キングダム最新603話ネタバレ「十五日目の異変」レビュー


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダム54巻amazon

 

勝っていると思っている中で李牧(りぼく)の急な陣形変更に趙の中央軍は動揺を隠せません。

どうして、何故?今まで勝っていたではないか?疑問だらけです。

しかし、李牧の指示変更は、(ぎょう)の使者からの悲報を受けて緊急の陣形変更でした。

使者の連絡は、鄴の食糧は全て焼かれ鄴城内は九城からの避難民であふれかえり、このままだと鄴は暴動により内部から崩壊し

半日も持たずに陥落するという衝撃の情報だったのです。

さらに鄴の城主は李牧に対し、「急いで南下して鄴を包囲するものを討伐し城を解放しろ」と命じました。

もう李牧は、朱海平原でちんたら横綱相撲を取っている猶予(ゆうよ)はなくなりました。

さぁどうするポンコツ李牧、ここからレビュースタートです。

 

※この記事はキングダム603話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム603話ネタバレ予想vol2「李牧逆転勝利?鍵は舜水樹が握る」

関連記事:キングダム603話最新ネタバレ予想「無理ゲー?すでに李牧が詰んでる理由」

 


 

キングダム最新603話ネタバレ「李牧談猶予はあるッ!」

李牧

 

鄴からの使者は李牧に対して猶予がない事を告げ、一刻も早く鄴城を救援に向かって欲しいと懇願(こんがん)します。

しかし、そんな簡単な話ではありません、ここで王翦を無視して兵力を南下しても秦軍に背中を打たれて壊滅です。

そこで李牧は余裕満々に「猶予はあります」と回答しました。

 

李牧の説明によるとどうも朱海平原から軍を全速力で鄴に向かわせると到着するまでは丸一日かかるようです。

その途中で仮に鄴で食糧がなくなっても鄴の城主なら3日間はその暴動を治めておけるので、ギリギリの猶予は2日間だと言うのです。

特に根拠はないようですが、鄴の城主には徳があるからなんでしょうか

 

つまり李牧は、今日一日をかけて王翦軍を倒し1日かけて鄴に向かう、そして鄴を包囲する桓騎軍を討伐するという都合2日という

ここまでの遅々とした朱海平原の展開を考えると到底出来そうにもない無茶な攻略プランを立てたのです。

それに対し、2日では遅すぎると心配する趙の幕僚たちに李牧は「これしか道はない」と断言しました。

 

※いや、ちょっと待って李牧、倒すのは王翦だけで背後から背を突いてくる飛信隊には一切の言及がないんですけど・・

 

さらに李牧は王翦(おうせん)に対し「一発喰らいましたよ王翦」と戦いを見つめつついうのでした。

一発というか事実上、ノックアウトなんだと思うんですが、まだ余裕があるんですかね。

 

さて色々あり、李牧の中央軍は、大鶴という軍を左右に目一杯広げて敵軍を包み込む陣形に変更しました。

場面を転換して、王翦の中央軍、ここでも李牧に呼応して王翦が陣形を変更しました。

そして、王翦も「李牧」を討ち取ると断言します。

 

王翦としては、これまで何をしても動かなかった李牧が鄴を救おうと浮足立つ今を利用して、完全なる勝利を得たいという考えでしょう。

 


 

キングダム最新603話ネタバレ「堯雲わしが信と王賁の命は獲るけえのぅ」

 

同じ頃、秦の右翼の状況は深刻の度合いを増していました。

昨日、かなり削ったはずの趙軍の抵抗がかなり激しく迅速に李牧の中央軍に肉薄するのが難しくなっていました。

 

それでも、十五日の戦いを戦い抜いた飛信隊、さらなる奮闘で、いよいよ堪えきれなくなった趙軍の左翼が後退を開始します。

大喜びする飛信隊ですが、そこで河了貂(かりょうてん)がこれは策略だと指摘しました。

 

なんの事はありません、わざと後退して独立部隊になり、また進んできて秦右翼が李牧を攻撃するのを阻止しようというのです。

あの趙峩龍(ちょうがりゅう)が生前に、ちんたらと行いひたすら戦いを引き延ばしていた悪名高き戦法を繰り返すというわけです。

 

ところがここで異変が発生します。

後退して独立友軍になろうという馬南慈(ばなんじ)の提案を堯雲軍と趙峩龍の残留軍が拒否したのです。

 

堯雲「馬南慈のぉ、わしらは、もう秦のはなたれ連中に尻を向けるのは沢山じゃあ・・

このまんま、秦の右翼に突っ込み、飛信隊の信と玉鳳隊の王賁(おうほん)のガキどもの首を一緒に挙げてやるけェのぅ」

 

こうして馬南慈が止めるのを聞かず、後退を拒否して逆に秦軍右翼へ突撃を開始したのです。

もしかして、ここには堯雲が聞いたという藺相如の遺言も関係しているのでしょうか?

 

そうだとすると、来週、キングダム604話では、いよいよ堯雲vs信、或いは王賁のラストマッチが始まるかも知れません。

そして、大鶴(だいかく)の陣を広げて、王翦軍の包囲殲滅を画策してきた李牧、それに対して王翦はいかなる陣形で対抗するのか?

大変に楽しみ過ぎるキングダム604話に続きます。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム604話予想

 

今回のキングダムを読んで李牧の戦略って大雑把で杜撰(ずさん)だなと思いました。

朱海平原から鄴までの進軍が丸一日かかるというのはいいとして、鄴の避難民が3日間は飢えても辛抱できる根拠はどこにあるのか?

王翦さえ撃破すれば、自分の右を狙ってきている飛信隊は眼中にない的なコメントで背を討たれたりしないのだろうか?

 

そもそもこの鄴城主、列尾に舜水樹(しゅんすいじゅ)公孫龍(こうそんりゅう)という、ほぼ無傷の趙兵が待機しているのは完全無視なのでしょうか?

仮に、城主が分からないとしても、李牧が「いや、列尾に舜水樹もいるし」と助言すれば鄴が解放される可能性はもっと増えると思うんですけどね。

 

この列尾完全無視というストーリー展開について記事を読んでいる読者の皆さんはどう思いますか?

 

さて、堯雲は馬南慈得意のちょこまか遊撃作戦を却下してきました。

これはキングダムの読者の皆さんも、よくやったと拍手したと思います。

この期に及んでもチマチマ攻撃かよという話ですからね。

どうも趙は李牧の気質が伝染したのか、この手のちょこまか戦法が大好きな様子です。

李牧が陣形変更した大鶴の陣は鶴翼の陣の事かと考えられますが、それに対して王翦が何の陣で対抗するかも気になります。

 

追記:6月20日、キングダム604話が発表されました。

残念な事に信と羌瘣はかなり疲労していて、十五日目の戦いは開始当初から動きが鈍いようです。

折角、十四日目の夜に馬肉鍋を食べたのに、オッサンの堯雲より疲れているとは意外でした。

逆に王賁と玉鳳隊は元気で堯雲軍と趙峩龍の残党に正面からぶつかって飛信隊を援護します。

どうやら堯雲と最初にぶつかるのは王賁と玉鳳隊のようです。

一方で直接対決した王翦と李牧ですが、李牧の繰り出した大鶴陣には秘密があるらしく王翦も攻めあぐねているようです。

どうやら、この秘密を解かないと王翦は全滅の危機にある模様ですね。

詳しくは↓から読む事が出来ます。

キングダム最新604話ネタバレ「李牧の戦術」レビュー

 


  

 

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

次は堯雲が信か王賁と戦う事になるかも知れません。

ようやく半死半生から回復したのですから、堯雲については王賁に討って欲しいものですがどうなるでしょうか?

そして、信と王賁をまとめて殺ったるわという右腕が使えない事を考えると、あまりにも無謀な堯雲の一言。

もしかして、藺相如の遺言と関係があるのでしょうか。

 

前回記事:キングダム最新602話ネタバレ「李牧の陣形」レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム602話ネタバレ予想「鄴城で桓騎による虐殺が起きる!」

関連記事:キングダム602話ネタバレ予想vol2「倉央と田里弥の実力は?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. ホウ煖(龐煖)
  3. キングダム52巻
  4. 楚の旗と兵士
  5. キングダム52巻
  6. バジオウ


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP