ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

方天画戟とはどんな武器?呂布が使ったものは12キロもあった!

呂布のラストウォー 呂布


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呂布のラストウォー 呂布

 

呂布(りょふ)といえば方天画戟(ほうてんがげき
)
というほど、彼にマッチした古代中国の武器。それが方天画戟です。

 

呂布 VS 曹操

 

またの名を「方天戟」とも言い、()(しん)でフィーバーしました。

ここでは方天画戟の特徴や使い方について紹介していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「方天画戟 武器」
「方天画戟 呂布
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?

関連記事:呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?

 


 

三国志演義呂布の方天画戟が最長

呂布の英雄石像

 

(げき)」は古代中国におけるメジャーな武器の一つ。長い柄の先に金属製の尖った矢じりがつき、そのすぐ下に三日月状(みかづきじょう)の刃が付いています。三日月状の刃は片側のみと両側の2パターンがあり、両方とも方天画戟のカテゴリーに入ります。

 

赤兎馬にまたがる呂布

 

呂布が使っていた方天画戟は重さが12キロあると記載された書物もあり、会得するにはかなりの訓練が必要とされていました。だいたい6畳用のエアコンと同じくらいの重さです。

 

騎兵を率いる夏侯尚

 

戟の先端は金属で柄の部分には木や竹が使われました。長いもので全長3メートルに達し、歩兵や騎兵が主に使用していました。デビューした頃、金属部分は青銅製でしたが、武器の製造技術が上がってくると鉄製へと変化しました

 

赤兎馬と呂布

 

方天画戟は矛や槍といった武器と違い、複雑な作りで攻撃方法も多様であったことから、マスターするには年月が必要でした。剣や矛、槍などの特徴をすべて併せた万能な武器なので、その威力は他の追随を許しません。マスターすれば、錘などの重い武器とも互角に渡り合えるパワーがありました。

 

成廉、魏越、呂布

 

また、矛や槍と併用する使い手もおり、そうした武将は相当の手練れと見ていいでしょう。こうした武将は呂布のように、戦場で一目置かれる存在でした。

 

スキッパーキ犬

 

現代風にいえば、トイプードルを飼って六本木ヒルズに住むような人物でしょうか。つまり、方天画戟を持って、馬に乗るだけで強さをアピールできたのです

 


 

ヨーロッパではスイスの戟が有名

 

西洋の戟は、そのほとんどが斧と矛を合わせたデザインでした(ハルバード)。

 

スイスの戟が著名で長さは2~3メートル、突くだけでなく引っ掛けたり、叩いたりして攻撃することも可能です。つまり、スイスの戟も方天画戟のように用途の広い武器だったのです。

 

他方でスイスの戟も方天画戟と同じように作るのにコストがかかり、先端が重いため長さが限られていたというデメリットがありました。そのため、ヨーロッパでは矛のオプションとして使われることが多く、鉄砲や銃剣が発明されると軍隊の武器としては採用されなくなります。


 

方天画戟の使い方は?

呂布

 

方天画戟は「援」、「胡」、「内」、「搪」の4つの使い方があります。まずは「援」からです。払う、回す、薙ぐが主な使い方、よく槍で見かける攻撃方法と同じです。

 

次に「胡」の使い方。側面で叩く、上から叩くで刃ではなく、方天画戟の平らな部分を使って攻撃します。方天画戟は重量があるので、その重さで敵を押しつぶすことができます。中国語で「胡」は外国のものという意味があり、呂布はモンゴル出身であったことから、「胡」の用法で方天画戟を振り回していた可能性が高いのです。

 

そして、「内」。引っ掛ける、ねじ込む、翻すといった回転を加えた攻撃方法です。体の内部に打撃を加えるので致命傷を与えることができます。

 

最後は「搪」です。貫く、はじく、突き上げるという防御と攻撃が一体となった使い方。この4つをマスターすれば、読者のみなさんも呂布のように強くなれるでしょう。

 

私見では最後の「搪」の難易度が高いと思います。理由は方天画戟が重い武器だからです。槍と違うので、相手の武器を払うには相当の腕力と動体視力が必要です。戦いでは自分ばかりが攻撃するわけではありません。相手も攻撃してきますから、攻防一体となった技を身に付けることが戦場で生き残るコツです。


  

 

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

方天画戟のビジュアルばかりでなく、その使い方や製造過程でのメリット、デメリットも紹介しました。

 

三国志 武器

 

銃が発明されるとヨーロッパで戟は姿を消します。やはり、重すぎる武器はスピードという点においてマイナスとなったのでしょう。反面、剣は長い間使われ続け、近代では銃と合体して「銃剣」となりました。

 

三国時代の船 蒙衝

 

こうして武器は威力だけでなく、スピードや精度が求められる時代になったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が動いた!

関連記事:三国志の武器はどこが製造していた?武器を製造する考工令とは

 

 

【古今東西の英雄達が愛用した武器・装備】
英雄の武器特集

 

 

上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  2. 郭嘉 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!???
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  4. 生姜を買ってくる左慈と曹操 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!?
  5. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  6. 本当に詩人?シニカルすぎる曹植の史実
  7. 魯粛、周瑜、劉備 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?
  8. 陸遜の部下の兵士 三国時代の平兵士たちの給料は?戦死した場合遺族に補償はあったの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 于吉、孫策
  2. 完顔阿骨打(太祖)
  3. 史進(水滸伝)
  4. 病気がちな孔明
  5. 曹操と夏侯惇
  6. 司馬懿対孔明
  7. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

  1. 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格 陸遜
  2. 荀勗とはどんな人?晋の皇帝をも操った大臣 荀勗(じゅんきょく)
  3. 郭淮の死は正史三国志と三国志演義では全然違う件 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍 三国志 象兵
  5. 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの? 光武帝を解説する荀彧
  6. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた? 胡亥

三國志雑学

  1. 顔良を討ち取る関羽
  2. 水攻めをする兵士
  3. 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  4. 三国志の計略と孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 責められる陸遜
  3. ホウ煖(龐煖)
  4. 孔明南東の風
  5. キングダム
  6. 徳川将軍珈琲 amazon引用

おすすめ記事

公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!! 玉璽 三国志 玉(ぎょく)が大好きな中国人 蜀の劉備 え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!? 劉禅 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った 2つの持論を展開する費禕 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介! 張角は歴史の表舞台に登場 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP