孫亮とはどんな人?二宮の変が狂わせた幼帝の人生




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫権の跡継ぎ9歳の孫亮

 

呉の2代皇帝孫亮(そんりょう)は、孫権(そんけん)の7男で、多くの兄が存在する事から本来なら帝位に就く可能性は薄い人物でした。

 

孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育

 

しかし、孫権最晩年の大失敗、二宮(にきゅう)の変により孫亮は、僅か9歳で皇帝の位に就く事になり、その後は、諸葛恪(しょかつかく)孫峻(そんしゅん)孫綝(そんちん)という独裁者の操り人形となり、ついに主体性を発揮する事なく廃位に追い込まれた上に、僅か17歳で自殺を選ぶ結果になります。

 

今回の、はじめての三国志は、二宮の変が狂わせた孫亮の運命について解説します。




孫権の寵妃、潘淑と孫権の間に誕生

洛陽城

 

孫亮は、西暦243年孫権と寵妃(ちょうひ)潘淑(はんしゅく)の間に誕生します。実に、孫権62歳の時に出来た子供で孫権は、それこそ孫のように孫亮を可愛がりました。しかし、孫亮の生まれた頃の呉は平穏ではありませんでした。

 

孫登

 

皇太子であった孫登(そんとう)が241年に死に、次の皇太子として孫和(そんか)が立てられますが、孫権は魯王の孫覇(そんは)も寵愛したので、呉の家臣は孫和派と孫覇派に分裂して、後継者争い二宮の変が激化していたのです。

 

関連記事:孫権の後継者は逸材だった?孫権に意見を述べた孫登

関連記事:【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!?




悪女、孫魯班の画策で幼帝として即位

嫉妬する孫魯班

 

熾烈(しれつ)を極める孫和派と孫覇派の争いに原因を造った孫権も飽きてしまい、何も知らない孫亮への偏愛が強まります。ここで、孫覇を担いでいた孫権の娘の全公主こと、孫魯班(そんろはん)が孫覇を見限り孫亮を抱きこもうと画策を開始しました。孫魯班は、夫の全琮(ぜんそう)の一族の全尚(ぜんしょう)の娘を孫亮に嫁がせた上で、孫亮を時期皇帝にするように、父の孫権に働きかけます。

 

孫覇

 

孫権もこれに同意し、今までの事を無かった事とし、孫和は幽閉、孫覇には死を与え、西暦250年、孫亮を皇太子に指名しました。

 

孫亮を後継者として指名する孫権

 

しかし、すでに当時、孫権は高齢で病気がちであり、とても孫亮が成長するまで後見できず、諸葛恪、孫弘(そんこう)滕胤(とういん)の3名を補佐役として指名し252年に71歳で崩御します。かくして、孫亮は9歳で少年皇帝として即位する事になります。

 

関連記事:孫覇とはどんな人?側近に煽られて孫家を分裂させてしまった残念貴公子

関連記事:二宮の変からの成り上がり?孫峻の政策を考察

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

諸葛恪が後見になるもすぐに独裁者に変貌

孫亮を支える諸葛恪と孫峻

 

元々、呉は豪族の寄せ集まりの連合王国であり、皇帝とはいえ孫家の権力は限定されていました。それでも孫権に関しては、半世紀の治世で強いリーダーシップを発揮出来ましたが、9歳の孫亮にそれが望めるわけもありません。

 

諸葛恪

 

諸葛恪は太傅(たいふ)として孫亮を補佐する役割でしたが、すぐに独裁傾向が強くなり、特に合肥新城(がっぴしんじょう)の敗戦で魏に敗北すると、求心力が低下して猜疑心を強め、反対者を次々処罰するなど行動が荒れます。

 

諸葛恪と孫峻

 

これを受け、元々、諸葛恪を支持していた孫峻は諸葛恪の排除を企て、孫亮の支持を得た上で、宮廷での宴席に諸葛恪をおびき寄せ、皇帝を蔑ろにした罪で誅殺し、実権を握り丞相となります。

 

関連記事:諸葛恪と周囲から見た彼の評価、なぜ天才は敬いの気持ちを持てなかったの?

関連記事:孫権没後の呉の政界は彼に振り回された!親を悩ませた諸葛恪とは何者だ?

 

孫峻が諸葛恪を継ぐも、こちらも独裁者に

孫峻の専横

 

しかし、孫峻も内心では少年皇帝孫亮を重んじる気など微塵もなく、ただ諸葛恪に取って代わっただけでした。さらに、宮中の事を取り仕切っていた王族の孫峻は、外様の諸葛恪より、さらに遠慮がなく、孫亮の叔母にあたる孫魯班とウヒョ!関係を結ぶと、増々増長(ますますぞうちょう)、孫亮の後宮に堂々と押し入り、宮女と毎晩ウヒョ!ウヒョ!するなど事実上の皇帝のような振る舞いをします。

 

三国志のモブ 反乱

 

この横暴に、呉の国内では孫峻への不満が爆発し、王族を中心としたクーデター計画が次々に起きますが、小心で猜疑心(さいぎしん)が強い孫峻は、いずれも未然に防いでいました。

 

孫峻

 

ところが、求心力の低下を魏への北伐で補おうと、諸葛恪のようなアイデアを実行したのが運のツキ。魏の毌丘倹(かんきゅうけん)文欽(ぶんきん)の乱に乗じようと出兵するも成果はなく、広陵(こうりょう)に築城しようとして失敗し、民衆に多くの餓死者を出し将兵の心も孫峻から離れていきました。

 

行軍する兵士達a(モブ)

 

それでも孫峻は、北伐の真似事を続け、青州・徐州方面に、魏の降将文欽、呂拠(りょきょ)劉纂(りゅうさん)朱異(しゅい)唐咨(とうし)を先遣隊として動員、江都(こうと)から淮水(わいいん)泗水(しすい)の流域に侵攻させます。

 

諸葛恪に夢で殴られて死ぬ孫峻

 

しかし、自身が殺した諸葛恪に殴られる夢を見てからは、精神面で変調が起こり256年の9月に急死しました。

 

今度は孫綝がやりたい放題

専横を極める孫綝

 

急死する前に孫峻は、従弟(いとこ)孫綝(そんちん)を侍中、武衛(ぶえい)将軍・領中外諸軍事(りょうちゅうがいしょぐんじ)に任命します。

 

孫綝は権力を継承すると

「ん~、もう指導者が死んでんのに、北伐するとか、北伐しないとか…それどこじゃねえんだぞコラ!お前ら戻ってこいコラ!戻ってこないと、お前らコラ…呉のリングはまたがせねえぞコラ」と長州力(ちょうしゅうりき)口調で、帰還命令を出しました。

 

滕胤(とういん)

 

しかし、孫綝の権力継承を認めない呂拠は反発し、文欽・唐咨と連名で滕胤(とういん)を丞相とするように推薦します。

 

戦で負ける滕胤(とういん)

 

孫綝はこれを拒否し、文欽と唐咨を抱き込んで、軍を派遣して呂拠を討伐し一族皆殺しにすると、名声が高い滕胤にも軍を送って撃破し一族を滅亡に追い込みました。

 

孫綝

 

こうして、反対者を抹殺(まっさつ)した孫綝は大将軍となり、権力を安定させると、やっぱり、孫亮そっちのけで諸葛恪や孫峻同様に独裁体制を敷きます。

 

諸葛恪の栄光と破滅

 

いやー個性の違う諸葛恪、孫峻、孫綝ですが、孫亮に配慮したという記述がないのは見事に一貫していて学級崩壊している呉の政治状態のカオスが窺い知れます。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 孫堅の身代わりになり逃走する祖茂
  2. 孫皓と張俊
  3. 呉夫人
  4. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠
  5. かぼちゃと孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP