夷陵の戦いで戦死した将軍や主要人物は誰なの?分かりやすく解説


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

夷陵の戦いで負ける劉備

 

三国志(さんごくし)の中でも終盤の戦い、そして(しょく)が終わりを迎える原因ともなった戦いが「夷陵の戦い(いりょうのたたかい)」。

 

弩(ど)を発射させる蜀兵士達

 

この戦いでどんな人物が戦死したか皆さんは知っていますか?

今回は夷陵の戦いでの主要人物で、戦死した人たちを紹介していきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「夷陵の戦い 戦死」
「夷陵の戦い 将軍」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

関連記事:甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王

 


 

夷陵の戦いで戦死した人たちはどれだけいたのか?

劉備と孫権

 

夷陵の戦いでは蜀軍(しょくぐん)呉軍(ごぐん)が戦いました。

その中でまず蜀軍の戦死した主要人物たちを見ていきます。

 

馮習(ふうしゅう)

王甫(おうほ)

張南(ちょうなん)

傅彤(ふとう)

馬良(ばりょう)

沙摩柯(しゃまか)

程畿(ていき)

 

この7名が戦死した将軍たちです。

またこれ以外に6名が()に降伏しています。

 

劉備

 

夷陵の戦いに参戦している蜀の主要人物は20名ほどなので、半分以上の主要人物が失われました。

人数だけで見ると少なく見えますが、部隊を率いている将軍が戦死しているということはその部隊の人たちは全滅していると言っても過言ではないので、どれだけ被害が大きいか想像できると思います。

 

次にこの人たちがどんな人なのかも紹介していきましょう。

 


 

戦死した中でも重要な人物だった「馮習」

 

「馮習は領軍将軍に任命され諸軍を指揮した」とされているので夷陵の戦いの指揮官はこの馮習(ふうしゅう)となります。

しかしこの名前、聞いたことがないですよね?

 

こんな大きな戦いの指揮官になっていますが、なんと正史でもここが初登場。三国志演技でも出番はなく、いきなり出てきていきなり負けてしまって死んでしまうという謎の武将。

 

表情 劉備

 

これは想像ですが、夷陵の戦いの大敗北の原因として劉備(りゅうび)の名前を挙げにくいので、指揮官だった馮習に責任が被せられたのではないでしょうか。

そう思うと戦死しているのも相まって、何とも扱いが不幸な武将ですね。

 

ではそれ以外の人たちも簡単に紹介します。

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記


 

他の戦死した人たちはどんな人だった?

兵士と戦術

 

王甫

 

王甫(おうほ)はとても男前で政治手腕に優れるだけでなく、他人を批評する目も優れていた人物です。

三国志演技でも関羽(かんう)の補佐官を務めて進言するなど、頭が良く鋭い観察眼を持った人として書かれています。

 

張南

 

張南(ちょうなん)は劉備が荊州(けいしゅう)を治めた頃から仕えていた家臣の一人で、夷陵でも劉備の副将として戦いました。

馮習と共に戦い、戦死しています。

 

傅彤

 

傅彤(ふとう)は退却する劉備の殿を務めて、劉備を無事に逃がしました。その後、呉の降伏勧告に「漢の将軍が呉の狗に降れるか」と言い返して戦死を選びました。

演技でもこの言葉が取り上げられていて、忠義と男気に溢れた武将として書かれています。


  

 

馬良

馬良

 

馬良(ばりょう)は特に優れた人間を「白眉(はくび)」という故事がありますが、その元になった人物です。眉に白い毛が混じっている馬良は優秀な五人兄弟の中でも最も優れていた所から来ています。

 

馬良って何した人だっけ

 

夷陵の戦いでは異民族を引き連れて援軍に来ましたが、呉の勢いには及ばず戦死。因みに何故か三国志演義では夷陵では戦死していないにも関わらず、この後の南蛮(なんばん)の戦いの直前にいきなり「そう言えば馬良は病死しました」と思い出したように語られます。

 

沙摩柯

沙摩柯

 

沙摩柯(しゃまか)は異民族の王…とされていますが、どのような人物かはあまり伝わっていません。

正史三国志では呉の陸遜伝(りくそんでん)で斬首になったと記載されているのみです。

 

程畿

 

程畿(ていき)豪放磊落(ごうほうらいらく)な快男児とされていて、呉軍と船上で戦いましたが敢え無く戦死しました。

 

こうしてみるとどうも知らない、聞いたことがないような人たちばかりですね。というのも全員此処で死んでしまうから、その後の活躍が残っていないのです。

 

馬良と孔明

 

恐らく蜀軍は後任育成のためにできるだけ今までに功績を挙げていない武将たちを引き連れ、戦ったのではないでしょうか。

 

そのためによりにもよってここで戦死してしまうことになるだけでなく、蜀の未来もほぼ潰えてしまうだから歴史というのはターニングポイントが色々な所に潜んでいると思います。

 

では蜀に対して呉軍ではどんな主要人物が戦死したのか、それも見ていきましょう。

 

呉の人たちの中ではどんな主要人物が戦死したのか?

解煩督 呉

 

これまでに説明したように、蜀軍では主要人物が多く戦死しています。

では呉軍ではどんな主要人物が戦死したかというと、実は将軍に当たるような重要人物は戦死していないのです。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

呉主伝では「斬首したり投降してきたりした者は数万にのぼった」と書かれるほど多くの犠牲を出した夷陵の戦い、しかし呉の主要人物は戦死無し、一般兵の被害も最小限で済んでいます。

 

このことから夷陵の戦いでどれだけの被害を蜀は被ったのか、そしてそれが原因でもう戦うだけの力をなくしてしまったのかが分かりますね。

そしてこの後、劉備も病死、蜀はじわじわと衰退していってしまうのです。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン

 

夷陵の戦いで戦死した主要人物たちは、現代から見ればそれほど有名な武将たちではありません。ですがそれはこの戦いで戦死してしまったからで、この戦いを勝ち抜くことができたなら優秀な武将たちとして名前を残すこともできたでしょう。

 

しかし実際にはここで戦死してしまったから、蜀の今後を任せられる人たちもいなくなってしまった…夷陵の戦いはただ蜀が負けただけではなく、蜀のその後も大きく変えてしまう「敗北」になった戦いだったということが戦死してしまった人たちから読み取ることができるのではないでしょうか。

 

参考記事:https://ja.wikipedia.org/wiki/夷陵の戦い

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労

関連記事:【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

【動画】赤壁の戦いが盛られている4つの理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 蒼天航路
  2. 劉禅を説得する張嶷
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 沮授
  5. 袁術 袁紹
  6. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP