コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀が比叡山焼き討ちを計画していた!織田信長が躊躇するほど徹底した光秀

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀




馬に乗って戦う若き織田信長

 

比叡山延暦寺(えんりゃくじ)。この場所は最澄(さいちょう)というお坊さんが建立したお寺で、その後多く名僧を輩出したことで有名です。織田信長(おだのぶなが)明智光秀(あけちみつひで)が活躍していた戦国時代。

 

比叡山は僧侶が武装化し、織田信長と敵対していましたが、織田信長の攻撃を受けて比叡山の僧侶や僧兵が殺害されます。比叡山はさらに織田信長の攻撃を受けて燃やされ、京都からも比叡山炎上の炎が伺えたそうです。

 

比叡山焼き討ちは織田信長が計画して実行したとされるのが通説ですが、実はこの作戦を計画したのは織田信長ではなく明智光秀だったのです。

 

関連記事:明智光秀の治水が現在でも残っていた?福知山市で行われていた治水事業

関連記事:明智光秀は斎藤道三がいなければ歴史に名前が刻まれなかった?その理由は?

 

 

通説の比叡山焼き討ち作戦

キレている織田信長

 

織田信長は朝倉義景(あさくらよしかげ)浅井長政(あざいながまさ
)
を援助していた比叡山の軍事力を無力化させるため自ら軍勢をひきいて比叡山を包囲。その後織田信長は池田恒興(いけだ つねおき
)
の進言を用いて元亀二年(1571年)9月12日、比叡山へ総攻撃を行います。

 

通説はこの比叡山総攻撃の前に明智光秀が織田信長へ「比叡山は歴史あるお寺です。攻撃するのはやめたほうが良くないですか。」と反対意見を述べていたそうです。しかし織田信長は明智光秀の進言を取らず、比叡山を焼き討ちし、武装化していた僧兵たちを皆殺しにしたのが通説です。

 

しかしこの説は研究の成果により、織田信長が比叡山焼き討ちを計画していたのではなく、明智光秀が比叡山を焼き討ちする計画を持っていたことが判明したのです。

 

 

明智光秀が比叡山焼き討ち作戦を考えていた

裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

 

明智光秀は金ヶ崎の退却戦から帰還すると織田信長と一緒に坂本へ向けて出陣することになります。その後明智光秀は年始の挨拶にやってきた細川藤孝へ「今年山門(比叡山のこと)を滅ぼそうと思っているんだけどどう思う」と提案。

 

細川藤孝は明智光秀の提案について何も返答をすることなくそのまま去ったそうです。上記のことから明智光秀が比叡山に積極的な姿勢を見せていたことがお分かりになると思います。

 

他にも明智光秀が比叡山焼き討ちに積極的な姿勢を見せていることが分かるモノがあるので紹介しましょう。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

「殲滅するべし」と書かれた手紙が見つかる

織田信長

織田信長

 

明智光秀は比叡山焼き討ちを積極的に行おうとしていた事が分かる手紙が見つかりました。明智光秀は和田氏へ送った手紙によれば「仰木の事は撫で斬りにするべし。このことはすぐに実現できるであろう」と記しているのです。

 

仰木とは比叡山横川から琵琶湖側に抜けたところの麓に位置しており、比叡山の領域にある土地です。さらに明智光秀は比叡山皆殺しはすぐに実現できると書いています。このことから明智光秀が比叡山焼き討ちに積極的な姿勢を見せていたことの証左と言えるでしょう。

 

では織田信長は比叡山焼き討ち作戦に対してどのような態度を取っていたのでしょうか。

 

織田信長のためらい

鼻をほじりながら無関心な織田信長

 

織田信長は比叡山焼き討ちに明智光秀ほど積極的な姿勢を見せていませんでした。

 

その証左として織田信長は吉田兼見(よしだ かねみ)へ「奈良(南都)が果てれば(松永久秀(まつなが ひさひで
)
の東大寺焼き討ちによる焼失)、比叡山(北嶺)も滅亡する。そうなれば京にも災が及ぶと言う君の父が唱えていた事は本当か」と相談しています。

 

このことから織田信長が比叡山焼き討ちに消極的だったことが伺えます。そして比叡山焼き討ち作戦は織田信長が積極的に行った通説と真逆になっていたと考えられるのではないのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

明智光秀は比叡山焼き討ち作戦の後に志賀郡5万石を織田信長からもらっています。さらに明智光秀は比叡山が保有していた寺領を手に入れることにも成功。

 

明智光秀はこれらの報酬を手に入れるため、比叡山焼き討ちを行いたかったのではないのでしょうか。

 

上記の事を考えると比叡山焼き討ち作戦は明智光秀が積極的に計画し、織田信長は渋々明智光秀の作戦を採用したのが正しいように思えるのですが、どう思いますか。

 

■参考文献 明智光秀残虐と謀略

 

関連記事:明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは?

関連記事:明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 





黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 餓えた農民(水滸伝) 戦国時代の農民の暮らしは超スパルタで戦闘的だった?
  2. 本多忠勝 本多忠勝の身長はどれくらい?愛用の蜻蛉切や黒糸威胴丸具足から身長…
  3. 上杉謙信 上杉謙信は温泉が大好きだった!上杉謙信が愛した隠し湯 3選
  4. 合戦シーン 名もなき雑兵が語る戦国のリアル【雑兵物語】
  5. 尼子晴久 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  6. 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当?
  7. 武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く
  8. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 典韋にボコボコにされる成廉
  3. 楊儀と魏延
  4. 孔明
  5. 年越しそばを食べる馬謖
  6. 城 銅雀台
  7. 劉邦をなだめる陳平と張良

おすすめ記事

  1. 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る! イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍船
  2. 阿部正弘の死因は何?ストレスに倒れた若きイケメン老中首座
  3. 李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト 孔明君のジャングル探検
  4. 趙雲と劉備は固い絆で結ばれていた?義兄弟も嫉妬するほどの二人の絆を紹介 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  5. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女 楊貴妃
  6. 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る 甘寧に殺されかける料理人

三國志雑学

  1. 馬超の兜にフォーカス
  2. 程昱(ていいく)
  3. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  4. ミニチュアで遊ぶ董卓


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  2. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操
  3. 孔明
  4. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后
  5. 野球をする呂布、孔明、劉備

おすすめ記事

よかミカンさん はじめての三国志ライター 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年12月5日〜12月14日) 孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの? まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 井上馨の汚職事件から考える日本の政治とカネ! 中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは? 孔明の留守宅の壁に長々と漢詩を書いて汚す劉備 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの? キングダム 【キングダム540話】休載祭りリターン!今度は壁が大活躍?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP