孫峻とはどんな人?小心者で暗殺を回避!でも心を病んで死ぬ小粒悪党




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫峻

 

孫峻(そんしゅん)は呉の王族に連なる人物であり、諸葛恪(しょかつかく)を誅殺して後、独裁体制を敷き従弟(じゅうてい)孫綝(そんちん)と併せ西暦253年から259年まで6年間呉で権力を握りました。

 

しかし、その政治は誅殺した諸葛恪同様、それ以上の独裁政治になり、暗殺計画が続いて健康を損ない、ついには、死んだ諸葛恪に殴られるという不思議な夢を見て以来、衰弱が激しくなり死んでしまうのでした。




晩年の孫権の信頼を得る

孫権に気に入られる孫峻

 

孫峻は字を子遠(しえん)と言い、建安24年(西暦219年)に孫恭(そんきょう)の息子として誕生します。孫峻は孫堅(そんけん)の弟孫静(そんせい)曾孫(ひまご)にあたり王族でした。

 

孫静

 

曾祖父の孫静は、兄系統の孫一族とは距離を取っていましたが、孫の孫恭は積極的に呉の宮廷に出仕、重んじられて散騎侍郎(さんきじろう)となります。孫恭の息子が孫峻で若くして弓馬の達人で、性格も大胆で果断と孫権に好まれる性格であったので、孫権の晩年には武衛都尉になって侍中となります。二宮の変の時、孫権は孫和と孫覇を廃して、孫亮を立てる事を孫峻に相談したと言われます。

二宮の変に巻き込まれて皇太子から格下げされる孫和

 

孫峻は反孫和・親孫覇派閥で、孫権が死の間際に孫和の冤罪(えんざい)に気が付き赦免(しゃめん)しようとすると、孫峻は孫弘、孫魯班(そんろはん)と共に強硬に反対して撤回させています。孫権の崩御の時、政治を助けるよう遺詔(いしょう)を受け武衛将軍を加えられ宮廷の警備を取り仕切り、都郷侯に封じられました。

 

関連記事:孫和とはどんな人?文武両道だけど最後はとっても悲惨な貴公子

関連記事:二宮の変からの成り上がり?孫峻の政策を考察

 




諸葛恪の下で政治を取り仕切る

諸葛恪

 

孫峻は孫亮の後見人として諸葛恪を推し、自分の補佐としてくれるように強く推薦(すいせん)、これを受けて孫権は、諸葛恪、孫弘(そんこう)滕胤(とういん)を補佐役としました。

 

孫亮を支える諸葛恪と孫峻

 

しかし、三頭体制を不満とした孫弘が諸葛恪排除を企むと、孫峻は諸葛恪と共同して孫弘を殺害、諸葛恪、滕胤を立てる形で政治に影響力を発揮します。

 

関連記事:諸葛恪と周囲から見た彼の評価、なぜ天才は敬いの気持ちを持てなかったの?

関連記事:孫権没後の呉の政界は彼に振り回された!親を悩ませた諸葛恪とは何者だ?

 

【呉と孫権が抹殺したい事件・二宮の変】
二宮の変

 

諸葛恪を殺し滕胤を立て、独裁色を強める

諸葛恪と孫峻

 

ところが、今度は諸葛恪が魏の合肥新城(がっぴしんじょう)を包囲するも落とせず大敗。求心力を低下させ、恐怖心から、次第に独裁色を強め、宮中を取り仕切る孫峻とも対立します。おまけに諸葛恪は、孫和の正妻の張氏と叔父と姪の関係である事から、孫和を優遇しようとし、反孫和派の孫峻の警戒心を煽る事になります。

 

孫峻の専横

 

結局、孫峻は皇帝、孫亮を味方につけて、宴会にかこつけて諸葛恪を宮殿に呼び出し、その場で皇帝の命令で罪を糾弾し諸葛恪を殺害、一族を皆殺しにするとともに、孫和にも言いがかりをつけ印綬を没収して新都に流し、そこで自殺させました。

 

滕胤は、諸葛恪と親しくまた縁戚でもあったため、自ら辞職を申し出ますが孫峻は慰留(いりゅう)。自分が独裁者と見られる事を避け、表面上は滕胤と孫峻の共同体制になりますが、孫峻は、丞相・大将軍・富春侯を兼任し事実上の独裁者となります。

 

関連記事:【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者

関連記事:諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は??

 

人気をなくしていく孫峻

北伐に失敗する孫峻

 

ところが、孫峻には呉を運営して繁栄に導く力はなく、自分が誅殺した諸葛恪同様に、孫亮を(ないがし)ろにして政治を私物化する方向に向かっていきました。

 

小心で猜疑心も強い孫峻は、自分に敵対する人々を処刑し、孫覇派の孫魯班とウヒョな関係になったり、孫魯班にそそのかされて毎晩宮女をウヒョするなど傍若無人(ぼうじゃくぶじん)な振る舞いをし、周囲から恨まれていきます。

 

そんろは 孫魯班

 

このために、五鳳(ごほう)元年(254年)秋には孫英に暗殺計画を立てられてました。計画は漏れて孫英は自殺しましたが、この後も王族による孫峻暗殺計画は頻繁に起こり、孫峻は追い詰められていきます。

 

外征に転ずるも失敗

カン丘倹(毌丘倹)

 

五鳳2年(255年)正月、魏の毌丘倹(かんきゅうけん)文欽(ぶんきん)寿春(じゅしゅん)で反乱を起こし魏の追討軍を迎撃すべく寿春を留守にします。

 

不人気を返上したい孫峻は魏の内乱に乗じて呂拠(りょきょ)・留賛を率いて寿春を襲撃しようとしますが、魏の司馬師に行動を読まれていて、副将の諸葛誕が寿春を平定したので撤退します。しかし、その途中、楽嘉(がくか)で敗北した文欽が数万の兵と投降したので、これを迎え入れました。

 

丁奉(ていほう)

 

孫峻は撤退途中に、呂拠(りょきょ)丁奉(ていほう)を派遣し高亭で魏の曹珍(そうちん)を破りますが、留賛(りゅうさん)が途中で病気となり帰還命令を出すものの諸葛誕配下の蔣班(しょうはん)の別動隊の攻撃を受け菰陂(こは)において殺害されます。

 

三国志のモブ 反乱

 

結局、魏の内乱により呉が得たものは、投降した性格最悪の文欽と数万の兵だけでしたが、孫峻は、この文欽ととても仲が良かったようです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 謝夫人 孫権の妻

    デザイン担当:よりぶりん

    孫権の妻たちは意外と知られてない?

    呉の女性といえば、誰もが思い浮かべるのは美人姉妹、二喬…

  2. 朱治
  3. 周瑜
  4. 孫堅の妻

    デザイン担当:よりぶりん

    記録が乏しい孫堅の妻たち

    孫権の父親、孫堅(そんけん)は、物語の序盤で亡くなって…

  5. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 12月 07日

    人名間違いに誤字が散見されます。見直ししてます?




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP