キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

この記事の所要時間: 241

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

劉備(りゅうび)の義兄弟の関羽(かんう)を呉の呂蒙(りょもう)に討ち取られ、

弟分の張飛(ちょうひ)も部下の裏切りにあい、

張飛を暗殺した部下も呉に降った事から劉備の怒りはマックスに到達。

 

重臣の孔明(こうめい)趙雲(ちょううん)などの反対を押し切って劉備自ら呉討伐に向かいました。

 

 

呉と蜀の無意味な戦争

霊帝 墓

 

怒りが収まらない劉備の士気は非常に高く

あまりの士気の昂ぶりに呉の孫権(そんけん)も魏・曹丕に帰順を申し入れ、

魏も帰順を受け入れました。

 

これで呉・孫権は魏から襲われる危険がなくなったので

蜀対策に全力を注げるようになります。

 

この時、蜀と呉が戦争をして一番笑ったのは魏・曹丕でしょう。

なにせ2カ国が無駄に国力を削り合う事になり、

呉にとっても蜀との戦争は至ってナンセンスでした。

 

しかし弟の仇討ちを果たしたい劉備は、国が傾く程の兵士と兵糧を用いて東征しました。

 

五渓蛮(ごけいばん)が蜀軍に参戦、その理由とは?

東南 s

 

劉備の呉討伐に呉の大都督に任命された陸遜(りくそん)も劉備軍の先鋒隊に歯が立たず劉備は呉の領域に進み続けていた所、

武陵(ぶりょう)の五渓蛮(ごけいばん)の使者が劉備軍に訪れて出兵を要請してきました。

 

五渓蛮は長年、呉の圧力に苦しんでおりこの機会に蜀の勢いに任せて共に呉を滅ぼそうと考えていました。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

 

馬良を武陵(ぶりょう)に派遣

森 s

蜀・劉備軍は更に呉に侵入し、馬良を武陵(ぶりょう)に派遣。

五渓蛮(ごけいばん)に蜀の印綬を授け、これにより異民族の五渓蛮を配下に加え

蜀の戦力は更に巨大になってきました。

 

呉は長江下流に住んでいる異民族・山越(さんえつ)を長年相手をしていた事から中原進出の機会を無くしてしまう程、

呉は山越との戦いに忙殺されていました。

 

更に今回は中流の南蛮が蜀軍に加わり、

流石の孫権も怖気ついたのが目に浮かびます。

 

関連記事: 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

 

沙摩柯(しゃまか)の参戦

沙摩柯

 

武蛮族(ミャオ族)の王である沙摩柯(しゃまか)

蜀軍に加わり各地で呉軍を撃退し大活躍をしました。

 

ちなみに三国志演義では、

沙摩柯の顔は真っ赤で青色の目を鋭く輝かせて愛用の武器:鉄疾黎骨朶を片手に、

左右の腰には弓をつけた、「いかにもオラは異民族ですよ」という姿で蜀軍に加わっています(笑)

 

正史でも沙摩柯は蜀軍として参戦し大いに活躍をしています。

 

 

沙摩柯、甘寧を討ち取る

甘寧 ゆるキャラ 三国志

呉はかつての危機に見舞われ、

病気で倒れていた甘寧も已む得なく出陣する事になりました。

 

そして猇亭の戦いで甘寧(かんねい)と沙摩柯は激突し、

沙摩柯が甘寧の頭に矢を射当て甘寧を討ち取りました。

 

しかし、甘寧の部下の周泰に出くわし20合余り打ち合うが惜しくも斬り殺されました。

 

関連記事:あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

関連記事:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

 

実際の正史では甘寧も沙摩柯に討ち取られたの?

甘寧 裏切る ゆるキャラ

甘寧の死因や没年は正史には記録されていません。

 

沙摩柯に討ち取られたのはあくまでも演義での話であり、

実際は病死した可能性が非常に高いです。

甘寧ファンからしたら演義では武蛮族の王・沙摩柯に討ち取られるの納得いかないでしょう(笑)

 

 

沙摩柯の最期

炎 s

 

演義と正史ともに、夷陵の戦いで劉備軍は陸遜の火攻めで敗北。

沙摩柯も斬首されました。

 

 

呉は陸遜の活躍で滅亡を回避

東方 三国志

 

呉は陸遜の活躍で蜀との戦争に勝ち、国家の滅亡を回避する事が出来ました。

夷陵の戦いでは武蛮族も蜀軍に参戦と、魏の曹操同様、

呉もますます背後の異民族に今後も悩まされる事になりました。

 

 

呉は五渓蛮の討伐に3年9ヶ月も費やす

三国志 邪悪

 

夷陵の戦いで蜀軍に参戦した五渓蛮は231年2月にも大規模な反乱を起こしたと記録に残っています。

 

この時に孫権から信頼が熱かった潘濬(はんしゅん)を異民族鎮圧の将軍として抜擢。

 

潘濬(はんしゅん)は5万の兵を率いて出陣したが鎮圧するまでに

3年9ヶ月も歳月を費やし呉は莫大な戦費も費やすことになりました。

 

この事から敵は三カ国(魏・蜀・呉)だけではなく、

異民族の反乱や時には味方につけたりと三国時代でも異民族の存在はとても重要だったのです。

 

三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 


 

 

こちらの記事もよく読まれています

赤兎馬 草原

 

よく読まれてる記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

 

植物 s

 

よく読まれてる記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

 

ハイビスカス s

 

よく読まれてる記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

 

この記事を書いた人:おとぼけ

スタッフおとぼけ

 

こんにちは、「はじめての三国志」代表のおとぼけです。

多くの方に三国志の魅力を知ってもらいたい為、ライターさん、ナレーターさん、映像クリエイターさん、

webデザイナーさんなど優秀な人材集めに力を入れています。人材マニアのなんちゃって曹操たいぷ。。

関連記事

  1. 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲し…
  2. 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?
  3. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  4. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  5. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  6. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  7. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  8. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  2. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  3. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏
  4. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  5. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ
  6. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの? 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった! 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの? 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった

おすすめ記事

  1. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  2. 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」
  3. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  4. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  5. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  6. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る
  7. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  8. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP