ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮にまつわる様々な伝説…ちょっと待って!司馬懿は逃げてないよ!

孔明と司馬懿


孔明と司馬懿

 

「死せる孔明生ける仲達を走らす」、という言葉は皆さんご存知でしょうか。死んでなお戦局に影響を与える孔明(こうめい)と、まだ生きている人間であるにも関わらずその死者の孔明によって退却に追い込まれる司馬懿の姿は、三国志演義(さんごくしえんぎ)を代表する孔明スゲーエピソードの一つです。

 

孔明

 

しかしここで声を大にして言いましょう、司馬懿(しばい)は逃げていません!今回はこの故事からちょっと臆病なイメージがついてしまっている司馬懿のフォローをしてみたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
諸葛亮 伝説」
諸葛亮 司馬懿」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?

関連記事:諸葛亮孔明はどんな人物像を考察してみた。正史と三国志演義では違う?

 


 

「死せる孔明生ける仲達を走らす」

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

「死せる孔明生ける仲達を走らす」について、まずは三国志演義から述べていきましょう。

 

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

五丈原の戦い(ごじょうげんのたたかい)の最中、諸葛亮は自分の死期がついに来たことを悟ります。しかしまだまだ死ねないと思った諸葛亮は、延命の術というとんでもない儀式を行い始めます。ですが儀式も終了間近に魏延が乱入してきたことによって儀式は失敗、諸葛亮は亡くなりました。

 

魏延と孔明

 

ちょっとここで「諸葛亮って何者?」「魏延悪人に書かれ過ぎじゃない?」という別の疑問点もたくさん浮かびますが、本日のメインはこれから走らされる司馬懿です。司馬懿は大きな星が落ちたことから諸葛亮の死を悟って蜀軍に攻め込みますが、諸葛亮はこんなこともあろうかと自分そっくりの木像を用意していたのでした。

 

司馬懿

 

諸葛亮は死んでいたと思っていた司馬懿は驚いて退散したといいます。このことを人々は「死せる孔明生ける仲達を走らす」と言ったのでした。これが演義の「死せる孔明生ける仲達を走らす」になります。

 


 

しかし晋書ではなんと……!

孔明と司馬懿

 

ここで晋書の宣帝紀の記述を見ていきましょう。こちらでは諸葛亮と司馬懿は五丈原で対峙します。100日も日が過ぎた頃、諸葛亮は死去。これによって蜀軍は退却をします。

 

司馬懿

 

ここで司馬懿は深追いはしないようにしよう、と考えます。しかし数日後に司馬懿は蜀軍の陣後を調査、そこから大量の文章、兵糧を発見します。ここで諸葛亮の死を確信、他の武将に疑われますが「大事な機密文章や兵糧を捨てていったのだ。諸葛亮が生きているはずがない。すぐに追撃をするぞ」と言ったとされます。

 

司馬懿

 

そう、実は司馬懿は調査の後にはすぐさま追撃をかけようとするのです。これは演義では描かれることがなかったポイントですね。またこのシーンから司馬懿は慎重ながらも行動する時は行動するという人物であることが読み取れます。


 

実はここで出てくる、「死せる孔明生ける仲達を走らす」

流星を見た司馬懿

 

司馬懿を追撃を続け、後に諸葛亮が死んでいることの詳細を知ることになります。当時の人々は「死せる孔明生ける仲達を走らす」と口々に言いました。しかし司馬懿はこれを聞くと大笑い。

 

「私は生きている人間であれば策にかけられる。しかし相手が死んでいるのではどうしようもない」と言ったと言います。

 

この件の記述はここまでなので、どの辺りが「死せる孔明生ける仲達を走らす」なのかは残念ながら分かりません。ですが司馬懿が慎重ながら動く時はきっぱりと動くこと、そして笑って返す豪胆さなどが伝わってきますよね。

 

孔明と司馬懿

 

司馬懿は決して、演義で書かれているように死んでしまった諸葛亮に怯えて翻弄されるようなだけでは人物ではないのです。行動力、決断力、そして慎重さも併せ持った稀に見る天才と言っても良いでしょう。

 

司馬懿

 

「司馬懿は優秀かもしれないけど五丈原で諸葛亮に~」と思っている人はぜひ、ここで司馬懿の評価をちょっと改めてあげて下さい。

実は結構な豪胆者なんですよ!


  

 

 

ちょっと細かいポイント解説

水滸伝って何? 書類や本

 

さてではここでちょっと知ってても知らなくても良いけれど、知ってるとちょっとお得かもしれない細かいポイントを一つ。

 
孔明
 

現代では「死せる孔明生ける仲達を走らす」として有名になってしまっている故事ですが、実際には『死諸葛走生仲達(死せる諸葛、生ける仲達を走らす)』だと言われています。

 

この二つを口に出して読んでみると分かりますが、諸葛と仲達で韻を踏んでいるので何となくこちらの方が流れ良く、言いやすいのです。さあこの故事を読んでみて下さい。

 

「死せる孔明、生ける仲達を走らす」

「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」

 

どうでしょう?響き的にどちらが良いと思いましたか?

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン

 

実は豪胆な一面もあった司馬懿、それがあの故事と一緒に書かれてるのは意外ですよね。

 

しかしそれも三国志の楽しみ、そしてより深く知るチャンスです。三国志からの故事もいくつかあるので、そちらからも三国志を読み解いていくと面白いですよ。

 

参考記事:晉書/卷001

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明が10万本の矢を調達・生産したことに魯粛は驚いたのか?

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 魏から蜀に下る姜維 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…
  2. 貂蝉 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  3. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  4. 陳宮 どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯…
  5. 王異 軍師・司馬懿と女策士・王異を比較!軍配はどちらに!?
  6. 孫権 魏延が仕えなかった孫権ってどんな性格をしていたの?
  7. 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  8. 蒼天航路 丁奉は蒼天航路では可愛い女の子?丁奉の仲いい人は化け物は?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西郷従道 幕末
  2. キングダム54巻amazon
  3. 英雄たちの宴(三国志)
  4. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  5. 武器・農業器具を制作する張裔
  6. 陸遜
  7. 魯粛、孫権、張昭
  8. 魏延と姜維

おすすめ記事

  1. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは? 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか? 項羽(はじめての三国志)
  3. 【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!
  4. 【有料記事】三国志の時代の墨は○○で出来ていた
  5. 三国夢幻演義 龍の少年 第7話「廬江の少年たち」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 煽り運転の心理とは?キングダムの時代にも煽り運転対策をした田単

三國志雑学

  1. 夏侯惇
  2. お互いに歌を交わす趙雲と劉備
  3. 黄巾賊を退治する曹操
  4. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫策の人生に一辺の悔い無し
  2. 関羽の青銅像
  3. 桓騎
  4. 桃園の誓012
  5. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  6. キングダム53巻

おすすめ記事

馬にまたがって戦う明智光秀 明智光秀の魅力がビンビン伝わる!麒麟がくるの主人公の魅力を紹介 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 116話:劉備、失意の中白帝城に没す! 袁術の最後 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 秦の始皇帝 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】 はじめての三国志 画像準備中 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり? 織田信長 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP