三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

南北宋

李元昊とはどんな人?西夏の初代皇帝にして同王朝随一の名君を紹介

李元昊




 

西夏の旗の兵士

 

西夏(1038年~1227年)は現在の中国の甘粛省・寧夏回族自治区に建国されていた王朝です。通称タングート族と呼ばれています。当時、中国を支配していた北宋(960年~1127年)と対立関係にありました。

 

現在の世界史の授業では少し学習する程度で、あまり印象に残らない単語です。私が高校時代に学習した時も1度聞いたら、もう2度と習いませんでした。さて、今回は高校世界史で唯一、学習する李元昊(りげんこう)という人物について解説致します。

 

自称・皇帝
当記事は、
李元昊
西夏 初代」
西夏 皇帝」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:宋代の文学作品『宋名臣言行録』とは?分かりやすく解説

関連記事:貨幣や紙幣は宋代に誕生したの?宋代の経済生活を分かりやすく解説

 

 

父のやり方に反対する

 

李元昊は北宋第3代皇帝真宗(しんそう)の咸平6年(1003年)に生まれました。生まれつき性質は雄々しく、きかぬ気が強く、計略に長じていました。また、教養もあり仏教・法律・語学に長けていました。生まれつきの天才肌のようです。

 

祖父は李継遷(りけいせん)、父は李徳明(りとくめい)と言います。祖父の李継遷は北宋に対して何度も反乱を起こしており、北宋は対応に手を焼いていました。しかし、度重なる戦で李継遷は負傷して傷がもとで亡くなりました。

 

李元昊の父の李徳明は、北宋に対して反乱を起こさずに恭順の態度をとりました。おかげで、タングート族は栄えましたが李徳明の息子の李元昊はこれを不満に思っていました。

 

一方、父の李徳明も息子の態度を戒めました。(翻訳は現代の人に分かりやすくしています)

 

「我らタングート族は戦争で疲れている。だが、今はこうやって立派な衣服を着て過ごすことができる。これもみんな中国のおかげだ」

 

李元昊は父のへりくだった態度にあきれて言い返しました。

 

「父上、タングート族は毛皮を衣服として牧畜生活をしているのです。英雄として生まれた以上は王覇の大業を成し遂げるべきです。立派な衣服を着ることに何の必要があるのですか?」

 

李徳明の死後に、李元昊は父の後を継いで独立しました。

 

 

西夏の建国

李元昊

 

北宋第4代皇帝仁宗の明道元年(1032年)に李元昊はタングート族は中国から独立する決意を固めます。元号も定めて、「顕道」にしました。さらに、軍事・官制・文字も制定しました。

 

李元昊は最初にウイグル族を打ち破り交通の要所を確保しました。そして、仁宗の宝元元年(1038年)に李元晃は皇帝に即位しました。国号は「大夏」としました。中国の夏王朝と区別するため、現在は「西夏」呼ばれています。

 

【シルクロードの覇者・西夏王朝】
北宋・南宋

 

西夏戦争

 

李元昊の即位を聞いた北宋は経済封鎖を行い、これまでの爵位を全て取り上げました。これを耳にした李元昊は憤慨して次のような言葉を残しています。(翻訳は現代の人に分かりやすくしています)

 

「タングートはタングート、中国は中国だ!タングートが自ら皇帝や王と称しようが、宋の知ったことではない。他人事に干渉するにもほどがある!」

 

これこそナショナリズムを持った立派な人物です。この後、すぐに北宋と西夏の間で戦争が始まりました。西夏の騎馬隊の前に北宋は次々と敗北しました。北宋は建国以来、平和が続いたので戦争に慣れていなかったのです。

 

慶暦の和約

 

しかし最初は勝利をしていた西夏でしたが、時が経過するにつれて弱体化していきました。北宋は西夏に対して経済封鎖をしていたので、物資が乏しくなったのです。また、北宋は得意の籠城戦に持ち込んだので、西夏の得意としている騎馬戦が思うように出来なくなりました。

 

仁宗の慶暦4年(1044年)、7年間戦った末に両国が出した結論は和睦でした。この和睦を〝慶暦の和約〟と言います。交渉の結果、北宋は西夏に対して毎年貢物を差し出すことになりました。戦争に勝利は出来ませんでしたが、李元昊は外交面において勝利を勝ち取ることに成功しました。

 

晩年の悲劇

 

ところが、名君の李元昊も遂に悲劇が訪れます。戦争後は酒に溺れてしまい、皇后や皇太子を廃したので国内の治安は乱れました。その結果、仁宗の慶暦8年(1048年)に廃された皇太子により殺されました。

 

46歳の若さでした。

 

宋代史ライター 晃の独り言

晃(あきら)akira

 

こうして見ると、李元昊の性格は最初はやる気満々ですが、ある程度行うと萎えてしまうタイプです。この点は後唐(923年~936年)の荘宗(しょうそう)とよく似ています。どんな仕事も最後まで気を抜いてはいけませんね(笑)

 

関連記事:【宋代の文化】宋代の3大発明を分かりやすく解説

関連記事:宋代の青磁と骨董マニアの宦官・童貫の生涯

 

【滅亡から読み解く宋王朝】
北宋・南宋

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 趙匡胤は北宋の初代皇帝 趙匡胤ってどんな人?豊臣秀吉のように民衆に愛された皇帝
  2. 岳王廟 wikipedia 岳王廟は恐怖の心霊スポットなのか?岳飛廟を分かりやすく紹介
  3. 岳飛(南宋の軍人) 岳飛の死後の南宋官界の状況はどうなったの?岳飛の死に影響はあった…
  4. 【保存版】岳飛を映画化したオススメ作品5選
  5. 幕末 魏呉蜀 書物 科挙をカンニングで乗り切れ!あの手この手を紹介
  6. 徽宗は北宋の第8代皇帝 【北宋】徽宗皇帝ってどんな人?Mrノープラン国を滅ぼした第8代皇…
  7. 宋代の公務員試験である科挙 科挙問題文を紹介!あなたには解ける?
  8. 岳雲 岳飛の子孫にはどんな人がいるの?子供や孫、子孫たち一覧

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 難斗米(なしめ)
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 【11月の見どころ】11/23〜28日まで「戦国のパイオニア北条早雲」の特集
  2. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  3. 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち? 成廉、魏越、呂布
  4. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの?
  5. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達
  6. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 張飛が使う蛇矛
  3. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  4. 熱血曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宦官
  2. 周瑜 死

おすすめ記事

奮闘する黄蓋 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ 甘露寺 十字紋石 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの? 【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れません! 狗奴国は邪馬台国と対立 狗奴国とはどんな国?邪馬台国の卑弥呼に抵抗した国を分かりやすく解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP