邪馬台国の卑弥呼政権時代は倭国大乱は継続していた? 魏志倭人伝に秘められたプロパガンダー


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

邪馬台国と卑弥呼軍

 

以前の記事で、邪馬台国(やまたいこく)卑弥呼(ひみこ)政権の時代は、倭国は分裂し、倭国大乱は続いていたかもしれないとお話しましたね。

今回は、その根拠について、お話していきます。どうぞお付き合いください。

 

 

邪馬台国の前身の国が、出雲王国(いずもおうこく)で、その領土を丸々受け継いだという話なら、西日本と、東海、北陸から信州までの東日本が、邪馬台国の領土、否、より正確に言えば、邪馬台国広域連合の領土として獲得していたはずです。

 

しかし、

 

邪馬台国VS狗奴国

 

邪馬台国(やまたいこく) 諸国連合 (西軍)

 

VS

 

狗奴国 (くなこく)(東軍)と、他諸勢力の同盟

 

という構図だったのなら、倭国大乱 は継続したのか?!

と当然考えられる訳です。

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

 


 

なぜ、卑弥呼の邪馬台国が中心となって、倭国全域を治めていたか

卑弥呼

 

それでは、なぜ、卑弥呼の邪馬台国が中心となって、倭国全域を治めていたかのように伝わっているのか?という疑問が出てきますね。

それは、その記述が初めて登場したとされる、『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』の成立背景を見るべきでしょう。

つまり、それを書いたとされる陳寿(ちんじゅ)の立場を考えると見えてくるのです。

 

ここは、以前も少し邪馬台国の大きさについてお話したことと重なるところもありますが、再考してのお話なので、少しお付き合いください。

 


 

「西晋王朝」の 家臣の立場で『魏志倭人伝』を書いた陳寿

陳寿(晋)

 

陳寿は、三国時代を終わらせた「西晋(せいしん)王朝」の 家臣の立場で、『魏志倭人伝』を書いたのです。

 

西晋は「魏王朝」の後継として成立した国家でした。邪馬台国は、魏に臣従の意を示していました。

 

西晋の臣下の陳寿は、西晋の前身の存在の魏を 立てなければならかったでしょう。反乱を起こさせないために。

それは、属国であった倭国の邪馬台国も然りということです。倭国の中心国として、邪馬台国を立てる必要があったということです。

 

つまり、倭国の正統な国王は邪馬台国の卑弥呼女王だと、邪馬台国を格上に見せる必要がありました。倭国が分裂しているように見せたくなかったのでしょう。

 

卑弥呼は、朝鮮半島の「三韓」の王族の出身かもしれなかったことは前に話しました。その三韓も魏に臣従の意を示していました。

 

ですから、魏に臣従していた、三韓や邪馬台国は意思統率の取れ、まとまった国家であるように見せたかったということでしょうか。そうすれば、魏の権威が高まるからです。引いては、その後継者たる存在の西晋の権威も高まるということです。

 

 

これは、陳寿の策略で、西晋が正統な中国大陸の支配者として宣伝するという意図があったということでしょう。プロパガンダとしての『魏志倭人伝』の価値が見えてきます。

 

しかし、倭国は、実際は分裂していたか、内乱状態が再発したというのが、実像ではないかと考えられますね。

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷


 

邪馬台国VS狗奴国は、魏VS呉の代理戦争だった?

魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

 

さらに、邪馬台国に抵抗した、狗奴国は海を通して、大陸の呉と繋がっていたという説もあるくらいです。それに加えて、魏と呉の代理戦争としての要素が、邪馬台国VS狗奴国の戦いにはあったという説も頷けます。

 

ただ、『魏志倭人伝』には、そのように、狗奴国が呉の影響を受けていたかもしれない記述は一切ありません。

 

それは、先ほども話したように、魏を立てるべき立場の陳寿によって書かれた『魏志倭人伝』

ですから、狗奴国の存在を小さく書かれ、呉の存在が消し去られるような、プロパガンダとしての作為が見られても当然と言えるでしょうか。

 


  

 

邪馬台国VS狗奴国の代理戦争のまとめ

コーノヒロさん(はじめての三国志ライター)

 

次は狗奴国の勢力がどのくらいだったかを、もう少し深掘りしていく予定です。お楽しみに。

 

【参考資料】

◆東国尾張とヤマト王権― 考古学から見た狗奴と尾張連氏 ―(大阪府立近つ飛鳥博物館)

古代史疑 – 増補新版 (中公文庫)

出雲と大和――古代国家の原像をたずねて (岩波新書)

新書821伊勢と出雲 (平凡社新書)

魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝 (1951年) (岩波文庫)

東アジア民族史 1―正史東夷伝 (東洋文庫 264)

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】

関連記事:卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

 

 

関連記事

  1. スサノオが草薙の剣でヤマタノオロチを倒す(古事記)(神話)
  2. オオクニヌシ(日本神話)
  3. スサノオノミコト(日本神話)
  4. 邪馬台国と卑弥呼軍
  5. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  6. 前方後円墳(古墳)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP