キングダム最新604話ネタバレ予想「リミットは2日李牧は間に合うか?」

2019年6月15日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダム54巻amazon

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム603話では、李牧(りぼく)より(ぎょう)を救う事が出来るタイムリミットが提示されました。

それによると、朱海平原で李牧の中央軍が王翦(おうせん)軍を撃破して1日、さらに残り1日で朱海平原から鄴に移動し桓騎(かんき)軍を撃破し合計2日間という事です。

たった2日で王翦の中央軍と桓騎軍を撃破するという信じがたい李牧のプランですが果たして実現可能なのでしょうか?

それともポンコツ李牧が味方の非難を防ぐ為に吹いた法螺(ほら)なのでしょうか?

今回は李牧が2日のリミットで鄴を救えるかどうかを考えます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新603話ネタバレ「十五日目の異変」レビュー

関連記事:キングダム603話ネタバレ予想vol2「李牧逆転勝利?鍵は舜水樹が握る」

 

 

 

キングダム最新604話ネタバレ予想「鄴の兵糧持って半日」

城 銅雀台

 

キングダム603話では鄴からの使者が「鄴の兵糧は持って半日」と発言していました。

これを聴くと、「え?じゃあ、100%間に合わないじゃん」と思いますが、李牧の言では、完全に兵糧が尽きても鄴の城主なら根性をみせて

3日は暴動を抑えられるから大丈夫との事。これは鄴の城主に徳があるからという強引な設定のようです。

李牧の見立てでは、これにより鄴の食糧が尽きたとしても残り2日で桓騎軍を撃破できればなんとか鄴を救援できるというものでした。

色々、突っ込みどころは満載ですが漫画設定をいじっても始まらないので、李牧の言い分を100%受け入れた上で、勝利できる可能性を探ってみます。

 

 

 

キングダム最新604話ネタバレ予想「李牧必殺の大鶴陣」

李牧

 

では、李牧は宣言通り、王翦軍を1日で殲滅できるのでしょうか?

理屈の上では、出来ない事はないと思います。

それというのも、李牧は鄴のピンチを知った瞬間から陣形を大鶴(だいかく)の陣に変えたからです。

の大鶴の陣は、どうも日本で言う鶴翼(かくよく)の陣の事らしいのです。

 

鶴翼の陣というのは、兵力を左右に目一杯広げて本陣を手薄にしておきそこに敵を誘い込んで包み込み、左右の翼で挟撃(きょうげき)殲滅(せんめつ)させる

必殺の防御陣です。

実は李牧は史実でも、雁門(がんもん)匈奴(きょうど)相手に鶴翼の陣を敷いて、匈奴騎兵を誘い込んで包囲殲滅して十万余りを殺害した事があります。

ただ、この鶴翼陣は、大将の陣営が非常に弱くなるので左右の軍がちゃんと迅速に包囲殲滅が出来ないと、大将を討たれてしまうリスクもあります。

 

それはともかく、王翦の軍を包み込んで左右の翼で殲滅してしまえば王翦が生き残っても中央軍はほとんど残らず、追撃も出来ない事になります。

これなら、李牧はたった1日で王翦の軍勢を殲滅して鄴に向かう事が可能になるでしょう。

 

キングダムネタバレ考察

 

 

キングダム最新604話ネタバレ予想「王翦は敢えて大鶴陣に乗るか?」

王翦

 

さて、一方の王翦です、李牧の中央軍が5万人に対して王翦は兵力を分散して減少させているので半分程度しかありません。

この場合、王翦は李牧の大鶴陣を上回るような大鶴陣を敷く事は出来ないのです。

では、何が出来るのか、恐らく魚鱗(ぎょりん)陣で周囲を固めて、もっとも脆弱(ぜいじゃく)な李牧の本陣に向かって突撃するのではないかと思います。

 

キングダム603話の終盤で王翦は李牧を討ち取ると宣言していました。

それはつまりこういう事だと推測します。

 

①時間がない李牧は大鶴陣で王翦軍を包み込んで包囲殲滅の手を取るだろう

②大鶴陣は本陣が一番脆弱になる陣形だから、そこに王翦が魚鱗で突撃する

③大鶴陣の左右の翼が戻らないように、田里弥と倉央の別動隊1万ずつに翼の左右を攻撃させ李牧の本陣を落とすまでの時間を稼ぐ

④李牧首チョンパオワタ!

 

このように王翦は焦った李牧が大鶴陣で王翦の中央軍を包囲殲滅する事を見越しそれに敢えて乗る事で、逆に李牧の首を斬る事を画策するでしょう。

王翦としては黙って待てば勝つ展開ですが、ここは李牧の首に拘る必要があります。

何故なら、李牧の大鶴陣に乗らないとひたすら仕掛けてくる李牧から王翦が逃げまくる展開にしかならず漫画としても面白くないからです。

   

 

キングダム最新604話ネタバレ予想「李牧は秦軍右翼をシカト?」

 

李牧のプランには、王翦が正面で戦っている時に右から食い込んでくる飛信隊を中核とする秦軍右翼への言及がありませんでした。

これには、理由が二つ考えられます。

一つは趙軍左翼の馬南慈と堯雲に全幅の信頼があり秦軍右翼がこれを抜いて自分達の前に来れる筈がないという自信のあらわれです。

もう一つは王翦の中央軍さえ殲滅させれば、空腹の秦軍右翼は瓦解してしまいとても李牧の背後を討つ気力はないという読みでしょう。

 

一は能天気過ぎるとしても、二はない事もないでしょう。

麻紘(まこう)将軍や亜光(あこう)将軍が戦死したり、負傷したりとは違い王翦は秦軍の要です。

飛信隊は何とか頑張れても亜光軍は崩壊して脱走が相次ぐでしょう。

そして、飛信隊だけでは、五万の李牧中央軍を撃破するのは無理があります。

ましてや、李牧はこの戦いで死なない事が分かっているので、いちかバチかで総大将の首を狙うというギャンブルも出来ません。

やはり、王翦軍が殲滅されると秦軍の右翼も持たないと思います。

 

キングダム最新604話ネタバレ予想「でもやっぱり李牧は負ける」

亡くなる李牧

 

しかし、やはり李牧の戦略は失敗すると思います。

理由は、この戦いは十五日目に終わるというそれぞれの直感です。

王翦が李牧に負けると、戦いは鄴に移り十六日目以降も続く事になります。

そして、李牧がどう逆立ちしようとも鄴が陥落するのは史実であり取り消す事が出来ない事なのです。

 

そうだとすると、李牧は王翦軍を殲滅する事が出来ずに、どこかで敗北に(まみ)れてしまうのだと思います。

やはり桓騎との戦いは次までお預けという方向に持っていき今回は王翦に花を持たせた上で幕切れ

次は李牧のリベンジ戦ではないかと思います。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

kawausoの予想では李牧は大鶴、王翦は魚鱗で激突するのだと思います。

王翦は一刻も早く李牧の首を獲ろうと少数精鋭で本陣に肉薄(にくはく)。それに対して、李牧は左右の陣に対して包囲を命じますが、

そこに対して田里弥(でんりみ)倉央(そうおう)が別動隊で蛇陣(だじん)を敷いて左右の鶴翼を攻撃して、包囲が出来ないように時間を稼ぎます。

そうこうして、李牧と王翦が膠着(こうちゃく)している間に信は龐煖、王賁は堯雲と激突してという形で、あとはカメラが切り替わっていき

最後の佳境(かきょう)へと向かうのではないでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム603話最新ネタバレ予想「無理ゲー?すでに李牧が詰んでる理由」

関連記事:キングダム最新602話ネタバレ「李牧の陣形」レビュー

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-キングダムのネタバレ考察
-, , ,