編集長日記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!

この記事の所要時間: 317




李牧

 

キングダムで最大の敵役と言えば、李牧(りぼく)ですが、

性質が悪い実行犯としては龐煖(ほうけん)でしょう。

李牧はまだ分ります、趙を守りたいから秦の天下統一を阻止したいのです。

しかし、あの龐煖たるや、動物のように自分より強いヤツが許せないというだけ・・

そんなヤツに王騎(おうき)麃公(ひょうこう)も殺されたのです。

だが、しかし、そんな龐煖にも最期の時が近づいています。

今回は、龐煖が間もなく戦死するであろう、理由を挙げていきます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




理由1 史実上、龐煖は紀元前236年に出現する!

龐煖

 

キングダムは史実に準拠しています、その史実とは史記です。

 

史記趙世家では、紀元前236年、趙軍は燕を攻めて貍(り)と陽城(ようじょう)を

取るも、その隙をついて秦の王翦(おうせん)桓齮(かんき)楊端和(ようたんわ)

趙を攻め鄴(ぎょう)や閼與(あつよ)などを落とすという記載があります。

 

「韓非子(かんぴし)」飾邪(しょくじゃ)篇によれば、

この際、燕への遠征軍を指揮していたのは龐煖であるようです。

 

折しも、現在、キングダムでは、燕のオルド将軍が、

趙が秦に防備を割いている隙を突いて侵攻してきています。

李牧は、これを迎撃しないとならず、その将軍として

龐煖が送られる可能性はかなり高いと思われます。

 

史実では、趙が燕を攻めているので矛盾しますが、龐煖がオルドを

斬殺して、そのまま勢い余り燕の領地を荒らすのはありえます。

 

つまり、鄴を攻略すべく趙の奥深くに入りこむ信と龐煖は、

遭遇する可能性が充分にあるのです。

 

関連記事:【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!




理由2 龐煖の記述は紀元前236年で途切れる

三国志 ろうそく 写真

 

そして、龐煖は、紀元前236年の記述を最期に史書に出現しません。

出現しない=戦死ではありませんが、そこは解釈次第ですから、

ここで龐煖の人生が終わるという脚色も可能です。

 

「韓非子」飾邪篇では、燕を荒らした龐煖は、その隙を突いて趙に侵攻した

王翦や楊端和を攻撃しようとしますが、すでに鄴一帯は陥落した後だった

という記録があります。

 

しかし、陥落していたから引き上げたとは書いていないので、

鄴を陥落させた上で信が龐煖と最期の決着をつける可能性アリです。

 

関連記事:キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

関連記事:【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?

 

理由3 龐煖に死亡フラグが立つ下準備が完了

 

 

当初は無敵の強さを誇り、誰も勝てないのではと思われた龐煖ですが、

信、王騎、麃公とぶつかる間に、個人としては強いが、思いを背負わぬ分

攻撃が軽いという弱点を見抜かれるようになっています。

 

そして強いとは言え、王騎よりは、ランクが落ちるはずの麃公将軍にも

片腕を折られるなど「武神・・アレ?」な部分も出てきていて

当人も、自分より格下と意識している相手に手こずる事に、

少なからぬ動揺を感じている様子も見てとれます。

 

これは、原先生による一種の、龐煖死亡フラグ立ちまっせ~の

合図ではないのでしょうか?

 

理由4 信が王騎将軍の矛を使いだした事が遠大な伏線

王騎 キングダム

 

最期の理由は、やはり王騎の矛を信が受け継ぎ、

自分の得物として使える程に成長した事です。

信に取って、王騎将軍は目指すべき目標であり超えるべき憧れです。

その王騎は龐煖の前に破れ、その矛は信に託されました。

 

龐煖を倒し、王騎の矛でトドメを刺す事は、信が王騎を超えて、

天下の大将軍としての資格を備えた象徴的なシーンになる筈です。

王騎の矛は、そのシーンを演出する為に今回出てきたのです。

 

関連記事:王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

以上のような理由から、今回の戦いの最期の局面で、必ず信は、

龐煖と対決し、王騎、そして麃公将軍の仇を討つ事が確実だと

kawausoは確信しています。

ここで龐煖は倒れて伝説となり新しい伝説を、信、王賁(おうほん)

蒙恬(もうてん)が造っていくという流れにキングダムは

移行していくと思うのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  2. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  3. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  4. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が…
  5. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  6. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  7. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!
  8. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  2. 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る
  3. 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳
  4. 袁術祭り開催日程のお知らせ
  5. 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった
  6. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた? 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの? 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】

おすすめ記事

  1. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  2. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!
  3. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説
  4. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1
  5. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった
  6. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男
  7. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  8. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP