織田信長はなぜ尊敬されるのか?

2019年4月29日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

水軍を作る織田信長

 

多くの歴史ファンにとって織田信長(おだのぶなが)を尊敬する人が多いといわれています。この記事の読者の中には織田信長を尊敬している人もいるかもしれません。今回の記事では織田信長が現代でも高く評価される理由を取り上げます。

 

 

関連記事:織田信長の作品の元になっている『信長公記』とルイスフロイスの『日本史』を紹介

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



完全実力主義と再チャレンジの機会を与えた織田信長

馬に乗って戦う若き織田信長

 

ほとんどの戦国大名(せんごくだいみょう)は、先祖代々からの家臣を考慮しなければならず、能力に関係なく恩賞や土地を与えなければなりませんでした。能力ではなく家柄を重視しなければならなかったため有能な武士が台頭する機会がほとんどありませんでした。

 

一方で、織田信長は完全実力主義を採用します。実力があれば身分に関係なく登用したことで有名です。失敗した譜代の家臣やかつて信長を裏切った家臣でも一度許して登用を続けるなど再チャレンジさせる機会を作ったことでも有名です。

 

徳川家康をボコボコにする武田信玄

 

例えば、三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい
)
徳川家康(とくがわいえやす)の援軍として加わった佐久間信盛(さくま のぶもり
)
武田信玄(たけだしんげん)の軍に敗れました。その後、再チャレンジの機会を与えられたものの信長の家臣として活躍できず、追放されました。

 

柴田勝家

 

柴田勝家(しばたかついえ
)
については、信長の父・織田信秀(おだのぶひで
)
の死去による家督争いで、弟の織田信行(おだのぶゆき
)
につきましたが、信長が家督を継ぐことで決着すると信長の家臣となりました。

 

 

 

兵農分離の元祖

豊臣秀吉 戦国時代

 

兵農分離(へいのうぶんり
)
といえば豊臣秀吉(とよとみひでよし)が有名です。秀吉の兵農分離の狙いは百姓に一揆を起こさせないために農業に専念させることでした。ほぼ同時に刀狩令(かたながりれい
)
が出され、弓矢や武器が取り上げられています。

 

織田信長と豊臣秀吉の兵農分離には共通点がありますが、時代背景が異なるため内容が異なります。共通点として武士は戦いに、百姓は農業にそれぞれ専念させることが挙げられます。

 

織田信長が行った兵農分離の背景として、百姓が戦に出ることがあったことが挙げられます。百姓が戦に出ることがあったため、田植えや収穫期などの繁忙期に兵を集められないという弱点がありました。

 

織田信秀(おだのぶひで)は信長のお父さん

 

また、織田信長は父・織田信秀が小豆坂の戦い(あずきざかのたたかい
)
今川義元(いまがわよしもと
)
に負けたのを見て寄親・寄子制を取り入れることも試みました。しかし、尾張国(おわりのくに
)
は小国であることから寄親・寄子制をそのまま取り入れることが難しくなり、二男・三男以下のニートに近い若者を積極的に戦う集団として参加させました。

 

結果として、田植えや収穫期など百姓の繁忙期を気にすることなく、兵を動かすことができました。戦う集団の中から滝川一益(たきがわ いちます)前田利家(まえだ としいえ
)
などの著名な戦国武将が誕生しました。

 

織田信長スペシャル

 

 

戦い方で斬新な改革を行った織田信長

火縄銃を気に入る織田信長

 

織田信長といえば斬新な戦い方で有名です。通常の槍よりも長い槍であれば、敵には刃が届くことからすぐに取り入れました。

 

南蛮胴を身に着けた織田信長

 

他に、長篠の戦いで鉄砲による集団戦法が有名です。長篠の戦いの集団戦法は、信長が最初といわれていますが、小豆坂の戦いで織田信秀が敗れますが、この戦いで今川義元が鉄砲による集団戦法を実践しています。信長は今川義元の鉄砲の使い方を長篠の戦いで実践したと考えられます。

 

鉄甲船

 

第二次木津川口の戦いで、鉄甲船6隻で村上水軍を破りました。焙烙玉に強い鉄板を船に貼り付けさせた世界初の大型鉄甲船で有名になりました。しかし、木津川口の戦い以降、戦いで使用した形跡が見られません。

 

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は織田信長が現代でも尊敬される理由について取り上げました。現代でも尊敬される理由として革新的なことを実行したことが分かりました。

 

真田丸 武田信玄

 

最初に完全実力主義を取り入れたことを取り上げました。織田信長だけでなく有名な戦国大名も能力のある人材を登用したことで当てはまります。例えば、武田信玄の場合、浪人として諸国を放浪していた山本勘助(やまもとかんすけ
)
や百姓だった春日虎綱(かすが とらつな)を登用しました。

 

今川義元

 

織田信長の戦い方や両国経営について、小豆坂の戦いを通して今川義元を意識していたと考えられます。今後、今川義元の評価について見直したいと思います。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

 

if三国志

 

 

【動画】織田信長が比叡山を焼いた理由

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじめての三国志とYoutube

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
オフィス樋口

オフィス樋口

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。 歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。 センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。 好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

-戦国時代 (日本)
-