ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

水野勝成の逸話とは?戦国時代のフリー武将の逸話を紹介

水野勝成


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

水野勝成

 

現在、働き方改革でフリーランスという働き方が注目されています。

戦国時代の武将は戦国大名に一生仕えるのが慣習となっていますが、現代のフリーランスに近い戦国大名がいました。

 

今回はフリーランスの戦国武将・水野勝成(みずのかつなり)について取り上げます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「水野勝成 逸話」
「水野勝成 雑学」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

関連記事:これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!

 


 

水野勝成の生い立ちとフリーになった動機

 

水野勝成は1564年に生まれました

 

勝成の父は徳川家康(とくがわいえやす)の母の弟に当たる人物で、家康とは親戚関係にあります。16歳のときに遠江にあった高天神上を攻めました。

これが勝成の初陣となり、勝成の父が織田信長(おだのぶなが)の家臣となりました。

 

この後にも高天神上で戦いがありましたが、水野勝成は活躍し、織田信長から感謝状と刀を受け取ったと言われています。本能寺の変以降、水野勝成は父とは別に徳川家康の軍勢に加わります。

 

小牧長久手の戦いでは、水野勝成は豊臣秀吉(とよとみひでよし)の味方についた父と戦うことになりました。勝成は徳川家康の軍勢として豊臣秀次(とよとみひでつぐ)の部隊を攻撃しました。

この戦いにおいて、水野勝成は父の家臣を斬殺しましたが、この斬殺がきっかけで水野勝成は勘当されました。

 

黒田官兵衛

 

この勘当により佐々成政(さっさなりまさ)小西行長(こにしゆきなが)黒田官兵衛(くろだかんべえ)など様々な武将に仕えるフリーランスの戦国武将となりました

 


 

フリーランスの戦国武将水野勝成が仕えた戦国武将とは?

 

父親に勘当された水野勝成は牢人としての生活を送ることになりました。数多くの武功を上げていたため、多くの武将から声をかけられていたと言われています。

 

数多く声のかかった武将の中で、最初に仕えたのは佐々成政です。当時、佐々成政は肥後国の熊本城主でした。佐々成政の家臣として1000石で召し抱えられました。勝成は肥護国の一揆の鎮圧に貢献しました。

 

佐々成政は切腹することになり、水野勝成は佐々の後に熊本城の城主になった小西行長に仕えました。佐々成政の後、豊前国の黒田官兵衛に仕えます。

 

黒田官兵衛のもとを離れると、熊本城主となっていた小西行長の家臣として1000石で召し抱えられました。小西行長のもとを去った後、加藤清正(かとうきよまさ)立花宗茂(たちばなむねしげ)など有力武将に仕えますが、短い期間で出奔しました。


 

勘当が解かれ、徳川家康の家臣に

徳川家康

 

仕えていた武将を転々と変えてきましたが、1598年に水野勝成は徳川家康の取りなしによって勘当が解かれ、家康の家臣となりました

 

1598年は豊臣秀吉が病死し、石田三成(いしだみつなり)と徳川家康との対立が先鋭化していました。

 

1600年に水野勝成の父が殺害されました。勝成は父が殺害されたことにより水野家を継ぐことになりました。勝成は関ヶ原の戦いに家康の命令で直接参加していませんが、大垣城を開城させました。

 

1601年には日向守となり、水野勝成は「鬼日向」と呼ばれるようになりました。

 

1614年と1615年の大坂の陣では、真田幸村(さなだゆきむら)の突撃によって徳川家康の本陣が危うくなりますが、幸村の退路を断つなどの活躍を見せます。他の戦いで苦戦している徳川方の部隊を助け、撃退したと言われています。

 

大坂の陣の後、郡山6万石の大名に、1619年から10万石の大名として福山に入りました。3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)にも仕え、島原の乱の鎮圧のために6000の軍勢を率いて向かいました。

 

島原の乱では、勝成は息子の勝俊(かつとし)と孫の勝貞(かつさだ)とともに出陣しています。原城を落とす活躍を見せました。

 

1639年、水野勝成は息子に家督を譲り、隠居しました。

1651年に死亡しました。享年88でした。


  

 

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は戦国時代のフリーランスの戦国武将・水野勝成について取り上げました。

 

水野勝成の逸話と言えば、武功を上げながらもフリーで色々な家臣に仕えたことが挙げられます。

フリーランスの元祖といえるのかもしれません。

 

他に水野勝成の逸話として、息子・孫と3代にわたって島原の乱の軍勢に加わり、戦っていたことが挙げられます。水野勝成の他に60歳を超えても現役で戦いに出ていた武将に注目したいと思います。

 

関連記事:【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?

関連記事:織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
if三国志

 

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 宣教師 ルイスフロイス 戦国日本は多神教でキリスト教は相容れないは嘘だった?
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  3. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最…
  4. 上杉謙信 上杉謙信は温泉が大好きだった!上杉謙信が愛した隠し湯 3選
  5. 豊臣秀吉 戦国時代 サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙い…
  6. 真田丸 「真田丸」の明智光秀と「麒麟がくる」の明智光秀の違いとは?
  7. 上杉謙信 【織田信長vs上杉謙信】唯一の直接対決、手取川の戦いとはどんな戦…
  8. 織田信長 織田信長の功績はつまるところ何なの?信長の3つの功績を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 暴れまわる異民族に困る梁習
  2. ホウ徳(龐徳)
  3. 合肥の戦いの満寵
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 呂布のラストウォー 呂布
  6. 真田丸 武田信玄
  7. 袁紹にお茶を渡す顔良

おすすめ記事

  1. 愛されすぎてことわざになった人・諸葛亮(しょかつりょう)編 挑発する諸葛亮孔明
  2. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言 司馬昭と司馬師
  3. 中華十弓は実在したの?仁淡兄弟は中華十弓に入れるの? 騎射の術に長けた騎馬兵士
  4. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介 曹操 五胡十六国
  5. 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯 黄巾賊を撃退する太史慈
  6. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

三國志雑学

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 馬良(眉白)
  3. 司馬懿
  4. 于吉、孫策
  5. 関羽の呪いで殺される呂蒙


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黒船(ミシシッピ号)
  2. 疫病が流行った村
  3. 井伊直政
  4. かぼちゃと孫権
  5. キングダム45
  6. キングダム54巻amazon
  7. 土いじりをする劉備

おすすめ記事

陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基 孟獲キャッチコピー 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー 陸遜 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第9部 織田信長 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 馬にまたがって戦う明智光秀 明智光秀の手紙は分かりやすい?信長に褒められた内容とは? ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 関羽を捕縛する馬忠 本当に関羽は馬忠が討ち取ったのか?赤兎馬がつなぐ運命と馬忠の真実

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP