あの勇猛な呂布が命乞い?その真相に迫る


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

赤兎馬と呂布

 

呂布(りょふ)」といえば三国志(さんごくし)屈指の勇猛な武将として有名ですね。多くのメディアでもそのようなイメージで人気もありますよね。

 

呂布のラストウォー 処刑される呂布

 

そんな呂布、最後は曹操(そうそう)に敗れ捕らわれることになったのですが、なんとその時に「命乞い」をしたと言うのです。呂布が命乞いをしたとなれば実に情けないエピソードですが、その真相はどのようなことだったのでしょうか?

 

後漢書(書類)

 

史書である「三国志」「後漢書(ごかんじょ)」、そして小説「三国志演義(さんごくしえんぎ)」などから呂布の命乞いについて探ってみましょう。まずは呂布の生涯から。

 

 

呂布は武芸に秀で、その名を知られた

丁原(ていげん)

 

呂布の前半生は不明ですが、武芸に優れたものとして有名で、その評判を聞いた并州(へいしゅう)の長官「丁原(ていげん)」が彼を召し抱えます。

 

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

しかし、権力を握った董卓(とうたく)に呂布は手玉に取られ、董卓と対立していた丁原を殺害してしまいます。以後、呂布は董卓に仕え、ボディーガードのような役目を務め、将軍としても戦場で活躍します。

 

関連記事:呂布の生い立ちが謎すぎて、三国志演義では魏の人になった丁原を考察

関連記事:丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ

 

呂布

 

 

 

董卓を殺し、放浪の身となる

董卓

 

董卓は王朝の実権を握り、無理やり遷都するなど思うがままに振舞います。

 

王允と呂布

 

これに心を痛めていた高官の「王允(おういん)」は董卓暗殺を計画し、これに呂布を引き込むことに成功し、かくして呂布は董卓を殺害します。

 

王允と呂布

 

ここで有名な女性、貂蝉(ちょうせん)をめぐる董卓と呂布の争いと恋があるのですが、残念ながらこれは小説「三国志演義」のフィクションです。

 

李傕・郭汜祭り

 

董卓の死後は王允とともに朝廷で権力を握りますが、李傕(りかく)など董卓の残党に攻められ、奮戦するも敗れ逃亡します。以後は袁紹(えんしょう)張邈(ちょうばく)らの元に身を寄せ、そこでも戦場で力を発揮します。しかし、曹操との戦いで敗北し、次は劉備(りゅうび)の元を訪れることになるのです。

 

関連記事:李傕と郭汜のズッ友の誓いは何故破られた?二人が争った理由は女性関係だった?

関連記事:【李傕・郭汜祭り 1日目】凶悪!董卓を上回る暴君李傕の履歴書

 

李傕・郭汜祭り

 

 

独立し曹操と対立する呂布

劉備を裏切る呂布

 

呂布は劉備と親しげに接しますが、劉備は呂布を警戒していたといいます。その懸案は当たり、劉備が袁術(えんじゅつ)と戦っている隙をつき、呂布は劉備の城を乗っ取ります。

 

呂布に従う陳宮

 

すると劉備を庇護する立場であった曹操が呂布の領地に攻め込んできます。呂布の参謀であった「陳宮(ちんきゅう)」は曹操との決戦を避けるよう提案しますが、呂布は拒否、曹操と野戦で戦いますが敗北、呂布軍は下邳(かひ)の城に籠城することになりました。

 

関連記事:「張遼と陳宮と呂布陣営」呂布陣営の強さと弱点に迫る

関連記事:陳宮と陳登の二人を呂布が用いれば曹操が滅亡してた?

 

陳宮

 

 

呂布、ついに敗北

呂布にとどめを刺すよう曹操に献策する郭嘉

 

曹操は城を囲みますがなかなか落とすことができません。曹操は撤退も検討しますが、軍師の「郭嘉(かくか)」らは「水攻め」を提案します。これにより呂布軍の士気は大いに下がり、裏切り者も現れ呂布は降伏することになったのです。

 

関連記事:陳宮の珍エピソード?実は主君・呂布が大嫌いだった?

関連記事:もしも、陳宮が呂布ではなく袁紹を支持して兗州を取らせたらどうなる?【if三国志】

 

郭嘉特集

 

 

呂布の最期、命乞いをしたのか?

呂布

 

呂布は縛られ、曹操の前に突き出されます。

 

そこで呂布は「縛り方がきつい、少し緩めてくれ。」

 

曹操から水攻めを受ける呂布

 

曹操は「トラを縛るのにはきつく縛らないといけない。」すると呂布は「天下は決まった。貴殿が歩兵の指揮をとり、俺が騎兵を指揮すれば天下などたやすいぞ!」と語ります。

 

呂布

 

これは「配下にしてくれれば活躍する、命は助けてくれ。」という意味で、命乞いですね。それほど呂布は自分の武力に自信があったのでしょう、曹操もその助けが欲しいに違いない、と睨んでいたのかもしれませんね。

 

関連記事:李粛とはどんな人?董卓からお友だちの呂布に乗り換えた五原郡の人

関連記事:虎牢関の猛将呂布より出世していた胡軫とは何者?

 

呂布対項羽

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-呂布
-