ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀はなぜ織田信長を暗殺したの?江戸時代の歴史家から考察

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

燃える本能寺

 

戦国時代の中でもとりわけ有名な事件といえばみんなが一度は耳にしたことのある「本能寺の変」だと思います。この事件は織田家の重臣・明智光秀(あけちみつひで)織田信長(おだのぶなが)の宿泊地である本能寺(ほんのうじ)を奇襲攻撃し、織田信長を殺害した事件です。

 

現代では戦国時代の研究が進んでいろいろな説が取り沙汰されていますが、本能寺の変が終わってから数百年後の江戸時代。江戸時代の歴史家の人々や武士、庶民の人達は明智光秀が織田信長を本能寺の変で暗殺した原因をどのように考えていたのでしょうか。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語

 


 

織田信長は嫌われていた!?

馬に乗って戦う若き織田信長

 

織田信長は現代の私たちの時代ではゲームや小説、大河ドラマなどの影響もあり、老若男女を問わず人気の高い戦国時代の武将です。江戸時代でも織田信長は人気の高い戦国武将だったのでしょうか。残念ながら江戸時代は織田信長を嫌っている人々が多くいました。

 

さらに江戸時代の特権階級の武士の人達も織田信長を嫌っていました。江戸時代の人々は総じて織田信長を嫌っていたのです。

どうして織田信長を嫌っていたのか。まずは武士の人々が織田信長を嫌っていた理由から見てみましょう。

 


 

どうして武士階級は織田信長を嫌っていたのか。

 

その理由は織田信長が儒学思想に反した行動ばかりをしていた事が原因です。例えば織田信長は比叡山(ひえいざん)延暦寺を焼き討ちしたり、尾張統一を行うために弟・織田信行を殺害したり、江戸時代の武士達にしてみれば考えられないような行動ばかりしていた為、徳川幕府の武士達は織田信長を嫌っていたようです。

 

武士は織田信長を嫌っていました。では徳川幕府の庶民の人々は織田信長をどのように思っていたのでしょうか。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志


 

どうして江戸時代の庶民は織田信長が嫌いだったの??

 

徳川幕府の庶民は織田信長が非情な行動をしていたため、大っ嫌いでした。しかし一部の庶民は織田信長の人材を登用方法や彼が行ってきた実績を考慮し、才能のある人物と認めていたそうです。

 

この庶民の織田信長の考え方は武士階級にも多少痛そうです。しかし織田信長の性格については誰もいいイメージを持っていたなかったようです。このように江戸時代における織田信長は現代のような人気のある戦国武将ではなく、武士・庶民から嫌われていました。


  

 

 

明智光秀のイメージは「いじめられっ子」

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

 

織田信長は江戸時代の武士や庶民から嫌われていました。では明智光秀はどのようなイメージを持たれていたのでしょうか。一言で言えば「いじめられっ子」です。

 

「祖父物語」と言われる書物によれば、明智光秀は織田信長から髪の毛を掴まれてぶん殴られたと記載があります。また「続武者物語」によれば明智光秀は織田信長が主催した宴会に参加しますが、お酒を飲まなかったそうです。

 

そのため織田信長は明智光秀を組み伏せて「酒を飲めないならこれを飲め」と言って刀を抜いて脅迫。更に織田信長は光秀の頭を鼓のようにバシバシ叩いたそうです。

 

江戸時代の人々は上記の織田信長の対応から明智光秀が信長にいじめられる可哀想な戦国武将や恨みをみっていたイメージを持っていたそうです。そして江戸時代では明智光秀が本能寺の変を起こした原因についてこのように考えられていたそうです。

 

本能寺の変の原因は怨恨説

 

江戸時代の歴史研究をしていた歴史家さんたちは明智光秀が織田信長から酷いいじめを受けていた為、明智光秀が本能寺の変を起こした原因について「織田信長に対する怨恨説」だと考えられていたそうです。

 

戦国史ライター黒田レンの独りごと

三国志ライター黒田レン

 

今回は江戸時代の人々が考えていた本能寺の変の原因について紹介しました。江戸時代の人々は明智光秀が信長を恨んでいた説を有力的な説として唱えていました。

 

しかしひとつの疑問が生まれませんか。それは明智光秀が織田信長を恨んで本能寺の変を起こした説に対して反対意見を大々的に唱えていない所です。

どうして唱えなかったのでしょうか。レンの憶測ですが、江戸時代の人々は織田信長に対するイメージと良質な歴史資料を研究する方法が確立されていなかった事に原因があると思います。

 

■参考文献 吉川弘文館 検証本能寺の変など

 

関連記事:明智光秀は長篠の戦いの功労者だった!光秀の戦術眼と功績を紹介

関連記事:明智光秀は愛宕神社で信長討伐の吉凶を占った?(本能寺の変雑学)

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 織田信長 織田信長は実はいい人?冷酷残忍ではなく心優しいおっちゃんだった
  2. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく…
  3. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どこ…
  4. 黒田官兵衛 明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは?…
  5. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 敵に塩を送ったから塩の日ができた?「敵に塩を送る」の由来と雑学
  6. 織田信長 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいで…
  7. 織田信長 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!
  8. 織田信長 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜
  2. 項燕
  3. 曹植
  4. 関羽に惚れる曹操
  5. キングダム52巻

おすすめ記事

  1. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?
  2. 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件 晋の陳寿
  3. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理 はじめての三国志 画像準備中
  4. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった? はじめての三国志 画像準備中
  5. 【三国志トランプ】ジョーカーが諸葛亮と司馬懿である理由とは? 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く
  6. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう) 曹休

三國志雑学

  1. 法正
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 華雄(かゆう)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志 歴史
  2. 夏侯覇の妻は誰?
  3. 始皇帝
  4. 信陵君
  5. 曹操軍
  6. 徳川将軍珈琲 amazon引用
  7. 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁

おすすめ記事

曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活 かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!? ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの? これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP