ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

徐庶ってもしかしたらヤンデレだった!三国志演義でのヤンデレぶりを紹介

徐庶


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

徐庶

 

劉備(りゅうび)軍師として魏軍をコテンパンに叩き、諸葛孔明(しょかつこうめい)を推挙した徐庶(じょしょ)。彼のことを色々と調べていくとちょっとヤンデレっぽいところがありました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由

関連記事:【徐庶ママ酷すぎ】息子の評価が軽くグレるレベル


 

ヤンデレってそもそもなんぞ!?

呉征伐で活躍し、魏の重臣になる王昶(おうちょう)

 

徐庶がヤンデレなのかどうか紹介する前にヤンデレとはそもそもなんぞ??という疑問が出てくると思います。レンもアニメ関連に関してはオタクだと自負しているのですが、ヤンデレやらクーデレやらの意味がわからないので、ちょっと調べてみました。

 

するとヤンデレとは「病んでる」と「デレ」の合成語で、精神的に病みつつあるキャラクターが、他のキャラクターに愛情表現をすることを指すそうです。アニメのキャラクターで言えば、「未来日記」に登場するキャラクター我妻由乃がヤンデレに当てはまります。

 

我妻由乃(がさい ゆの)の顔は可愛し、スタイルもイイのですが、中身は超危険なキャラです。わからない方はネタバレになってしまうので、見てください。さて余談が過ぎましたが、ヤンデレの意味もレンと一緒に理解できたと思いますので、ここからは徐庶がヤンデレ属性を持っていたのか紹介していきたいと思います。


 

ヤンデレ徐庶発見!!

三国志ライター黒田レン

 

レンは徐庶のことが気になって正史三国志などの書物で色々と調べてみたことがありました。するとちょっと徐庶のヤンデレっぽいところを三国志演義で発見したので紹介したいと思います。


 

三国志演義でヤンデレ徐庶登場

 

徐庶は劉備軍師となって家臣に加わることになります。その後徐庶は劉備と一緒に荊州へ侵攻してきた曹操軍を打ち破る実績を上げます。

曹操軍師程昱は劉備の新たな軍師を調査すると徐庶が軍師になっていることを調べ上げ、曹操へ報告。曹操は徐庶を手に入れたいと考え、程昱に相談します。

 

すると程昱は徐庶の母の筆跡を調べ、彼女の筆跡を真似て作った手紙を徐庶へ送って、許に来るように仕向けます。徐庶は劉備に「私の母が呼んでいるので、お別れしたいとも思います。荊州には諸葛孔明という素晴らしい人物がいるので、彼を仲間にしてください」とアドバイスを残し去っていきます。

 

徐庶は許に着くと母から「どうしてあんたは劉備殿の元を去ったの。母はあんたが間違った道を進んだことが非常に悲しい」と言い残して自殺してしまいます。徐庶は自分が仕えるはずだった劉備の元を去り、母を自殺させた事に責任を感じて病んでしまいます。

 

その後徐庶は曹操から「劉備を降伏させてくるように」と命令を受けて劉備の元を訪れます。劉備は徐庶が来ると「曹操の元に戻らなくてもいいじゃないか」と説得。

 

徐庶は劉備の元にとどまりたい気持ちを押し殺して「私は母を殺してしまいました。あなた様に仕えたいのはやまやまですが、ここで戻らなければ曹操の家臣達に軽蔑されてしまいます。」と述べて劉備の元を去っていくのでした。

 

上記で紹介した部分が、徐庶のヤンデレっぽい所です。「未来日記」に登場する由乃よりもヤンデレさが足りないですが、徐庶も少しヤンデレっぽくないですか。

 

徐庶は母を自殺させてしまいちょっと精神的にやんでおり、劉備に好意を持ち、彼に仕えたくても仕えることが出来ない彼の心情。ちょっとヤンデレっぽいなとレンは思うのですが、皆様はどのように思いますか。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

ヤンデレの定義については紹介しましたが、ついでにクーデレもちょこっと紹介しましょう。クーデレにはいくつかパターンがあります。

例えば、特定の人以外にはクールに徹しますが、特定の相手にはデレっとしてしまいます。また好意を持っている本人を目の前にするとわざと冷たい態度をとり、興味をもっていないような態度を取ってしまう事をクーデレと言うそうです。

 

ほかにも色々とクーデレの定義がありますが、ここで延々とクーデレの話をし始めると大変なことになるので、ここらへんでストップしておきます。ついでにクーデレのアニメキャラでいえば、一時期は社会現象にまでなったアニメ「けいおん」の秋山澪やエヴァンゲリオンに登場する綾波レイ等が該当します。

 

今回はヤンデレな徐庶を書きましたが、三国志の武将の中にももしかしたらクーデレの武将がいるかもしれないので調査次第、紹介していきたいと思います。

 

■参考文献 三国志演義など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?

関連記事:【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 張昭 VS 孫権 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  2. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  3. 荒れる黄河 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  4. 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐…
  5. 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘…
  6. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものが…
  7. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  8. 于吉 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. ボロボロになった馬超
  3. 明治天皇
  4. 司馬遷(しばせん)
  5. 孔明 劉備の剣とハンコ
  6. 劉璋(りゅうしょう)
  7. 三国志平話
  8. 孔明

おすすめ記事

  1. 諸葛亮は陣形・戦法・軍令を駆使して戦に臨んでいた!? 韓信vs孔明
  2. 『三国志演義』に登場する周倉は実は実在していた!麦城村に周倉の墓も 周倉と裴元紹
  3. 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは? 横井小楠
  4. 孫権vs張遼! 第1次合肥戦役と豪傑・太史慈の最期 張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権
  5. 衝撃!宋銭の価値って?鎌倉の大仏になった宋銭 宋銭 お金と紙幣
  6. 黄蓋が赤壁の戦いに出陣したから大勝利できた!その理由とは? 奮闘する黄蓋

三國志雑学

  1. 曹芳
  2. 劉備と曹操
  3. レッドクリフ
  4. 夏侯惇
  5. 合肥の戦いの満寵


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 朝まで三国志 劉備
  4. 袁術をからかう呂布
  5. 韓信
  6. 孫姫
  7. 周瑜と孫策

おすすめ記事

顔良を討ち取る関羽 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇 小帝の妃 漢代の後宮ってどんな感じだったの?ドラマのようにドロドロだった? はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】 ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は? 燃える本能寺 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介 蔣琬(しょうえん) 蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!? 周瑜 周郎 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP