魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫亮は皇帝になっても何にもできなかったってホント?

孫権の跡継ぎ9歳の孫亮




劉邦

 

(しん)始皇帝(しこうてい)や前漢王朝劉邦(りゅうほう)・後漢王朝劉秀(りゅうしゅう)は、政権のトップとして色々な事を自分の好きなようにしてきました。三国時代の蜀・魏・呉それぞれの皇帝も自分で考えた事を実行して政権を運営しています。

 

孫権の跡継ぎ9歳の孫亮

 

しかし孫呉の二代目皇帝・孫亮(そんりょう)は皇帝になったにもかかわらず、自分の思うような事をほとんどできませんでした。

 

自称・皇帝
当記事は、
「孫亮 皇帝」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者

関連記事:劉禅と孫皓だと亡国の君主としてはどっちが上?蜀と呉の皇帝を比較

 

 

皇帝・孫亮誕生!!

孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育

 

孫亮は二宮の変で孫和が皇太子の位を外された後、孫権の皇太子としてに任命されます。その後孫亮は孫権が亡くなった後、孫呉の二代目皇帝として就任。

 

呉の孫権

 

こうして孫呉は孫権(そんけん)の治政から孫亮(そんりょう)の治政になりますが、政権を自らの意思で動かすことができませんでした。その理由は孫権の遺命があったからです。

 

 

「OK」皇帝・孫亮登場!!

孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪

 

孫権は亡くなる前に諸葛恪を孫亮の後見役に任命。諸葛恪(しょかつかく)は孫権が亡くなると孫亮の後見役だった事もあり、孫呉の政権を運営していくことになります。

 

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪

 

孫亮は諸葛恪が決めた政治の政策に反対することなく、「OK」と言うだけで、自らが考える政治の政策を決めることができませんでした。

 

諸葛恪の栄光と破滅

 

こうして孫亮は諸葛恪の言われるがままに書類にOKと書いたり、諸葛恪から「この政策やっていいですか」と言われて「OK」と言うだけの操り人形のような皇帝でした。孫峻は諸葛恪のやりたい放題の政権運営の仕方に激怒し、皇帝・孫亮へ「やりたい放題の政治をしている諸葛恪を殺害して、政権を健全化しましょう」と相談。

 

諸葛恪と孫峻

 

孫亮は孫峻(そんしゅん
)
の相談にも「OK」と返事を出します。孫峻は孫亮から承諾を得ると、諸葛恪を酒宴に呼び出して彼を殺害することに成功。孫亮は諸葛恪を殺害することに成功した事で、政権を自らの考えで動かすことができるようになり…ませんでした。

 

どうして孫亮は政権を運営していた諸葛恪を倒したのに、自分の思い通り政権を動かすことが出来なかったのでしょうか。

 

孫峻が政権を思い通りに動かしたから

 

孫亮は孫峻の提案で政権を思い通りに動かしていた諸葛恪を倒すことに成功したので、彼に大将軍と丞相の位をご褒美としてさずけます。孫峻は孫亮から大将軍・丞相の位をもらうと、自分の思い通りに政権を動かし始めます。

 

そのため孫亮は再び操り人形のような皇帝になってしまい、自分の思い通りに政権を作ることができませんでした。孫峻は大将軍・丞相の位を使ってやりたい放題政権を動かしていきますが、病によって亡くなってしまいます。

 

孫亮は孫峻が亡くなった事で自分の思い通りにようやく政権を動かしていくことができるように…なりませんでした。

 

 

孫綝が丞相となって政権をやりたい放題動かす

 

孫綝は従弟であった孫峻が亡くなると彼の権力をすべて引き継いで政権を思い通りに動かします。彼の行った政治は傍若無人だったので、重臣達が怒って彼を殺害しようと試みますが失敗。

 

皇帝・孫亮も孫綝の政治のやり方に何度も反対しますが、結局孫綝に押し切られて賛成するしかない状況でした。そのため孫亮は怒って彼を殺害する計画を立てて実行に移します。

 

しかし孫亮の計画は皇后が孫綝へ密告したため、孫綝殺害計画がバレてしまい、失敗に終わってしまうのでした。そして孫亮は孫綝の怒りを買ってしまった為、皇帝の位から引きずり降ろされてしまいます。

 

こうして孫亮は皇帝に即位してからほとんど自分の思う通りに政権を動かすことなく、皇帝の位から去ることになるかわいそうな人でした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

孫亮は皇帝になっても政権を自ら動かすことができず、何にもできませんでした。しかし孫亮は皇帝になって政権を動かすことができませんでしたが、一つだけ自分の意志で決定して実行できたことがありました。

 

それは孫亮を守る近衛兵の創設です。孫亮は孫綝を殺害しようと考えてから近衛兵団を創設しますが、孫亮率いる近衛兵団も孫綝の権力にあらがうことができなかった事を考えると、孫綝の権力がとてつもなく強大だったことが伺えるのではないでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉のA級戦犯?孫皓を皇帝にした呉の重臣「万彧・濮陽興・張布」

関連記事:三国時代、魏・蜀・呉はそれぞれどんな経済政策を打ち立てたのか?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!…
  2. 関羽 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!
  3. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…
  4. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!
  5. 司馬懿 司馬懿が就任していた太尉とは何をするの?太尉はどの程度の権力があ…
  6. 周瑜と孫策 孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説…
  7. 日本に目指さした孫権 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こうい…
  8. 大喬と小喬 三国時代のファッションはどんなのだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 海賊時代の孫堅と孫策
  2. 田中角栄
  3. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  4. 于禁
  5. 兀突骨
  6. 劉備を警戒する王粲

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 西遊記 三国志
  2. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  3. キングダムの時代に開花した法家の思想
  4. 武田信玄は城を持たなかった、その理由は?
  5. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  6. 【8月の見どころ】8/19公開予定:諸葛亮の危篤よりも五丈原の権力争い 姜維の地位を落とす文官

三國志雑学

  1. 反董卓軍010
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布と袁術
  2. 強くなる関羽
  3. 劉備と関平たち
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2
  6. 呉蜀赤壁の戦い

おすすめ記事

騎馬兵 騎馬軍団 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王 はじめての三国志 画像準備中 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣 【アニメで分かる三国志】劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」を見れば「仁」と「義」の言葉の意味が良く分かるってホント?? 阿部正弘の家紋鷹羽紋とはどういう家紋? 亡くなる上杉謙信 上杉謙信の墓はどこにある?林泉寺と林泉寺へのアクセス方法と歴史雑学 劉邦と張良と陳平 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君 雨の中進軍する曹真 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 細川勝元 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP