織田信長は精神的な病気だった?天才的なひらめきを発揮した信長の苦悩

2019年6月14日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

織田信長

 

今回は織田信長(おだのぶなが)の精神状態に注目します。織田信長といえば、戦いや政治では大胆なやり方を実行したことで有名です。一方で、織田信長は気性が荒い性格だったことから何かしらの精神疾患があったのではという指摘もあります。この記事では、織田信長の才能を発揮した場面と精神疾患が見られる事例をそれぞれ紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「織田信長 病気」
「織田信長 苦悩」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:織田信長はなぜ尊敬されるのか?

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



織田信長の天才的なひらめき

織田信秀(おだのぶひで)は信長のお父さん

 

織田信長は父・織田信秀(おだのぶひで
)
が病死したことにより家督を継ぎました。信長は今川義元(いまがわよしもと
)
の寄親・寄子制を手本にしようとしますが、尾張は小国であることから諦めました。代わりに武士の二男・三男以下の仕事のない若者と交流し、家臣として取り立て、戦う集団にします。このやり方によって繁忙期に農民を兵士として集められないという弱点を克服することができました。

 

豊臣秀吉 戦国時代

 

後に、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の兵農分離へとつながります。

 

火縄銃を気に入る織田信長

 

織田信長といえばポルトガル人宣教師にキリスト教の布教を許したことで南蛮文化を積極的に取り入れました。

 

宣教師 ルイスフロイス

 

例えば、ルイスフロイスが信長に地球儀や世界地図を見せて地球の構造を説明しました。信長は地球の構造を一瞬で理解したといわれています。1992年の大河ドラマ『信長 King of Zipang』など多くのドラマでは、ガリレオ・ガリレイの地球は丸いという学説の説明を受け、すぐに理解したシーンを見ることができます。

 

南蛮胴を身に着けた織田信長

 

なお、織田信長が説明を受けていたとき、ヨーロッパでは、ガリレオ・ガリレイの地球は丸いという議論について確定していなかったようです。織田信長はヨーロッパの政治体制にも関心がありました。織田信長はルイスフロイスから当時のヨーロッパの政治体制の説明を受け、一瞬で理解したといわれています。

 

 

 

精神疾患があった織田信長

馬に乗って戦う若き織田信長

 

織田信長の性格について取り上げます。信長はいい人として評価される一方で、気性が荒いことでも有名です。

 

例えば、織田信長は家督争いで弟の信勝(信行)を殺害しました。尾張国を平定した際、敵方の弟についた林道勝や佐久間信盛らを許し、家臣に取り立てます。また、信長は失敗した家臣に再チャレンジの機会を与えています。しかし、成果を出せなくなると過去の裏切りや失敗を理由に追放しました。追放された家臣として林道勝や佐久間信盛が当てはまります。

 

信長には残酷な一面も見られました。比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ
)
の焼き討ちや伊勢長島の一向一揆における虐殺が挙げられます。これらの出来事について、戦っていた兵士だけでなく、女性や子供も虐殺しました。

 

このような家臣の追放や虐殺について、信長は感情をコントロールできなかったという説があります。精神科医によれば、情性欠如型人格障害があったのかもしれないということです。前頭葉で感情をコントロールしますが、前頭葉でコントロールできなかったのかもしれません。

 

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

今回は織田信長の才能を発揮した場面と精神疾患の症状が見られた事例を比較する形で注目しました。具体例として、宣教師から説明を受けた地球の構造やヨーロッパの政治体制を一瞬で理解したことを取り上げ、天才的な一面があることが分かりました。

 

一方で、織田信長については残酷な一面があることでも有名です。残酷な事例として、譜代からの家臣だった林道勝や佐久間信盛を追放したことを挙げました。他に、比叡山延暦寺の焼き討ちや伊勢長島の一向一揆で女性や子供を虐殺したことも取り上げました。

 

近年の研究において、信長には感情をコントロールできなかった人格障害があったという指摘がされています。テレビ番組などで偉人たちの健康状態や精神状態が分析されていることから新しい発見があるかもしれません。今後の研究に期待したいと思います。

 

関連記事:どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

関連記事:【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから

 

if三国志

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-戦国時代 (日本)
-,