本当は怖い『水滸伝』実は残酷でメンタルやられる四大奇書

2019年6月21日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

水滸伝って何? 書類や本

 

水滸伝(すいこでん)』は(みん)(1368年~1644年)の時代に作られた小説です。中国では『三国志演義(さんごくしえんぎ)』に匹敵する人気を誇っております。

 

燕青(水滸伝)

 

モチーフは北宋(ほくそう)(960年~1127年)末期の小規模な反乱です。実は『水滸伝』にはマンガやドラマでは、描かれない残酷な個所が存在します。

今回は「本当は残酷な『水滸伝』」を紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「水滸伝 残酷」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

関連記事:【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



拳3発で人殺しする魯智深

魯智深

 

まずは魯智深ろちしん)の話です。魯智深は梁山泊(りょうざんぱく)の出家僧です。

 

魯智深(水滸伝)

 

背中に刺青があるクソ坊主という意味で「花和尚(かおしょう)」と呼ばれています。彼が出家前に俗名で魯達(ろたつ)と名乗っていた時の話です。

 

魯智深

 

魯達は渭州(いしゅう
)
(現在の甘粛省(かんしゅくしょう
)
の東部)で役人をしていました。そこでストリート・ミュージシャンをしている親子に出会います。親子によると、肉屋の(てい)という男から、多額の借金を押し付けられたという話でした。激怒した魯達は親子を逃がして、その後肉屋の鄭を拳3発で殺しました。

 

魯智深(水滸伝)

 

それから、魯達は出家して紆余曲折の結果、梁山泊に行くのです。ここまで聞けば胸がスカッとする話なのですが、魯達が肉屋の鄭を殺すシーンがとんでもなく、リアルに描写されています。

 

鼻血が噴き出る、目玉が飛び出る・・・・・・グロテスクな描写が出てきます。当然、こんなものはマンガやドラマでは描写出来ないのでカットされています。編集者やスタッフの配慮に感謝します。

 

 

 

恐怖の大虐殺を行った武松

水滸伝 武松

2人目は武松(ぶしょう)です。武松は修行者の格好をしていたので、あだ名が「行者(ぎょうじゃ)」です。

 

水滸伝の武松

 

この人は魯智深と一緒で『水滸伝』の中で、単独ストーリーを持っています。ただし、かなりの話数であり、なんと10話もあるのです。そのため、『水滸伝』の1番の見せ場は、武松の話と言われています。

 

水滸伝の武松

 

さて、残酷話は武松の話の後半部です。武松には兄がいましたが、兄嫁とその愛人により殺されました。色々な手を使って武松は敵討ちに成功しますが、やはり殺人なので流刑にされます。

 

孟州(現在の河南省)まで流刑にされた武松は、そこで威張っていた蒋門神(しょうもんしん)というヤ〇ザをフルボッコにします。やられた蒋門神は知り合いの張団練(ちょうだんれん)という悪徳役人に助けを求めます。

 

「団連」というのは名前ではなく官職名です。張団練は親族の張蒙方(ちょうもうほう)と相談します。まず張蒙方は武松を釈放して、部下に取り立てます。何も知らない武松は張蒙方に対して感謝します。

 

水滸伝の武松

 

ところが武松は、有りもしない窃盗の罪を張蒙方から着せられました。おかげで再び流刑にされました。しかも護送役人は張蒙方から金を渡されており、途中で武松を殺そうとしました。だが、武術の腕は武松の方が上であり、あっという間に返り討ちにしました。

 

水滸伝の武松

 

さあ、ここから武松の復讐が始まります。張蒙方の屋敷に戻った武松は酒を飲んでいた張蒙方・張団練・蒋門神の3人を殺害します。また、屋敷にいる張蒙方の一族や召使いを全て殺害します。彼らは関係無いのに、むごいことです。とにかく、女子供容赦無しです。

 

水滸伝の武松

 

散々、やりまくった後に武松は壁に「人を殺したのは武松である」と書きなぐって出ていきました。その後、武松は行者の格好をして世間から姿をくらましました。武松が「行者」とあだ名が付くのは、この時からです。

 

 

宋代史ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が『水滸伝』の残酷話です。武松の話は『水滸伝』の残酷話の代表的なものです。武松は単独ストーリーの前半では、冷静な頭の切れる人物として描かれているのです。しかし後半の大虐殺の話では、全くの別人格として描かれています。その結果が、上記の話なのです。武松については、またいつか機会があったらお話をしたいと考えています。

 

※参考文献

 

・伊原弘『水滸伝を読む 梁山泊の好漢たち』(講談社現代新書 1994年)

・佐竹靖彦『梁山泊―水滸伝・108人の豪傑たち 』(中公新書 1992年)

 

関連記事:ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書

関連記事:宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-水滸伝
-, ,