キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蜀軍に魔法と魔獣を使って徹底抗戦した木鹿大王がおもしろい

蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)




孔明君のジャングル探検

 

(しょく)丞相(じょうしょう
)
諸葛孔明(しょかつこうめい)は反旗を翻した南蛮部族を討伐するため出陣します。

南蛮部族は孟獲(もうかく)を大将にして諸葛孔明率いる蜀軍と徹底抗戦。

 

朶思大王と孟獲

 

孟獲率いる南蛮部族の武将達には凄すぎる特技を持っている武将がたくさんいました。

今回は孟獲の武将で凄すぎる特技を持った木鹿大王(ぼくろくだいおう
)
を紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
木鹿大王 特技」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:土安とはどんな人?兀突骨の右腕としても愛された烏戈国の精鋭

関連記事:木鹿大王とはどんな人?白い象を操る南蛮のウィザードが色々カオス

 

 

帯来の要請で孟獲を助ける木鹿大王

白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族)

 

木鹿大王は孟獲の武将・帯来(たいらい)の要請を受けて、孟獲を助けるために出陣します。

 

虎士(黒豹)

 

彼の軍勢は兵士三万人に加えて虎、狼、毒蛇などを引き連れて参戦。

 

木鹿大王は自身の元に居る虎や狼、毒蛇などを自在に操って戦いに参加する猛獣使いでした。こうして木鹿大王は孟獲の元へ駆けつけると早速、南蛮軍へ攻撃を仕掛けてきた蜀軍と戦うことになります。

 

 

魏延趙雲をビビらせた軍勢

 

木鹿大王の軍勢は上記で紹介した動物たちを従えて戦場に登場しますが、彼が引き連れている兵士達もとんでもな出で立ち(いでだち)をしていました。

まず木鹿大王の兵士達は赤い裸で四本の尖刀を持っていたそうです。

 

それに加えて猛獣使いの一隊。

そして木鹿大王は白い像に乗って大きな刀を二本持って登場します。

 

蜀の魏延

 

趙雲(ちょううん)魏延(ぎえん)は木鹿大王と対峙しますが、彼が引き連れてきた軍勢の奇妙さにビビってしまうのでした。

 

魔法炸裂

蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)

 

木鹿大王は趙雲魏延の連合軍との戦が始まると「旋風よ。巻き起これ!!」と呪文を唱えて台風並みの風を戦場に呼び込みます。更に木鹿大王は角笛を高らかにならすと毒蛇や虎が蜀軍へ襲い掛かります。趙雲・魏延の連合軍は木鹿大王の魔法と猛獣達の攻撃によって敗北。趙雲と魏延は諸葛孔明へ木鹿大王の戦いぶりを報告します。

 

考える諸葛亮孔明

 

すると諸葛孔明は「先帝に仕える前に一度そのような魔法を使う人物がいると聞いたことがある」と冷静に回答。そして諸葛孔明は二人へ「まあ天才丞相・諸葛孔明に任せなさい」と言って秘密兵器を出してくるのでした。

 

果たして魔法使いと天才丞相どちらが勝つのでしょうか。

 

魔法使い vs 天才丞相勝つのは一体どっちだ!?

孔明君のジャングル探検

 

諸葛孔明は再び諸将を従えて出陣します。

木鹿大王は諸葛孔明が出陣してきたことを知ると自慢の兵士と猛獣使いの部隊を従えて出陣。

 

こうして木鹿大王と諸葛孔明の戦いの火ぶたが切って落とされます。

木鹿大王はまず「旋風よ。巻き起これ!!」と呪文を唱えて再び旋風を戦場へ呼び込みます。

 

諸葛孔明は木鹿大王に対抗して羽扇を振ると旋風が木鹿大王の方へ向かって、吹き荒れていきます。

その間に諸葛孔明は用意した秘密兵器を繰り出します。

 

諸葛孔明が用意した秘密兵器は木彫りの獅子の文様を飾り付けた車で、車の中には火薬が詰められていました。

そして諸葛孔明は木彫りの獅子の車を出撃。

 

諸葛孔明が用意した木彫りの獅子の車は火を噴いて、木鹿大王の猛獣部隊を攻撃していきます。

猛獣部隊は獅子の車から吐かれる炎に驚いて、木鹿大王の部隊へなだれ込み、兵士たちを次々に傷つけていきます。

 

このため木鹿大王の部隊は大混乱に陥ってしまいます。

蜀軍は木鹿大王の部隊が大混乱に陥っている隙に総攻撃をかけ、木鹿大王の部隊を撃破することに成功。

 

木鹿大王率いる南蛮部隊は蜀軍に大敗北し、逃亡していきますが、蜀軍の追撃によってさんざんにやられてしまい、木鹿大王も戦死してしまうのでした。

こうして魔法使いVS天才丞相の戦いの結果は、天才丞相の勝利で幕を閉じることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は南蛮の魔法使いこと木鹿大王について紹介しました。

 

兀突骨

 

他にも孟獲の配下には276メートルもある巨人・兀突骨や毒の泉を駆使して蜀軍と戦った朶思大王など個性豊かな武将達がたくさんいました。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

これらは三国志演義にしか登場しない武将ばかりですが、読者を楽しませる趣向を凝らしており、読み物としてはなかなか面白いので、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

■参考文献 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董荼那とはどんな人?諸葛亮軍と孟獲軍の板挟みで悩まされた南蛮族

関連記事:祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった?

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 劉寵と袁術 マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  2. 合肥の戦いの満寵 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  3. 孫権と張昭 キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる
  4. 悪来と呼ばれた典韋 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  5. 【三顧の礼】劉備の諸葛亮への手紙にNGワード!逆賊疑惑
  6. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった?
  7. 関羽の救援要請をシカトする劉封 痛恨の裏切り!樊城の戦いで関羽を裏切った糜芳と傅士仁に迫る!
  8. 董卓 暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 孔子と儒教
  3. 解煩督 呉
  4. キングダム53巻
  5. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  6. 周瑜の魅力
  7. 袁術と劉繇

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】
  2. 立見尚文とはどんな人?八甲田山の雪中行軍の悲劇も紹介
  3. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 魏曹操と魏軍と呉軍
  4. 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家
  5. 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった? 木戸松子
  6. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件

三國志雑学

  1. 法正と劉備
  2. 劉禅に気に入られる黄皓
  3. 戦死 霊柩車 槥
  4. 袁術と袁紹の喧嘩


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  2. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  3. 劉備と孫権
  4. 関羽と関索

おすすめ記事

キングダム54巻amazon キングダム最新608話ネタバレ予想vol2「王翦に独立国は絶対無理?」 郭嘉 郭嘉が袁紹の軍師となっていた可能性を探ってみる 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命 孫武(ゆるキャラ) 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革 陸遜 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る 司馬昭と司馬師 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介 関羽の一騎当千 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP