ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

中世ヨーロッパ版 三国志『ヴィンランド・サガ』が10倍面白くなる豆知識

三国志に出てくる海賊達 張伯路


ヴィンランド・サガ amazon

 

2019年7月よりNHK総合テレビで放映開始された新作アニメ『ヴィンランド・サガ』、皆さんはもうご覧になりましたでしょうか?

11世初頭の北ヨーロッパを舞台に、ヴァイキングと呼ばれる人々の史実を下敷きに描かれる時代漫画、幸村誠の『ヴィンランド・サガ』を原作とする作品です。

 

HMR隊長 石川克世

 

日本人には馴染みの薄い中世ヨーロッパを舞台とするこの作品、中にはちょっととっつきにくいと思っている人もいるかもしれません。

今回は『ヴィンランド・サガ』を10倍楽しめる基礎知識を紹介しましょう。

自称・皇帝
当記事は、
「ヴィンランド・サガ 三国志
「ヴィンランド・サガ 豆知識」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


 

実は海賊じゃなかった!! ヴァイキングの意外な正体

海賊時代の孫堅と孫策

 

ところで、「ヴァイキング」と聞いて皆さんはどんなものを連想しますか?

 

酒を飲む曹操、劉備、孫権

 

お笑いコンビとか、お昼のTV番組とか食べ放題レストランなどなど……。

まあ、そういうのも確かにありますが。

 

三国志に出てくる海賊達 張伯路

 

歴史上実在した集団としての「ヴァイキング」と言えば、多くの人は「海賊」というイメージを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

史実に近い形で描かれたヴァイキング wikipedia

史実に近い形で描かれたヴァイキング / 引用wikipedia

 

確かに、「ヴァイキング」という名称は古くは西暦800年から1050年頃までの約250年間にかけスカンジナビアやバルト海沿岸で活動した武装せん断を指す用語として使用されていました。

 

しかし、その後の研究により、「ヴァイキング」とはその時代にスカンジナビア・バルト海沿岸の領域に住んでいた人々全体を指す言葉に変容しました。

 

海賊時代の孫堅

 

実は、「ヴァイキング」=「海賊」というイメージは現代では間違った解釈と考えられているのです。

 


 

農業と交易を生業としていたヴァイキング

コンティキ・ミュージアムに展示されているコンティキ号 wikipedia

コンティキ・ミュージアムに展示されているコンティキ号 / wikipedia 引用

 

1947年に、イースター島のモアイが、南米インカ文明の巨石文化の影響で造られたという仮説の実証のため、自作の筏「コンティキ号」で南太平洋の航海を行ったことで知られるノルウェーの探検家にして人類学者、トール・ヘイエルダール、ヘイエルダールは自身の研究においてヴァイキングたちが農業や漁業を生業としていたことを記しています。

 

三国志に出てくる海賊達

 

また、ヴァイキングは高度な航海技術を持っていましたが、これも主に交易に利用されるものであったと考えられています。

 

海賊集団のイメージが強いヴァイキングですが、実際には彼らによる略奪行為は限定的なものであったとするのが近年の研究結果とされています。ただ実際にヴァイキングが海賊行為を行う集団であったことも事実で、実際に領土の拡大や略奪を目的とした侵攻も行っています。ヴァイキングが侵略行為を行った背景にはキリスト教徒との宗教対立があったとも言われています。

 

確かに、ヴァイキングが海賊として侵略行為を開始した時期は初代神聖ローマ帝国皇帝、カール大帝(シャルルマーニュ)によるキリスト教徒の異教徒への戦争=ザクセン戦争の時代と重なっているともされ、有力な仮説とされていますが、真相は定かではありません。

 

いずれにせよ、ヴァイキングはヨーロッパの中世時代に北ヨーロッパを中心に交易を手広く行った民族の総称であり、一般的に流布した海賊のイメージと、その実像が異なることは確かなようです。


 

ヴァイキングは角つき兜を被っていなかった

 

もうひとつ。一般的なヴァイキングのイメージで間違いとされる点があります。

それは、ヴァイキングが着用していたとされる角付き兜。

 

 

1972年、スウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンの児童文学シリーズ『小さなバイキング』を原作としたTVアニメ『小さなバイキングビッケ』が放送され、人気を博しました。

 

後にドイツを中心にヨーロッパで放送されたこの作品、主人公であるヴァイキングの少年ビッケを始め、登場するキャラクターの多くが角の付いた兜を被っており、日本人の「ヴァイキング=角付き兜」のイメージはこの作品の影響が強いことは間違いないでしょう。

 

しかし実は、ヴァイキングの遺跡などから角付き兜が発掘された事例はなく、彼らは角の付いた兜は使っていなかったと考えられています。

 

もともと、角付き兜はケルト人が使っていたもので、古代ローマ時代にケルト人がローマと敵対したことから「北方の異民族」のイメージとしてヴァイキングに対する誤解(ステレオタイプ)を生んだものと考えられています。


  

 

 

『ヴィンランド・サガ』の時代背景

スヴェン1世 wikipedia

スヴェン1世 / wikipedia 引用

 

コミック(アニメ)『ヴィンランド・サガ』の舞台となるのは11世紀初頭の北ヨーロッパ。

デンマーク・ノルウェー・イングランドの三国による戦乱の時代です。

 

デンマーク王スヴェンがイングランドに侵攻、1014年にスヴェン王が戦死すると、その息子クヌートが後を継いで侵攻を続行、イングランドでの勢力を拡大します。2年後の1016年、クヌートはアングロサクソン封建家臣団の推挙を受け手イングランド王に即位します。

 

その後、1018年に病死した兄ハーラル2世の後を継いでデンマーク王にも即位、更にノルウェーへの侵攻を行い、ついに1028年ノルウェー王の地位にも就くことになります。

 

クヌート一世 wikipedia

クヌート一世 / wikipedia 引用

 

三国の王の地位に就いたクヌートは「大王」と呼ばれ、彼が統治した時代、この三国による国家連合は

「北海帝国」と呼ばれることになります。

 

デンマーク・ノルウェー・イングランド 3つの王国による覇権争いと、それを統一した「大王」クヌート一世。まるで、中世ヨーロッパ版三国志、といったところですね。

 

サガに描かれたヴィンランド遠征の物語

 

クヌート1世が活躍した時代、ヴァイキングによる「ヴィンランド」への遠征が数度に渡って行われています。

 

「ヴィンランド」とは「ブドウの豊かな国」という意味で、北アメリカ大陸を指しているとされ、アイスランド生まれのヴァイキング、「赤毛のエイリーク」の息子とされる人物レイフ・エリクソンが発見したとされています。

 

ヴァイキングのアメリカ大陸遠征の記録はノルウェー・アイスランドの歴史的出来事を記録したとされる散文作品群「サガ」の中にある『グリーンランド人のサガ』『赤毛のエイリークのサガ』にまとめられています。

 

この2つのサガに、1010年頃にアメリカ大陸への遠征を行ったソルフィン・カルルセフニ・ソルザルソンという人物が描かれています。このソルフィン・カルルセフニ・ソルザルソンこそが、コミック『ヴィンランド・サガ』の主人公、トルフィン・トルザルソンのモデルとなった人物です。

 

コミック『ヴィンランド・サガ』の物語

 

『ヴィンランド・サガ』は、ヴァイキングの少年トルフィン・トルザルソンと、デンマーク王スヴェンの息子、クヌート王子を主人公に描かれる壮大な歴史絵巻です。

 

クヌート一世による北海帝国建国と、ソルフィン・ソルザルソンによるアメリカ大陸遠征、この2つの歴史的事実を軸に、大幅な創作を加えて描かれる物語となっています。

 

登場人物は、トルフィンやクヌートを始めとして、レイフ・エリクソンやスヴェン王、クヌートの配下のヴァイキングの首領、のっぽのトルケルなど、歴史上実在したとされる人物が多くいますが、大幅で大胆な脚色によって描かれています。

 

偉大な戦士であった父、トールズを殺され復讐のために戦いの道に進む少年トルフィン。父王スヴェンに疎まれた内気な王子、クヌート。二人の物語はどのように交錯していくのか。

 

是非、原作コミックやアニメで確かめてみてください。

 

『ヴィンランド・サガ』原作コミックの試し読みも!!

ヴィンランド・サガ amazon

 

『ヴィンランド・サガ』の基礎知識をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

原作コミック第1巻をネットで無料試し読みすることができます。

これを機会に、是非ご一読してみてくださいね。

 

 

HMR隊長が考える『ヴィンランド・サガ』の見どころ

三国志ライター 石川克世

 

原作者の幸村誠氏は、人類の宇宙進出の物語を描いたSFコミックとそれを原作としたアニメ『プラネテス』でも知られています。

 

『プラネテス』に描かれていた重要なテーマである「愛」はこの『ヴィンランド・サガ』にも引き継がれ、間違いなくこれが幸村誠作品であると感じさせてくれます。

本編のテーマを暗示する需要なセリフ

 

「本当の戦士」が果たして何を意味しているのか。これからの展開が楽しみですね。

 

肉を食べる曹操

 

ちなみに。

食べ放題料理のバイキングですが、本当は「スモーガスボード」と言うんですよ。

知ってました?

 

 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  2. 劉備、孫権、魯粛 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなった…
  3. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  4. kataru 陳寿が語る孫権像
  5. 曹操から逃げ回る劉備 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  6. 郭嘉 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  7. 始皇帝と星空 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣…
  8. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!07 蔡瑁、劉備 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 榎本武揚
  2. 曹仁
  3. 本多忠勝
  4. 孫権
  5. 人材マニア 曹操
  6. 関羽が殺されキレる劉備
  7. 劉寵と袁術

おすすめ記事

  1. 【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか
  2. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  3. 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!? 五斗米道の教祖・張魯
  4. 黄忠がすごいのは民衆からの愛され方がすごかったから?正史に書いてないキャラ属性の増加っぷりに嫉妬する 五虎大将軍の黄忠
  5. 劉備は実像とは違う?本当に仁徳の人?劉備の真の魅力とは何か? 劉備の黒歴史
  6. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの? 李斯

三國志雑学

  1. 三国志 象兵
  2. 賈詡
  3. 夏侯覇
  4. 曹操を暗殺しようとする董承
  5. 袁術と呂布


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ)
  2. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
  3. 孫権に気に入られる孫覇
  4. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  5. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏

おすすめ記事

徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは? 顔良と文醜 顔良と文醜は三国志の中でも可哀想な武将だった!その理由とは? 魯粛 魯粛の子孫は父と同じように優秀な人なの?? 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛の墓事情】死後における岳飛と秦檜の評価をめぐって 関羽と織田信長が同じ時代にタイムスリップしたらどうなる?【if三国志】 于禁 于禁は蒼天航路と正史三国志では全然違う? 大久保利通 幕末 大久保利通・大阪遷都 vs 江藤新平・東京遷都の行方は? 劉備 諸葛亮の忠義を劉備は疑っていた?劉備の遺言を考察してみた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP