水滸伝の刺青は無法者の誇り!倶利迦羅紋紋のタトゥーを紹介!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

史進(水滸伝)

 

水滸伝(すいこでん)には数々の人物が登場します。何せ主人公側だけで108星、相当なものですね。この人数がそれぞれ色々な「彩り」を見せてくれるのですが、その特徴の一つに「刺青(いれずみ)」があります。

 

中にはこの刺青が綽名(あだな)になっている人も多く、絵巻物になると中々に華やか。ということで今回は、水滸伝に出てくる「刺青」が入ったキャラクターを一挙にご紹介しちゃいましょう。

 

直訳すると「刺青坊主」花和尚魯智深

魯智深

 

まずは「花」の刺青、と言えば有名なこの好漢。席次は十三位、歩兵軍頭領の魯智深(ろちしん)。人助けから殺人をしてしまい、出家したことで「花和尚(かおしょう)」と呼ばれました。この「花」は体に施された花の刺青から来ている綽名ですね。

 

魯智深

 

荒っぽく酒癖が悪いものの、最期はその名の通り、和尚らしく悟りを開いて昇天します。花のように悟りを開いたから花和尚なのかなぁ……なんて思ってしまう、不思議な最期を迎えるのも特徴ですね。

 

イレズミ坊主魯智深の大冒険

魯智深
人助けをしただけでお尋ね者に?水滸伝、花和尚・魯智深のお話(前編)

続きを見る

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 

 

九匹の竜が全身をうねる 九紋竜史進

史進(水滸伝)

 

さてお次は刺青、と言えば龍の刺青が華々しい、史進(ししん)です。席次は二十三位、その綽名は九紋竜(くもんりゆう)

 

これは史進の全身に「九匹の竜」の刺青がされていたということに由来しています。竜と言えば神そのもの、それを身体に刻み込んだ史進は武芸十八般を師匠に叩きこまれて会得(えとく)、序盤の母親から嘆かれていた悪童が成長する姿が見所な人物ですね。

 

活躍するのは最初だけ?影が薄くなる好漢史進

史進(水滸伝)
【水滸伝】史進の活躍は最初だけ?108星最初の豪傑の最期も呆気なかった

続きを見る

 

西遊記

 

 

透き通る肌に青いタトゥーが眩しい伊達男燕青

燕青(水滸伝)

 

さて次の席次は三十六位、容貌宜しく洒落(しゃれ)た風流人、と言えばお分かりでしょう。浪子(ろうし)こと燕青(えんせい)、彼もまた全身に見事な刺青がされています。元々は孤児であった所を盧俊義(ろしゅんぎ)に拾われ育てられました。この事から主である盧俊義に深く尽くし、忠義を捧げている人物です。あだなの浪子は「見事な刺青(いれずみ)」「伊達男(だておとこ)」であることからそう呼ばれました。

 

※余談ですが筆者は某ゲームで燕青を愛用しちゃっています

 

浪子燕青とは?

燕青(水滸伝)
燕青ってどんな人?徽宗がモチーフとなった水滸伝の豪傑!?

続きを見る

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR

 

 

良家の令嬢、一丈青扈三娘

孫尚香

 

さてお次は五十九位、水滸伝の梁山泊(りょうざんぱく)の女傑、と言えばお分かりでしょう。一丈青(いちじょうせい)こと扈三娘(こさんじょう)です。

 

美女で優秀なのですが不遇な人物でもあり、実家を壊滅させられて入山させられ、知らない内に宋江(そうこう)がした約束のために結婚させられ、優秀なのに夫の能力不足のため自分の能力を活かせないなど……水滸伝の作者は女性が嫌いだったのでしょうか……?

 

彼女の綽名の一丈青は真っすぐの刺青のことですが、実はその描写がないため刺青はしてなかったのでは?という意見もありますが、ご紹介させて頂きました。

 

水滸伝好きが選ぶキャラクター

戴宗
『水滸伝』の誰が好き?晃が独断と偏見で選ぶキャラクターを考察

続きを見る

 

北宋・南宋

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-水滸伝
-