キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

南北宋

西夏初代皇帝・李元昊はどんな最期を迎えたの?死亡した理由や墓を紹介

李元昊




西夏の旗の兵士

 

西夏(せいか)(1038年~1227年)は現在の中国の甘粛省(かんしゅくしょう
)
寧夏回族自治区(ねいかかいぞくじちく
)
に建国されていた王朝であり、別名はタングート族です。

 

「宋」の国旗をバックとした兵士

 

北宋(ほくそう)(960年~1127年)の第4代皇帝仁宗(じんそう)の時代に戦争が行われるほど対立をしていました。

 

北宋滅亡後は南宋(なんそう)(1127年~1279年)とも対立していました。だが、北宋ほど激しい関係ではありません。

 

チンギス・ハン

 

最後はモンゴルのチンギス・ハンにより滅ぼされました。

 

李元昊

 

この西夏の初代皇帝は李元昊(りげんこう)と言います。景宗(けいそう)とも呼ばれていますが、李元昊が有名なのでこの記事では李元昊で通します。

以前も筆者は李元昊に関して記事を執筆したことがあります。

 

その時には詳細には執筆しなかったのですが李元昊は晩年には、とんでもない悲劇が待ち受けていたのです。今回は西夏初代皇帝李元昊の晩年の悲劇と彼の墓について執筆します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「李元昊 死亡」
「李元昊 墓」
「李元昊 墓」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:契丹民族の独立までの道のりと初代皇帝・耶律阿保機の略奪戦略とは?

関連記事:契丹と日本の関係性は?未知の契丹語に挑んだ日本人研究者も紹介

 

 

息子の嫁を寝取る

 

7年間も北宋と死闘を繰り広げた西夏戦争でしたが、決着がつくことはありませんでした。西夏の天授礼法延祚(てんじゅれいほうえんそ)13年(1044年)に、西夏と北宋は和議を結びました。この和睦を「慶暦の和約(けいれきのわやく)」と言います。

 

交渉の結果、北宋は西夏に対して毎年貢物を差し出すことになりました。戦争に勝利は出来ませんでしたが、李元晃は外交面において勝利を得ることに成功しました。

さて、戦争も無くなったことで李元昊はすっかり暇になりました。

 

戦争後は酒に溺れてしまい、皇后や皇太子を廃したので国内の治安は乱れました。かつての名君の姿は影も形も無くなってしまいます。挙句の果てに李元昊はとんでもないことをしたのです。李元昊には李甯令哥(りねいれいか)という長子がいました。

 

この李甯令哥の夫人が美貌の女性でした。李元昊はなんと、この夫人に手を出したのです。それどころか、子供まで出来てしまいました。

今風の言葉で言うのなら、NTRですね。

 

一瞬、筆者は使う資料を誤ったのかと思いましたが、本当に書いているから仕方ないですね。決して筆者は〝薄い本〟や〝いけないDVD〟を資料として使っていません。

 

さて、脱線したので話を戻します。

 

ブチ切れたのは長子の李甯令哥です。嫁を奪われる、子供は出来るなど悲惨です。しかも、李甯令哥も皇太子の座を追われていたのです。もう我慢の限界でした。天授礼法延祚17年(1048年)に李甯令哥は李元昊を襲撃しました。

 

残念ながら李元昊の殺害は出来ませんでしたが、この時に李元昊は鼻を切り落とされました。出血が止まらなかったのか、李元昊は翌日亡くなりました。

享年46歳でした。

 

ざまあみろと思った読書もいるでしょうけど、お話はこれで終わりではありません。主犯の李甯令哥も父殺しの罪で処刑となりました。ただのケンカ両成敗ですね・・・・・・

 

結局、李元昊と李甯令哥の夫人との間に出来た子が皇帝として即位しました。西夏第2代皇帝毅宗(きそう)です。なんか釈然としない結末です。

 

 

李元昊の墓はどこ?

西夏王陵 / wikipedia

西夏王陵 / wikipedia

 

くだらないことで死んだ李元昊ですが、彼の墓はどこにあるのでしょうか。彼の墓は甘粛省・寧夏回族自治区・銀川の西35キロの賀蘭山東麓の西夏王陵遺跡です。

 

通称・「東洋のピラミッド」と呼ばれています。ピラミッドと言っても形は三角ではなく、土饅頭のようです。人間は不思議な墓があったら、なんでもピラミッドと名付ける癖があるようです。王陵は9つありますが、李元昊は3番目の王陵に葬られています。初代皇帝なので、もう少し豪華な墓なのかと思ったら、案外質素なのですよ。

 

関連記事:西夏王陵とは何?東宝のピラミッドと呼ばれる9つ西夏の王陵を紹介

 

宋代史ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

今回は西夏初代皇帝李元昊の最期についてお話しました。彼がこんな風になったのは、天罰ですね。

しかし、名君と呼ばれる人のほとんどの晩年は哀れですね。

 

なぜでしょうね?

 

関連記事:李元昊とはどんな人?西夏の初代皇帝にして同王朝随一の名君を紹介

関連記事:西夏はどんな文化だったの?仏教が西夏で流行っていた?

 

【シルクロードの覇者・西夏王朝】
北宋・南宋

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 【保存版】岳飛を映画化したオススメ作品5選
  2. 耶律突欲 【謎の国】東丹国と悲劇の国王・耶律突欲はどんな生涯を送ったの?
  3. 西夏の服飾(女性) 西夏の末裔・チャン族はどんな服飾をしていた?西夏滅亡もざっくり解…
  4. 茶を飲む張角(太平道) 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命
  5. 幕末 魏呉蜀 書物 科挙をカンニングで乗り切れ!あの手この手を紹介
  6. 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編 【宋代の文化】宋代の3大発明を分かりやすく解説
  7. 岳飛(南宋の軍人) 岳飛とはどんな人?実は和平を邪魔した将軍だった
  8. 騎射の術に長けた騎馬兵士 謎の書物『契丹古伝』とは何?騎馬民族征服王朝説を解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉邦
  2. はじめての三国志
  3. 土いじりをする劉備
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  6. 袁術と呂布
  7. 車に乗る諸葛亮

おすすめ記事

  1. 織田信長の妻は年上が多かった!意外に甘えん坊だった?信長 織田信長
  2. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1 yoriburin
  3. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!
  4. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  5. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る 曹操探検隊
  6. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説

三國志雑学

  1. 枝豆と煮豆 曹丕と曹植
  2. 城 銅雀台
  3. 劉備と孫権
  4. 張燕
  5. 司馬師


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 岩瀬忠震
  2. 張飛の虎髭
  3. 五代友厚 幕末
  4. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  5. 小帝の妃
  6. 宇佐美定行
  7. 荀彧

おすすめ記事

王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 澶淵の盟 北宋と遼の盟約 澶淵の盟はどんな影響が出たの?堕落する真宗と北宋の滅亡の始まり キレる劉備になだめる黄権 劉備は髭如きで人殺しをした?サイコパスの一面を分かりやすく解説 何進 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 張飛のヨメ 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 江華島事件と戦前の日朝関係とは? 何進に見切りをつける蒯越(カイ越) 蒯越の三国志での名アドバイスを紹介するよ! 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP