木鹿大王とはどんな人?白い象を操る南蛮のウィザードが色々カオス


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族)

 

孟獲(もうかく)の6度目の出陣で带来洞主(たいらいどうしゅ)から声が掛かった木鹿大王(ぼくろくだいおう
)

魔法に長け、天変地異(てんぺんちい)を操ると噂されていました。

 

五虎大将軍の趙雲

 

(しょく)軍の趙雲(ちょううん)魏延(ぎえん)が、撤退するほどの勢いだったそうです。

それでは、木鹿大王(ぼくろくだいおう
)
の戦いっぷりと死の真相を探ってみましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「木鹿大王 人物像」
「木鹿大王 南蛮」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:忙牙長とはどんな人?水牛を使っても諸葛亮に勝てなかった南蛮副長

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

 


 

带来洞主の推薦を受ける木鹿大王

朶思大王、孔明

 

いよいよ万策尽きたかにみえた孟獲(もうかく)軍。6回目の戦闘で魔法使いの登場です。

木鹿大王(ぼくろくだいおう
)
は白い象に乗り、風を呼び、雨を降らせることもできる魔力の持ち主。並大抵の人物ではありません。

带来洞主(たいらいどうしゅ)の仲介で木鹿大王(ぼくろくだいおう
)
は孟獲のアジトへと足を運びます。

 


 

木鹿大王、孟獲と出会う

虎士(黒豹)

 

孟獲(もうかく)が村で木鹿大王に会ったとき、彼は象に跨り、金銀の財宝を身にまとっていたそうです。

二本の大振りの刀を腰に差し、飼いならした虎やヒョウ、狼を檻に入れて参上しました。

 

孟獲

 

孟獲は村の入口まで行って出迎え、過去に木鹿大王に行った仕打ちを許してほしいと願いでます。

すると木鹿大王の懐は深く、過去の事は水に流しましょうと孟獲を許します。

孟獲は喜び、宴の席を設けて盛大に接待するのでした。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話


 

初戦に勝利する木鹿大王

水牛を操る忙牙長(南蛮討伐)

 

翌日、猛獣を連れて蜀軍の討伐に向かう木鹿大王(ぼくろくだいおう
)
。見慣れない南蛮軍の布陣、そして兵士は鎧さえ身に付けず、赤い体をしています。

腰には四本の剣を下げ、顔は牛のような容貌です。

 

蜀の魏延

 

恐れをなした魏延(ぎえん)は一旦、陣に留まると趙雲(ちょううん)に告げます。

かの趙雲もこれはまずいと思ったのか陣を引き、徐々に本陣へと押されます。

 

考える諸葛亮孔明

 

二人とも諸葛亮(しょかつりょう)の元で戦況を伝えると申し訳なさそうな顔をします。

しかし、諸葛亮は鷹揚(おうよう
)
に答えます。

「実は対南蛮兵器があるのです。」

諸葛亮は続けました。

「現在、蜀には20台の秘密兵器があります。

今日はその半分を使い、残りはとっておきましょう。」

見ると赤く塗った秘密兵器と黒く塗った秘密兵器がありました。

諸葛亮(しょかつりょう)が兵器を披露すると、そこには木で猛獣の形を彫った車両がありました。表面は五色の絨毯で覆われ、鋼鉄の爪を持ち、中には兵士10人ほどが入れる空間が目に入りました。

 

諸葛亮は1,000名の精鋭を招集すると、その中から100名を選び、口の中に火種を含むよう伝えました。


  

 

 

木鹿大王は象にやられた!?

車に乗る諸葛亮

 

翌日、孟獲のアジトの入口まで秘密兵器を率いてやってきた諸葛亮。

見張りの南蛮兵が孟獲と木鹿大王へ敵の襲来を告げます。

 

蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)

 

「我は無敵である。」

自信満々に登場してきた木鹿大王と孟獲。

 

諸葛亮は秘密兵器の先端に座り、扇をゆったりと構えています。

「こいつが諸葛亮だ!やってしまえ!」

孟獲の一声とともに進軍を開始した木鹿大王。

 

猛獣を放って諸葛亮へと襲いかかります。諸葛亮は、ゆったりと扇を構えるとすさまじい風を呼び起こします。

そして、風に乗って孟獲軍の陣へと突撃し、秘密兵器を投入。火を吐く兵器に鼻を黒こげにされた猛獣たちは、身震いをして、鉄の爪に恐れをなします。

 

たまらずアジトへと引き返す木鹿大王の猛獣部隊。一気に形勢が逆転しました。猛獣隊の退却によって南蛮兵は混乱し、ケガをするものも出ました。

さらに諸葛亮は、最後に黒い秘密兵器を投入。孟獲軍は大混乱に陥ります。

 

そして、猛獣たちは恐怖のあまり山へと逃げ帰り、戦意を喪失。

 

白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族)

 

それは木鹿大王がまたがっていた白い象も同じでした。大きな象は諸葛亮の秘密兵器に驚くと態勢を崩し、転倒。木鹿大王は、その下敷きになって命を落としてしまいます。

 

孔明君のジャングル探検

 

こうして諸葛亮は、銀坑洞占領に成功するのでした。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

猛獣を操る魔法使い・木鹿大王(ぼくろくだいおう
)
ですが、最後は自分の愛用している象によって死を迎えます。

これほど火を吐く車両を猛獣たちが怖がると予想しなかったのでしょう。退却してくる猛獣たちは混乱して、多くの南蛮兵を傷つけたはずです。

猛獣や水をも操った木鹿大王(ぼくろくだいおう
)

 

韓信vs孔明

 

火を操る諸葛亮には手も足も出ませんでした。

 

荒れる黄河

 

これほどの使い手ならば雲南(うんなん)金沙江(きんさこう)長江(ちょうこう
)
の上流)を氾濫(はんらん)させれば勝機はあったかもしれません。

人には強い猛獣でしたが、火には弱いという点を理解していた諸葛亮の知恵が勝った瞬間でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!

関連記事:祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった?

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 

【動画】三国志演義が見下される理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 関羽と関索
  2. 郤正
  3. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  4. 劉備主役
  5. 楊鋒(南蛮討伐)
  6. 星彩


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP