【壬申の乱の謎】天武帝は新羅と同盟を結んでいた?大海人皇子が予測した未来とは?




コーノヒロさん(はじめての三国志ライター)

 

こんにちは。今回も「壬申の乱(じんしんのらん
)
」についての謎に迫っていきます。どうぞお付き合いください。

 

三国時代後半の576年頃の半島 wikipedia

三国時代後半の576年頃の半島 wikipedia

 

「三国時代」の終焉(しゅうえん)を迎えた朝鮮半島では、朝鮮半島の雄「新羅(しらぎ)」王国と、中国大陸の覇者の「大唐帝国((とう))」の間に戦争が勃発します。

 

日本古代史上最大の内乱の「壬申の乱(じんしんのらん
)
」は、その「新羅・唐戦争」が切っ掛けで始まったという見方ができます。このとき、大海人皇子(おおあまのおうじ)(天武帝)は、新羅びいきだったと言われています。

 

なぜだったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「壬申の乱 同盟」
「天武帝 新羅」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:高句麗は漢の属国だった?実際のところ両国の関係はどうだったの?

関連記事:卑弥呼の男弟・ツクヨミは消された?天武VS天智の呪縛

 

 

大海人皇子(天武帝)は未来を予測していた?

 

その可能性はあるのでは朝鮮半島の雄「新羅(しらぎ)」と中国大陸の覇者「唐」が対決した場合、本来なら、大国で強国の唐の勝利が自然な見方ですから、巻き込まれた場合、その唐を支持するのが自然な流れだったのではないょうか?

 

しかし、大海人皇子は、あえて、新羅を支持したのです。それは、大海人皇子(おおあまのおうじ
)
には、広く世界が見えていたからとは考えられないでしょうか。

 

つまり、新羅は、少なくとも、唐に負けないことを予測していたからではないでしょうか?

それだけ、当時の新羅に勢いがあったと言えるでしょう。

 

 

新羅の隆盛!

 

現に、唐VS新羅の戦争が勃発した頃、新羅は連戦連勝でした。

 

671年、新羅軍は、唐軍を破り、八十もの城を奪います。また、海上においても、黄海(こうかい
)
において、新羅軍は、唐軍に勝利します。さらに、この前年、戦争勃発前には、新羅は、滅亡に追い込んだ、朝鮮半島の雄「高句麗(こうくり
)
」の遺臣たちの勢力を取り込むことに成功しているのです。

 

「壬申の乱」勃発が、672年でしたから、その前年までに、新羅が優勢の状況が出来上がっていました。そうなると、多勢の人が、新羅が唐を撃退するのでは?という予測を立てるのも頷けますね。

 

しかし、唐は大国ですから、そのまま負け続けることはない、そういう見方をするのも自然な見方でしょうか?

 

だからこそ、壬申の乱で、大海人皇子に相対した、大友皇子の勢力は、唐を支持したのです。

そして、その予測も現実になるです。

 

壬申の乱が勃発したのが、672年の7月~8月頃です。

同時期に、唐軍が、平壌を始め、幾つかの城を占領し、反撃に転じます。

 

その数ヶ月後の12月には、唐軍が、新羅軍と白氷山にて激突します。

このとき、唐軍が新羅軍を破ります。

 

このあたりは、唐軍の巻き返しの時期になるのです。その状況は、しばらく続きます。このときの情勢を見るなら、新羅に味方するのは、誤りだった と考えそうなものです。もしかしたら、このとき、大海人皇子(天武帝)は、自身の判断は誤りだったと一瞬でも感じたかもしれませんね。

 

しかし、最後は、少なくとも、新羅は負けないと踏んでいたのでは?と考えます。

つまり、それは、新羅が強いからというよりは、むしろ、問題は、唐にあったと言えるでしょうか。

 

どういうことでしょうか?

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

大海人皇子(天武帝)に大唐帝国の綻びが見えていた?

 

ここからは、当時の中国大陸の覇者の大唐帝国に目を向けていきましょう。

当時の皇帝は、三代皇帝の「高宗」でした。

 

しかし、高宗は、病弱で、積極的に政治を行う人物ではなかったと伝わっています。代わって、ほとんど、実際に政治を取り仕切っていたと言われているのが、

高宗の妃の「武后」でした。この「武后」こそが、後の中国史上唯一の女帝「武即天(即天武后)」なのです。

 

この時期、まだ、武即天は、あくまで唐の三代皇帝の妃という立場でした。しかし、病弱の夫に代わり、実際に政治を取り仕切り、その上に、対外戦争にも積極的な姿勢でした。そもそも、朝鮮半島の「三国時代」の三国の均衡を崩すために、唐側から、新羅に近づいたとも考えられるでしょうか?

 

新羅を応援し、他の二国、「百済(くだら)」と「高句麗(こうくり
)
」を滅ぼしたのです。いずれは、新羅を飲み込み、朝鮮半島全体を、唐の支配下に置こうとの思惑だったのではないか?と。そして、それは、武即天の策略だったのでは?と考えられるのです。

 

ただし、それに対する反発もあったと考えます。唐の中央政府の中での反発が。さらには、唐の国境付近の地域の民族が、反旗を翻そうという勢いもあったようです。だから、いくら、当時、強国で大国だった唐でも、崩壊しかねない状況だと見ている知識人たちも、少なからずいたと考えてよいでしょう。

 

献帝

 

それは、過去に、前・後を併せて、400年続いあた「(かん)」帝国が崩壊し、群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)し、中国大陸の「三国時代」に突入した経緯があったからでしょう。

ですから、同じ末路を唐も辿るかもしれない。そう考えていた人もいたと考えてよいでしょう。

 

特に、その当時、その雰囲気があった。唐帝国の内外に伝わっていた可能性があった。そして、大海人皇子(天武帝)には、それが見えていた可能性がありますね。

 

女帝の時代に突入!

 

しかし、それは、大海人皇子(天武帝)単独の考えでもないような気がするのです。

それは、妻の鸕野讚良皇女(うののさららのひめみこ)の存在がいたからです。彼女こそ、後の「持統天皇(じとうてんのう
)
(持統帝)」です。

 

「壬申の乱」の直前、鸕野讚良(うののさらら)は、大海人皇子とともに、吉野山に隠屯していました。ずっと共に生活していたので、相談することや、助言することもあったのではないでしょうか?

 

大陸での異変も、同じ女性である妃が力を発揮していたので、共感するところも、多かったかと考えます。後の日本古代史を見ると、持統帝の存在が強く感じられてなりません。

 

それでは、次回は、その持統帝について、詳しく見ていきましょう。当時は、フェミニズムの古代日本史の時代と言えたのでしようか?

お楽しみに。

 

【主要参考文献】

壬申の乱―天皇誕生の神話と史実 (中公新書)

天武天皇の企て 壬申の乱で解く日本書紀 (角川選書)

内戦の日本古代史 邪馬台国から武士の誕生まで (講談社現代新書)

壬申の乱と関ヶ原の戦い――なぜ同じ場所で戦われたのか (祥伝社新書)

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門

関連記事:壬申の乱の内幕、皇位継承を巡る日本古代史上の最大の内戦を解説(第1回)

関連記事:古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 




関連記事

  1. 占いをする卑弥呼(鬼道)
  2. 狗奴国は邪馬台国と対立
  3. 難斗米(なしめ)
  4. 邪馬台国と卑弥呼軍
  5. 邪馬台国と魏の兵士
  6. スサノオノミコト(日本神話)


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP