諸葛亮が自らと比した楽毅。楽毅と違い悲劇の最期を迎えた人物

2019年7月4日


 

楽毅

 

諸葛亮(しょかつりょう)の憧れの人物、目標とする人物として漫画「キングダム」に描かれた武将・楽毅(がくき)。彼は優秀な存在でありながら主君に疎まれるなど、波瀾に満ち溢れた人生を送ります。

 

魏延の謀反を察する孫権

 

三国志だけでなく、優秀で忠義心に溢れる武将ほど主君に疑われたり、疎まれたりが多いですよね。今回は楽毅を見ていきながら、そんな武将たちの一抹のもの悲しさも語っていきたいと思います。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



諸葛亮が楽毅に憧れていたのは本当?

孔明

 

諸葛亮は劉備(りゅうび)に迎え入れられる前は、荊州(けいしゅう)で隠遁生活をしていました。この時に自らを楽毅、管仲(かんちゅう)に比したと言います。

 

管仲

 

楽毅と共に、管仲もまた非常に優れた人物であり、主君の天下のために尽力した人物です。

 

孔明

 

そんな二人と自分を比べたという諸葛亮、それほどまでに自分が才能がある人間だという自負なのか、それともそのように仕えられる人物を求めていたのか……この辺は人によって考えが分かれそうですね。

 

しかし当時の人たちは諸葛亮がそんなことを言うのを認めず、とあるので能力はまだまだ発揮されていなかったのでしょう。まだまだ伏せたる龍、ちょっとダークに例えるとあくまで図体のデカい蛇だった、と言うことでしょうか?

 

 

 

楽毅について触れてみる

戦国昭王、大激怒で白起に死を命ずる (Unicode エンコードの競合)

 

ここでちょっと楽毅についておさらいを。

 

キングダム 戦国七雄地図

 

楽毅は(えん)(しょうおう)に仕えた武将です。昭王は斉に復讐を誓っており、楽毅はその手助けをして斉を滅亡の寸前まで追い込みました。ここでのポイントは、斉は大国であり、そして燕は非常に小さい力のない国だということ。

 

それが斉と対等以上に戦うことができたのも、楽毅あってのことでしょう。楽毅は武将として能力が高いだけでなく、軍事、政治、外交に優れたオールマイティな人物でした。

 

そして昭王はそんな楽毅を信頼して、大変重く用いました。楽毅もまた、昭王に心から尽くしていたのです。

 

 

反間の計によって窮地に立たされる楽毅

 

しかし昭王が死に、恵王が即位したことで楽毅は窮地に立たされます。恵王は楽毅とそりが合わず、それを斉の田単にとって見抜かれて反間の計をしかけられます。

 

楽毅を疑った恵王により役職を解任、身の危険を感じた楽毅は趙へ亡命。策が上手くいった田単によって斉から奪った土地は取り返され、恵王は自分のやったことの言い訳と自分のやったことを棚に上げて楽毅の亡命を責める手紙を贈ります。

 

ここで楽毅は有名な「報遺燕恵王書」を送ります。その後、楽毅はその後趙と燕との両方で客卿となり、両国を行き来し、最後は趙で亡くなりました。

 

これこそが楽毅の生涯です。優秀さゆえに疑われた、悲劇の武将と言えなくもありません。

 

 

更に悲惨な最期を迎えた者も……

 

しかし楽毅はまだ良い方です。

 

なぜなら亡命に成功し、何とか天寿を全うできたからです。

中国の歴史上ではもっと過酷な運命を迎えた人物も多くいます。

 

岳飛(南宋の軍人)

 

その一人が、岳飛(がくひ)です。

 

南宋の武将として活躍し、身分が低いながら文武両道、略奪を許さない高潔な精神を持ち、主君のために戦い続け勝利し続けたにも拘わらず、最後は無実の罪で投獄、拷問されてからの処刑という悲劇的な最期を迎えた人物です。

 

その罪に関してはなんと裁いた人間が「証拠はあったのか」と聞かれて「あったかもしれない」と答えたという陰謀を感じる悲劇の最期となっています。一歩間違えれば楽毅にもこんな最期があったかもしれないと思うと……運命を感じるような、それでももの悲しさを感じるような……そんな不思議な気持ちになります。

 

因みに現在の中国では「英雄」と聞かれれば第一に「岳飛」。その後に四川では諸葛亮の名が挙げられるほど岳飛は英雄的存在なのですよ。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン

 

岳飛は悲劇の最期を迎えました。

 

楽毅は疑われこそすれ、何とか生き延びました。諸葛亮は天命尽きて、志半ばで亡くなりました。

 

劉備の臨終に立ち会う孔明

 

諸葛亮は二人に比べて謀反を疑われませんでしたが、もしも疑われていたなら……一体どうなったのか。

 

有能な人間が周囲から貶められるのは歴史上に数多くありますが、そういった人物はやはりもの悲しく、そしてできればこんなことが二度と起きないように、という気持ちになりますね。

 

関連記事:諸葛亮には弟子はいない?孔明の後を継ぐことになった者たちを語ってみる

関連記事:司馬懿はよく考えると主人公レベルにかっこいい!?孔明との戦い「以外」の功績だけを並べて見てみましょう!

 

if三国志

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-, ,