者を楽しませるように工夫を凝らしています。

はじめての三国志を読んでちょっと三国志に興味があるんだけど文字ばっかりだと想像しにくいな~って思っている方がいらっしゃいましたら、

蒼天航路を読んでみてください。

蒼天航路を読みながら三国志の武将などの名前を覚え、はじめての三国志に掲載されている三国志の物語を並行して、蒼天航路を読むと

私たちが書いている三国志の世界や武将たちのイメージ、各地で起きた群雄同士の戦い、武将たちの裏話などが

すんなりと想像しやすくなるのかなと思います。

かくいうレンも蒼天航路を何度も読み返すほどは待っています。

ぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志魏書

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生

関連記事:【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 関羽の青銅像 関羽の身長まで「あと一尺」!三国志演義の英雄たちがことごとく八尺…
  2. 亡くなる周瑜 周瑜の死因と三国志の英雄たちの死因を調べたら判明したことを紹介
  3. 鄧禹と兵士 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  4. 洛陽城 【三国志マニュアル】開戦から終戦までの手続きを紹介
  5. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  6. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件
  7. 魯粛 魯粛の交渉術が誠実すぎる!全ては事実に基づくべき
  8. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  2. 劉姫
  3. 残忍な曹丕
  4. 廖化 四龍将
  5. 一人で逃げる曹操

おすすめ記事

  1. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた! 馬超をフルボッコする閻行
  2. 上杉謙信の戦術・車懸りの陣とは? 上杉謙信
  3. 世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotify「ながら三国志」開始 Spotify 引用
  4. もしも劉璋が有能だったら三国志でどのように動く? 劉璋(りゅうしょう)
  5. 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 はじめての三国志 画像準備中
  6. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期 孫堅逝く

三國志雑学

  1. 李儒
  2. ネズミで人生を変えた李斯
  3. 五虎大将軍の趙雲


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀 武運を誇る馬超
  2. 赤兎馬と武霊王
  3. 暴れる関羽
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 魏曹操と魏軍と呉軍
  6. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  7. 餓えた農民(水滸伝)

おすすめ記事

劉邦をなだめる陳平と張良 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 荀彧 怒る 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝 スサノオノミコト(日本神話) 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった! kawauso カルロス・ゴーンとはどんな人?日産を立て直した改革者の功罪 袁術 伝説 ゆるキャラ 三国志一の策謀家、袁術の伝説 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は? 曹丕に進言をする劉曄 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの? 【ネタバレ注意】キングダム545話「直感」レビュー&今後予想

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP