呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

水滸伝

【水滸伝】史進の活躍は最初だけ?108星最初の豪傑の最期も呆気なかった

史進(水滸伝)




宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

史進(ししん)は『水滸伝(すいこでん)』に登場する108星(ひゃくはっせい)の豪傑の1人です。背中に9匹の竜の刺青を彫っているところから、あだ名は九紋竜(くもんりゅう)と言います。

 

史進(水滸伝)

 

水滸伝(すいこでん)』で最初に登場する豪傑は、この史進(ししん)です。

今回は史進について解説いたします。

 

自称・皇帝
当記事は、
「水滸伝 史進」
「108星 史進」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

関連記事:【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!

 

 

史進とはどんな人物なの?

 

史進は華州(かしゅう)華陰県(かいんけん)(現在の陝西省(せんせいしょう
)
華陰市)史家村の豪農の1人息子です。幼い時から、武術には優れていました。

しかし、聞かぬ気が強いので母はその事を心配して世を去りました。

 

史進(水滸伝)

 

初登場時の年齢は18歳~19歳程度です。普通に過ごしていれば、ただの村長で終わっていました。

ところが、史進のもとに1人の男が現れました。

 

 

王進から武術を習う

 

その男は王進(おうしん)と言います。王進(おうしん)は都で禁軍(きんぐん)(近衛兵)に武術を教える師範でした。

 

高キュウ(高俅)

 

しかし、軍の最高責任者である高俅(こうきゅう)とトラブルになり都を追われていました。王進は旅の途中で史進の屋敷に立ち寄り偶然、武術の稽古中の史進に出会います。

 

史進(水滸伝)

 

史進の腕は筋が良かったのですが、どこか隙がありました。要するに史進の腕はアマチュアの世界では通用しても、プロの世界では通用しないのです。

「ハハハ、まるで著者(晃)の知識と一緒だな!」

 

読者の皆様の心に突き刺さる批判はともかく、話を続けます。王進からその点の指摘を受けた史進ですが、納得がいきません。

そこで史進は王進と一騎打ちを行います。

 

ですが、アマチュアがプロに勝てるほど世の中は甘くありません。史進はあっという間に負けました。

負けを認めた史進は王進に弟子入りを志願しました。

 

史進(水滸伝)

 

史進が並外れた実力の人物ではないので、王進は喜んで引き受けます。半年間のスパルタ特訓の末に史進は免許皆伝のレベルにまでなりました。

すべてを伝えた王進は史進の前から姿を消しました。

 

山賊の一味と疑われて出奔

次第に巨大化していく黒山賊と張燕3

 

王進が姿を消して半年後に史進は父の後を継いで村長に就任します。さて、史進が住んでいる史家村の近くに、少華山という山があります。

この山には3人の山賊が子分を従えて住んでいました。

 

総大将は朱武(しゅぶ)。軍略に長けていることから神機軍師(しんきぐんし)と呼ばれています。副頭目は2人います。

 

1人目は陳達(ちんたつ)。谷間を跳ぶ虎という意味から跳澗虎(ちょうかんこ)と呼ばれています。もう1人は楊春(ようしゅん)。マムシという意味から白花蛇(はくかだ)と呼ばれています。

 

ある日のこと、盗賊の1人の陳達が史家村に来て、役所まで略奪に行くので村を素通りさせてほしいことを史進に頼みました。

だが、史進は「そうはさせない!」と言って陳達に一騎打ちを挑みます。

 

勝負は史進に軍配があがりました。さすが王進から手ほどきを受けているだけあります。

その辺の山賊には負けません。

 

しばらくすると、朱武と楊春が謝罪に来ました。史進も陳達を殺す気は無かったので謝罪を受け入れて、それ以降は少華山の山賊と親しく付き合うようになりました。ところが、これがまずかったのです。

 

性根の腐った猟師が密告したので史進は役人に追われることになります。

仕方なく、史進は師匠の王進を捜す旅に出ます。

 

瓦罐寺の決闘

魯智深(水滸伝)

