英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬謖はもしかしたら劉備に嫌われていた【黒田レンの推測】

キレる劉備になだめる黄権




山頂に陣を敷いた馬謖

 

馬良(ばりょう)の弟で一緒に劉備(りゅうび)の配下に加わった馬謖(ばしょく)。正史三国志によれば「人並み外れた才能を持っている人物」と記載されており、馬謖を非常に高く評価しています。

 

また蜀の丞相・諸葛孔明(しょかつこうめい)馬謖を高く評価していました。しかし蜀の初代皇帝・劉備諸葛孔明のように馬謖を高く評価しませんでした。

むしろ劉備は馬謖を嫌っているような言動までしていますが、本当に馬謖を嫌っているのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?

関連記事:張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!?

 

 

劉備は馬謖を嫌っていた!?

キレる劉備になだめる黄権

 

正史三国志を制作した陳寿(ちんじゅ)は馬謖伝で彼を非常に高く評価していました。また蜀の丞相・諸葛孔明蒋琬も彼を高く評価していました。

このように蜀の重臣達がこぞって高く評価した馬謖ですが、一人だけ彼の能力を認めていないばかりか、嫌っているような素振りをした人がいました。

 

それは蜀の初代皇帝・劉備です。劉備は馬謖を全然評価しませんでした。劉備は病にかかると永安で療養していました。

この時劉備は蜀の丞相であった諸葛孔明を呼んで蜀の国内の政治の事や今後の展望などを語り合います。劉備は孔明と語り合っている時、蜀の人材について語ることがあり、色々な人物について語り合っていきます。劉備は諸葛孔明と人材について語り合っている時、たまたま話題が馬謖の話題になります。

 

諸葛孔明は馬謖が優れた人物であると評価します。しかし劉備は「馬謖は言葉ばかりで実力が伴っていない人物だ。くれぐれも彼に重要な任務や仕事を任せてはいけないよ」と注意を与えるのでした。劉備は自分の家臣達が馬謖を認めているのに一人だけ馬謖を嫌っているような言動を残していますが、馬謖を嫌っていたのでしょうか。

 

 

劉備は馬謖が嫌いだったわけじゃない

劉備の黒歴史

 

劉備は馬謖が嫌いで諸葛孔明に注意を促したわけではありませんでした。ではどうして劉備は諸葛孔明へ「馬謖は言葉ばかりで実力が伴っていない人物だ。くれぐれも彼に重要な任務や仕事を任せてはいけないよ」と注意したのでしょうか。

 

正史三国志にはこの部分の記載がありませんでした。そのためここからは黒田レンの推測で話を進めていきたいと思います。レンが考えるに劉備が馬謖のある性格を見抜いていたから諸葛孔明に注意をしたのでと考えられます。

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

馬謖の性格とは!?

 

劉備が見抜いた馬謖の性格とは一体何なのでしょうか。

それは馬謖が兄・馬良よりも優れていると認めてもらうため、常に馬良や他の同僚と張り合おうとする負けず嫌いな性格だった所です。

どうして黒田レンはこのように思うのでしょうか。

 

馬良の評価に負けない為

 

黒田レンは馬謖が馬良や他の同僚と張り合う負けず嫌いな性格の持ち主であると上記でお話ししましたが、どうしてこのように思うのでしょうか。それは馬良と馬謖の関係にあったと思われます。馬謖は兄・馬良が郷里の人々や荊州の名士達から「兄貴は優秀だな」と讃えられていたそうです。

 

また現在でも残っている「白眉」という言葉がありますが、この言葉の語源は馬良から来ております。この言葉の意味は数ある物の中で最も優れていることを指します。なぜこのような意味なのか。

 

それは馬良の兄弟が5人いて、その中で馬良だけが飛び抜けて優秀で、馬良の眉毛が白かったことが「白眉」の由来になっています。更に三国時代からすで「眉毛が白い馬良が優秀」だと噂されていたそうです。上記のように馬良が飛び抜けて優秀だったことを聞かされて育った馬謖としては兄・馬良に負けたくなかったでしょう。

 

そして劉備は馬謖の言動の端々から負けず嫌いな性格を見抜いていたのではないのでしょうか。だからこそ劉備は馬謖を重く用いらないようにと諸葛孔明に忠告していたと思われます。劉備は馬謖が嫌いであのようような発言を諸葛孔明にしたのではなく、それなりに理由がって彼が馬謖にしたのだと思うのですが、皆さんはどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

劉備は馬謖が嫌いで諸葛孔明に忠告したわけではないとレンは考えます。もし劉備が馬謖を嫌っていたならば、劉備に加入することが出来なかったのではないのでしょうか。また劉備が馬謖を登用した後に彼を嫌いになったとしても、馬謖を追放してしまえばいいだけです。

 

劉備がこれらを馬謖にしなかったのは彼が嫌いだったわけではない証左と言えるのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬謖はどうして劉備時代に活躍しなかったの!?

関連記事:【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孫権に諫言する陸瑁 陸抗と孫権の間に遺恨は残らなかったの?二人のエピソードを紹介
  2. 魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路
  3. 朱然によって捕まる関羽 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武…
  4. ゆるい許褚 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  5. 幕末 魏呉蜀 書物 四部分類って何?中国で醸成された目録学をご紹介
  6. 張遼・楽進・李典 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  7. なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理
  8. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  3. 李儒と三国志
  4. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

おすすめ記事

  1. 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する? 賈詡
  2. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る!
  3. キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー
  4. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  5. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに? 野望が膨らむ鍾会
  6. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?

三國志雑学

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. 馬超と韓遂
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 趙雲が人気の理由
  2. 平野国臣
  3. はじめての三国志
  4. 愛馬に乗る張遼

おすすめ記事

【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? 真田丸 武田信玄 武田信玄のご先祖様は?甲斐の虎のルーツに迫る 項羽 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 廃藩置県とは?中央集権国家を目指した改革を分かりやすく解説 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ! 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた 周瑜 死 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その3「疎開の旅」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP