呂布の容貌は貂蝉の美貌で美化された?美男美女カップル誕生の秘密

2023年3月6日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志演義_書類

 

三国志(さんごくし)三国志演義(さんごくしえんぎ)として、民間でもとても好まれてきました。そう考えると、三国志演義の存在と言うのは大きいものです。さてこの三国志演義、色々と姿形を変えて広まっていき、京劇などでも楽しまれています。

 

文醜と顔良

 

となると当然実在の人物が演じることになるのですが、そうなると役者の容貌というものが重要になってくる訳でして、イケメン扱いされる武将もいれば、そうでもない武将もおります。

 

赤兎馬が大好きな呂布

 

その中で、良くイケメン、コホン、美男子とされる武将として呂布(りょふ)がいることについてお話したいと思います。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



元祖美男子・周瑜

周瑜

 

ちょっと先に京劇などで美男子として扱われる人物として、周瑜(しゅうゆ)をご紹介しておきましょう。周瑜はご存知、孫呉(そんご)の人物であり、孫策(そんさく)孫権(そんけん)を支えた人物でもあります。

 

魯粛

 

三国志演義では魯粛(ろしゅく)をいびったりといまいちな面が目立ちますが、正史においてはそんな姿はなく、正に智勇兼備(ちゆうけんび)にしてパーフェクトなイケメンです。そして周瑜はしっかりと正史にその容貌について「長壮にして姿貌有り」と記されています。

 

こちらもCHECK

水面に弱気な自分が映る周瑜
本当に三国志一のイケメン?周瑜のイケメン逸話の数々!

続きを見る

 

 

 

美周郎

周瑜の魅力

 

周瑜がその才を発揮したのは軍才のみに非ず、若かりし頃から音楽にも精通していると言われていました。

 

これは歌にもなり「曲に誤りあれば、周郎が振り向く」とまで言われています。

 

もしかしたら絶対音感のような才能の持ち主でもあったのかもしれませんね。この音楽にも通じる様は三国志演義にも取り入れられ、雅な美丈夫、美周郎(びしゅうろう)の姿が作り上げられました。このため京劇では周瑜は美丈夫が演じるもの、ともされています。

 

こちらもCHECK

周瑜 周郎
周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?

続きを見る

 

よかミカンのブラック三国志入門

 

 

もう一人の美男子・呂布

北方謙三 ハードボイルドな呂布

 

さてさて、この京劇で演じられる際に、もう一人(だけという訳ではありませんが)、美男子として扱われる存在があります。その人物こそ、前述した「呂布」です。

 

意外だったでしょうか?

 

方天画戟を持つ呂布

 

呂布は猛将、万夫不当(ばんぷふとう)の豪傑としてのイメージが強く、美男子、もうちょっと言うと、一般的に言う線が細いイケメン的な美男子は想像しづらいかもしれません。まあイケメンの全てが線が細いということはないでしょうが。

 

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

しかしどうして呂布は美男子扱いをされるようになったのでしょうか?

 

こちらもCHECK

桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
関羽と呂布は特別な存在だった?フィクション「虎牢関の戦い」の編纂背景を考察

続きを見る

 

 

 

呂布の容貌

呂布のラストウォー 呂布

 

さて三国志演義では、呂布は猛将、万夫不当の豪傑です。

 

曹操と呂布

 

煌びやかな鎧をまとい、強くたくましい武者……その武勇こそ華々しくも猛々しいものの、謀に弱く、またその時、その時の自らの欲望にのっとって動く人物であり、軽はずみな面もあるために配の心は離れていき……と、武勇は間違いなく一級品でありながら、どこか猪武者であるように描かれています。

 

曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備

 

事実、呂布は曹操に敗れ、命乞い空しく処刑されてしまいました。

 

こちらもCHECK

袁術に助けを求める呂布
あの勇猛な呂布が命乞い?その真相に迫る

続きを見る

 

英雄の死因

 

 

間違いのない豪傑・呂布

赤兎馬にまたがる呂布

 

正史において呂布は

 

「弓馬に優れている」

「腕力が強い」

董卓(とうたく)にいきなり武器を投げつけられてかわす」

 

 

矢を当てる呂布 呂布、紀霊

 

などなど、その武勇の優れっぷりが間違いでないことが書かれています。間違いなく、三国志演義の誇張などでなく、呂布は万夫不当の豪傑であったのです。しかしどうにも呂布の容貌に関しての資料は見受けられません。ではどうして呂布は京劇などで美男子として扱われるに至ったか?

 

こちらもCHECK

kawausoと呂布と張遼
呂布って本当に強いの?正史を見ると意外な呂布の戦績

続きを見る

 

民間伝承の三国志

 

 

 

貂蝉という存在

貂蝉

 

ここで思い出して欲しいのが、貂蝉(ちょうせん)という存在です。三国志演義で登場する貂蝉は、あくまで董卓と呂布の間を裂く存在です。叡智と度胸、美しさを兼ね揃えているにも関わらず、間を裂いた後は殆ど出番がありません。

 

貂蝉

 

しかしこんな良い登場人物がそこで終わりではもったいない。と思われたかどうかは分かりませんが、貂蝉のその後は色々な伝承が残されています。そしてこの貂蝉の存在こそが、呂布の容貌に影響を及ぼしたのではないかと思います。

 

こちらもCHECK

貂蝉と呂布
呂布と貂蝉に愛はあった方が良い?ない方が良い?

続きを見る

 

if三国志

 

 

美女に相応しきもの

貂蝉を奪い合う董卓と呂布

 

作品によっては、呂布はあくまで貂蝉に利用された人物です。万夫不当の豪傑の豪傑が、一人の美女に良いように扱われたのです。しかしこれは逆に、呂布に親しみがわかないでしょうか?

 

貂蝉と呂布

 

戦場において敵なしの名将が、一人の女性への慕情に狂い、利用されて主を殺してしまいます……ものによってはそこから美女との本気の愛情が生まれたりして!

 

これは物語として民衆受けの良いものではないかと思います。それを考えた場合、董卓はまだしもまだまだ若い猛将・呂布を、美女・貂蝉と釣り合うように美男子として扱ったのではないかと思うのですが……どうでしょうか?

 

大喬と小喬

 

周瑜も小喬(しょうきょう)という美人妻がいるし、恋愛物として描いた場合は主人公格が美男美女の方が面白い、と昔の人も考えたのかな、と思った筆者でした。

 

こちらもCHECK

貂蝉と呂布
呂布が愛した人妻って?貂蝉のモデルとなった正史三国志の侍女とは?

続きを見る

 

呂布

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

現代では多様化も多様化で、貂蝉が寧ろ美女ではなかったり、寧ろ董卓がカッコ良かったりと色々ありますが、どれもこれも色々な解釈があって面白いものです。

 

ポイント解説をするセン様

 

ただ三国志演義ではそこまで恋愛が重要視されていない、寧ろ下手すると失敗の原因のように描かれることが多いので、貂蝉という存在は省かれたのかな、と思います。個人的に呂布が貂蝉への思慕に染まっていく様は、逆に呂布の人間味を感じて好きなのですが……皆さんはどうですか?

 

センさんが三国志沼にドボン b

 

どぼーん。

 

参考文献:呉書周瑜伝 魏書呂布伝

 

こちらもCHECK

ヘソにろうそくを刺される董卓
呂布が董卓を暗殺した理由は長安遷都が原因だった!?

続きを見る

 

呂布対項羽

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-呂布
-,