 

旅に出た史進はその後、渭州(いしゅう
)
(現在の甘粛省(かんしゅくしょう
)
の東部)で魯達(ろたつ)という男と出会います。史進は魯達と意気投合しますが、彼はある親子を助けるために人殺しをします。

 

魯智深

 

史進も魯達と仲良くしゃべっていたことから、役人から目をつけられました。史進って運が無いですね。しばらくの時が流れたある日、史進は林の中で1人の男が困っているのを見かけます。

 

それは渭州(いしゅう
)
で出会った魯達でした。彼は役人から逃れるために出家していました。

 

魯智深(水滸伝)

 

名前も魯智深(ろちしん)と改名しており、背中に牡丹の刺青をしていることから花和尚(かおしょう)と呼ばれていました。魯智深(ろちしん)瓦罐寺(がかんじ)にいる2人の盗賊を相手に決闘をしていたのですが、相手も強くて1人ではまったく歯が立たなかったのです。

 

そこで史進が加勢することに決めました。1人の共闘の結果、盗賊を討つことに成功します。

 

その後の史進

史進(水滸伝)

 

史進(ししん)は王進を捜すも見つけることが出来ないので、朱武たちのいる少華山で山賊となりました。もちろん朱武(しゅぶ)から総大将の座は明け渡されました。梁山泊(りょうざんぱく)の入山は物語中盤であり、魯智深の入山の時期とほぼ一緒です。

 

もちろん、魯智深の推薦です。だが、活躍に関しては序盤に比べたらまったく全くありません。

モブキャラと言ってよいレベルです。

 

「これが本当にあの史進なのか?」と中学生当時の筆者は読んでいて疑いました。

 

方臘(水滸伝)

 

最期は方臘(ほうろう)の乱に出兵するも方臘配下の龐万春(ほうばんしゅん)に弓矢で射られるというあっけない死に方です。

 

宋代史ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上、史進に関しての解説でした。

史進はあだ名がインパクトがあるためなのか、マンガ版の『水滸伝(すいこでん)』でも絶対に詳細に書かれる人物です。

 

史進(水滸伝)

 

ただし、あだ名以上の活躍は無いのが事実でもあります。

要するに名前負けです。

 

また、マンガ家の大半も史進に力を注ぎすぎるためなのか、その後の話の作りが雑になっているのも事実です。

 

関連記事:ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書

関連記事:宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 魯智深(水滸伝) 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  2. 水滸伝って何? 宋江 ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書…
  3. 燕青(水滸伝) 燕青ってどんな人?徽宗がモチーフとなった水滸伝の豪傑!?
  4. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 岳飛の時代に『水滸伝』の豪傑が存命していた!?
  5. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!
  6. 【水滸伝】美女ランキングベスト3選!水滸伝に登場する絶世の美女
  7. 戴宗 『水滸伝』の誰が好き?晃が独断と偏見で選ぶキャラクターを考察
  8. 水滸伝の宋江 史実の宋江はどんな人だった?水滸伝の主人公・宋江は2人存在してい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  2. 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる
  3. 小松帯刀
  4. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  5. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  6. 呉懿と魏延
  7. ボロボロになった馬超
  8. 雷怖くない 能ある劉備

おすすめ記事

  1. 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最初の妻の悲しい生涯
  2. 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 五代友厚 幕末
  3. 蜀はなぜ北伐に乗り出したの?その目的は? 北伐を結構する孔明
  4. 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格 陸遜
  5. 大河ドラマの田畑政治とはどんな人?いだてんの主人公を紹介 オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  6. 「でいぜろバンコク」のスポンサーになりました はじめての三国志からのお知らせ バナー

三國志雑学

  1. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  2. 孔明
  3. 孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川家康
  2. 竹林の七賢
  3. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

空箱を受け取る荀彧 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓 赤兎馬 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする? バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 はじめての三国志コミュニティをリリースしました! 鍾会 月刊はじめての三国志2019年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 黄巾賊を撃退する太史慈 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP