ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

邪馬台国

邪馬台国女王・卑弥呼の男弟の正体とは?ツクヨミ(月読命)との関係性

勾玉を持っているツクヨミ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

コーノヒロ(はじめての三国志ライター)

 

こんにちは。古代史ライターのコーノヒロです。

 

今回は、邪馬台国(やまたいこく)女王・卑弥呼(ひみこ)追従(ついじゅう)していた、男弟の正体について探っていきたいと思います。卑弥呼の側近として、常に寄り添い、表に顔を出さなかった卑弥呼の代わりに、表に出て、卑弥呼の言伝てという形で、民衆に伝え、政治を取り仕切っていたのは、何を隠そう、その男弟なのです。

 

事実上の王の役割を果たしていたのではないかと推測する説も目にします。ということは、以前の記事で紹介した、重臣・難升米(なしめ)についての説と相反することになってきますね。

 

以前、紹介した説では、難升米邪馬台国の総理大臣的な立場だったかもしれないという説でした。

どういうことでしょうか?

 

新たな謎がでてきましたね。詳しく見ていきましょう。

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

関連記事:松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

 


 

アマテラスのもう一人の兄弟神

アマテラス(古事記)

 

以前からの説で

卑弥呼はアマテラスのモデルだったかもしれないことを紹介してきました。

 

今回もこの説に基づき、話をしていきますと、アマテラスには、弟がいました。

 

有名なスサノオです。

 

スサノオが草薙の剣でヤマタノオロチを倒す(古事記)

 

ヤマタの大蛇を倒した英雄でもあり、荒ぶる王としても伝わっていて、

前々からお話しているのは、そのスサノオが、古代出雲王国の初代国王であり、また、卑弥呼に敵対した、狗奴国を統率した、卑弥弓呼(ひみここ)の正体だということです。

 

つまり、スサノオは、卑弥呼(アマテラス)の弟でありながら、邪馬台国ではない、別の国の国主であったということです。ですから、スサノオは卑弥呼に追従していた、男弟ではないということが、はっきりしているのです。

 

そこで、注目したいのは、アマテラスの兄弟はスサノオ以外にもいたという事実なのです。

それがツクヨミ(月読命)です。

 

ツクヨミは、アマテラスの弟で、スサノオの兄にあたる神として、「記紀」(『古事記』・『日本書紀』)に登場します。

夜を統べる月の神として記述され、太陽の神のアマテラスに相対的で、陰の存在と伝わっている印象です。

 

アマテラスやスサノオと並び、「三神」や「三貴子」と称されて、敬われています。ただ、アマテラスやスサノオと違い、それら「記紀」などの話には、登場する場面が限られている印象です。

 

しかし、

アマテラスの弟神ということは、卑弥呼の男弟と言えないでしょうか?ということなのです。

 


 

ツクヨミは天皇?

 

ここで、ツクヨミについて書かれた興味深い説をご紹介します。それは『ツクヨミ秘された神』(戸矢学 著/河出書房)の中の説です。

 

 

これによると、

 

桓武天皇 

 

ツクヨミは天武天皇(てんむてんのう)(天武帝)がモデルだというのです。

天武天皇と言えば、邪馬台国の卑弥呼統治時代から約400年の時を経た後の飛鳥時代の天皇ですね。

武帝は、大和朝廷を二分した「壬申の乱(じんしんのらん
)
」という天下分け目の戦を制し、天皇に即位した人物です。

 

又、日本史上初めて、天皇の称号を使い始めたとも伝わっています。

 

さらに大きな功績として、天武帝の命で編纂された「記紀」(『古事記』と『日本書紀』)があります。

これは、神話性の富んだ、日本史の歴史書とも伝わっていますね。

 

そして、その「記紀」の成立目的とは、国内外に、天皇の威厳を見せつけるものであったとも言われています。

 

そのために、天武帝の時代にも偉大な女王として伝わっていた、邪馬台国の女王・卑弥呼を太陽神アマテラスに置き換え、天武帝は自身を、月の神で、月の皇子のツクヨミに同化させる書き方をしたというのです。

 

つまり、天皇=ツクヨミですから、天皇は、太陽神のアマテラス(卑弥呼)を支える存在と解釈していたということでしょうか。

 

ただ、天武帝の次代の持統天皇(持統帝)[天武帝の妃]は、天皇そのものが、女王・卑弥呼(アマテラス)に置き換えられ、皇子や別の大臣等がそれを補佐するツクヨミに置き換えられたと解釈できるようです。

 

そして、その持統帝以降、孝謙天皇(称徳天皇)の時代まで、約80年に渡り、4名の女性天皇が輩出されることになったのは、編纂されたばかりの「記紀」に登場するアマテラス(卑弥呼)への意識が強く働いたと見てよいのでしょう。

 

 

女帝=アマテラス(卑弥呼)=太陽神

であり、それを補佐するのが皇子や大臣などの男=ツクヨミ=月の神(月の皇子)なのです。

 

 

太陽と月は、表裏ですが、一心同体で切っても切れない関係と見られてきました。その関係を当時の大和朝廷の権力組織の型として求められたのでしょうか。

 


 

邪馬台国の内務大臣だったツクヨミ?

勾玉を持っているツクヨミ

 

それでは、ツクヨミの実際のモデルとは何者だったのでしょうか?先述のように、卑弥呼の男弟で、邪馬台国諸国連合の政治を、表で取り仕切っていた人物として推測されますが、はっきりとした名前は分かっていないようですね。

 

ただ、ここで新たな疑問として浮上するのが、邪馬台国の重臣・難升米の役割はどうであったのか?ということです。難升米と言えば、以前の記事で、邪馬台国の総理大臣的な立場だったのではないかとの話をしました。

 

そのことは、作家の松本清張(まつもと せいちょう)が過去に指摘しています。しかし、先述のように、女王・卑弥呼の男弟が、ツクヨミのように月影の存在で、卑弥呼を支えたのなら、その男弟「ツクヨミ」が、むしろ総理大臣とも言えそうです。

 

とすれば、おそらく、難升米は、北九州の大宰府あたりに滞在し、外交に専念していた可能性が高いでしょう。つまり、難升米は邪馬台国の外務大臣的な立場であったと言えるでしょうか。

 

比べて、卑弥呼の男弟「ツクヨミ」は、総理大臣あるいは、内務大臣と言ってよいでしょう。

そして、カリスマ的な象徴として、女王・卑弥呼が頂点に君臨していたのでしょう。

 

と、ここまでお話しますと、この三人の人物の関係から「三種の神器」の原点が見えてきましたね。

 

それは、卑弥呼(アマテラス)は鏡で、男弟(ツクヨミ)は勾玉で、難升米は剣ですね。邪馬台国の卑弥呼女王統治時代の権力中枢の三人の役割が、三種の神器に表象化されるようになったのだと推測できるでしょう。


  

 

 

終わりに

コーノ・ヒロ(はじめての三国志ライター)

 

しかし、そうだとすると、難升米が剣の象徴だということですから、アマテラスの実の弟のスサノオはどこにいったのでしょうか?という疑問が浮かびます。

 

次回は、その疑問についてと三種の神器の秘密についてをお話したいと思います。

お楽しみに。

 

【参考文献】

新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝―中国正史日本伝〈1〉 (岩波文庫)

ツクヨミ 秘された神 (河出文庫)

吉野ケ里と邪馬台国―清張 古代游記

古代出雲を知る事典

新訂古事記―付 現代語訳 (1977年) (角川文庫)

日本書紀(上)全現代語訳 (講談社学術文庫)

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】

関連記事:卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 

 

 

コーノ・ヒロ

コーノ・ヒロ

投稿者の記事一覧

歴史好きのライターです。
福祉関係の仕事をしつつ、物書きの仕事も色々としています。

小説や詩なども、ときどき書いています。
よろしくお願いします。

好きな歴史人物

墨子、孫子、達磨、千利休、良寛、正岡子規、

モーツァルト、ドストエフスキー など

何か一言

歴史は、不動の物でなく、
時代の潮流に流される物であると思っています。

それと共に、多くの物語が生まれ、楽しませてくれます。

関連記事

  1. スサノオノミコト(日本神話) 邪馬台国VS狗奴国の戦乱後、 狗奴国の存在は?スサノオはどうな…
  2. 曹爽と卑弥呼 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?
  3. 狗奴国の王・卑弥弓呼 卑弥弓呼とはどんな人?狗奴国の王であり邪馬台国の抵抗勢力を解説
  4. 難斗米(なしめ) 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  5. 邪馬台国と卑弥呼軍 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの?
  6. ニギハヤヒ(日本神話) 【日本神話の逆襲】ニギハヤヒは出雲王国復興の為に邪馬台国を滅ぼし…
  7. 邪馬台国と卑弥呼軍 壬申の乱の内幕、皇位継承を巡る日本古代史上の最大の内戦を解説(第…
  8. 狗奴国は邪馬台国と対立 狗奴国とはどんな国?邪馬台国の卑弥呼に抵抗した国を分かりやすく解…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蔣琬(しょうえん)
  2. 司馬懿と曹爽
  3. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  4. 赤兎馬と武霊王
  5. 正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう)
  6. 司馬懿と曹操
  7. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  8. 軍師孔明
  9. 十常侍(宦官)

おすすめ記事

  1. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官 陳登を救うために曹操に会見する陳矯(ちんきょう)
  2. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想 敗北する桓騎
  3. 劉備は諸葛亮まで保証人にした借金大王だった 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
  4. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!? 魏曹操と魏軍と呉軍
  5. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い! 曹操
  6. キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!

三國志雑学

  1. 朝まで三国志の公孫瓚
  2. 朝まで三国志 劉備
  3. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  4. 孔明のテントがある野外のシーン
  5. 曹丕


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 騙し合う呂布と袁術
  2. 宴会マナーと酒(古代中国)
  3. 曹操と郭嘉
  4. 大久保利通 幕末
  5. apple podcast 引用
  6. 呂布VS劉備三兄弟
  7. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン

おすすめ記事

袁術と劉繇 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯 キングダム53巻 キングダム590話ネタバレ予想vol2「最終決戦で飛信隊に死者が出る?」 卑弥呼 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志3月号」2月25日(月)に出版決定 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか? 孫権 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権 賈詡(賈ク) 賈詡が李傕を有名人へと押し上げたアドバイスとは!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP