キングダム600話ネタバレ予想「龐煖は誰狙い?蒙恬やっぱり信」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダム54巻amazon

 

キングダム599話では、(しん)趙峩龍(ちょうがりゅう)を討った事により不利だった右翼の戦況が覆りました。

しかし、一難去ってまた一難、前振りから数か月もの間ご無沙汰だった龐煖(ほうけん)が突如として忘れさられた左翼の戦場に出現して

楽華隊(がっかたい)相手に大暴れを開始したのです。

あれ?信の強さに反応して目を醒ました筈の龐煖がどうして蒙恬(もうてん)の楽華隊を襲うのか今回は、龐煖の真の狙いについて考えます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム599話最新ネタバレ「右翼の風向き」レビュー

関連記事:キングダム599話雑学「趙が滅んだ原因は悼襄王ではなく父の孝成王のせい?」

 


 

キングダム600話ネタバレ予想龐煖が蒙恬を狙う可能性は?

ホウ煖(龐煖)

 

龐煖は右翼における信の大勝利の噂で沸き立つ秦軍の左翼の本陣に出現します。

幸いにして、蒙恬は信の活躍に刺激を受けて、明日は我が軍も動こうと各将軍に発破をかけに出ていて、本陣には留守番の胡漸(こぜん)など少しだけです。

 

龐煖が秦軍左翼の本営を探し当てたという事は蒙恬に用があるという事でしょうか?

しかし、蒙恬は弱くはないですが、父の蒙武(もうぶ)とは似ていない優男であり龐煖とぶつかったら100%勝ち目はないでしょう。

というより、左翼の秦軍で龐煖に対応できそうな武将は一人もいません。

そもそも蒙恬は史実的にここで死ぬ事はないので、龐煖の奇襲は失敗するともう分かり切っているわけです。

 

蒙恬と面識がない龐煖が楽華隊を最初から狙ってきたとしたら、李牧(りぼく)が龐煖に入れ知恵した可能性が高い事になります。

ところが今回は、最初から最期まで李牧が龐煖と接触した様子もありません。

もっとも来週に回想シーンが挟まれて、李牧が龐煖に秘策を授けるかも知れず、こればかりは未知数です。

 

でも、もしここから李牧が秘策発動!蒙恬を斬れと命じたとしてももう鄴は落ちている可能性が高く、大して戦わない間に戦争終了になります。

そうなると、龐煖を呼び出した分だけ賑やかし損です。

 

そうだすると今回は李牧の指示はなく運が悪い事に、たまたま龐煖が歩いていた場所に楽華隊の本営があったという事でしょう。

恐らく龐煖は、蒙恬など眼中になく馬を奪って、まっしぐらに飛信隊の方角へ向けて進むのではないでしょうか?

 


 

キングダム600話ネタバレ予想 王翦の本陣を狙う

王翦

 

もし鄴が落ちるとしても、その前に龐煖が王翦(おうせん)の首を飛ばせば秦軍は崩壊です。

かつて李牧が麻紘(まこう)将軍をヒットしたように、龐煖をけしかけて王翦の首を落とさせるヒットマン計画なら、一かバチかで発動する目はありそうです。

王翦も弱くはないでしょうが、龐煖に匹敵できそうではないです。

彼の配下の将軍達も亜光(あこう)以外は、知将という感じなので龐煖が来たら防げないという事になりそうです。

 

しかし、史実的に考えても王翦が討たれる事はありえず、100%失敗が予想できる所に龐煖を送り込むのは漫画的に非常に不毛です。

そもそも今頃になって王翦をヒットする位の計略しか浮かばないようなら趙の三大天などというのも底が知れたなという事になるでしょう。

 

まるでかすりもしないという事はないかも知れませんが、ぶつかってくる王翦の兵を軽く数百スヒンする程度で龐煖は、

王翦の前を素通りしていくのではないでしょうか?

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム600話ネタバレ予想 飛信隊の前に出現する龐煖

矛を持った信

 

史実では、蒙恬も王翦も死なない以上、龐煖の役割は極めて限定されます。

龐煖を投入する事で、秦軍の左翼を混乱させて、趙の右翼の離眼衆(りがんしゅう)により楽華隊&麻紘軍を粉砕して、右翼のダメージをバランスするという事は

出来そうでも、そもそも、まもなく鄴が陥落して戦争は終わるのです。

 

となれば、龐煖は自分の判断で信に向かって最期の戦いを挑むというのが一番、自然ですんなり納得できる内容です。

史実の龐煖は、紀元前236年を最後に名前が登場しなくなる事から、今回の戦いで信に斬られて寿命を迎えると思います。

つまり、ここが龐煖のクライマックスという事です。


  

 

 

キングダム600話ネタバレ予想 王賁が堯雲、信が龐煖を破る

王賁

 

しかし、疲れ切った信に残った馬南慈(ばなんじ)と龐煖の二人を同時に相手するのは無理です。

そこで、クローズアップされるのが丸二日寝ていた王賁(おうほん)です。

つまり、龐煖の出現を前に二人は役割分担を決定します。

 

朱海平原の戦い二度目の王賁と信のコンビプレーです。これは、キングダムファンも盛り上がるでしょう。

 

王賁と羌瘣は馬南慈&堯雲を相手にする事にし信は襲来してくる龐煖に備えます。

そして同時に、両方に挑んでいき王賁は堯雲を討ち取り、信は最期の力を振り絞り龐煖を討ち取って、師である王騎(おうき)の仇を討ちます。

 

ここで、鄴から伝書鳩が届き、陥落を知った李牧は王翦と和睦して停戦を決意鄴を王翦に明け渡して邯鄲へと引き返していきます。

この辺りが鄴攻めの潮時ではないかと思います。

またここで、龐煖が絡んで、さらに数日伸びますとかになると、どんだけ空腹で頑張れるんだよ秦国という話ですからね。

 

キングダム600話ネタバレ予想 遅すぎた龐煖投入

 

いずれにせよ、もう戦の先が見えた段階で龐煖投入は遅すぎて緊迫感がないです。

どんなに龐煖が頑張った所で、鄴陥落の知らせが入るまでの出番ですし、以前とは違い龐煖はもう雑兵を斬りまくるだけの

キングダムの掃除機状態です。

ここで出さないと、もう時代的に出す機会がないと考えて、やや唐突に出したのでしょう。

せめて最期に信と派手に打ち合いして殺してやらないと龐煖が可哀想すぎます。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

kawausoの予想としては、龐煖は李牧に入れ知恵をされたわけではなく、全くの単独行動だと思っています。

李牧が関与するには、すでに鄴が陥落間近など不利な要素が多すぎて龐煖が投入されたからと言って、

いきなり秦軍が窮地に陥る事にならないからです。

それよりも、龐煖が全く個人的な理由で信に立ち向かう方がこれ以上、鄴攻めを間延びさせる事なく全体を収められます。

 

あとは、龐煖を信にぶつける事により、堯雲は王賁が担当する事が出来朱海平原の戦いのほとんどが信の手柄という一極集中を自然に回避できます。

堯雲の右腕をダメにしておいて、手柄だけは信に横取りというのは、いくらなんでも扱いがひどすぎますからね。

今回で龐煖は歴史から消える事になりますが、それはそれとして、信はろくろく食べていない状態で龐煖と五分に戦えるのでしょうか?

【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム599話ネタバレ予想「堯雲は戦う?戦わない?徹底予想」

関連記事:キングダム最新599話合併号スペシャル「信の独り勝ちはヤバくない?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. 王翦
  2. キングダム54巻amazon
  3. 楚の旗と兵士
  4. キングダム54巻amazon


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP