ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
姜維特集


はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

武田信玄の馬印は孫子の兵法書を参考にしていたの?

武田信玄


上杉謙信

 

戦国時代の大名は特色のある馬印を掲げています。たとえば、越後の龍こと上杉謙信(うえすぎけんしん)は「毘」と書かれていた旗や「懸り乱れ龍」の旗を掲げていました。また上杉謙信(うえすぎけんしん)のライバル・武田信玄(たけだしんげん)は「風林火山(ふうりんかざん)」の四文字を大きく書いた旗を掲げています。

 

真田丸 武田信玄

 

さてこの武田信玄の馬印・「風林火山」は何に由来しているのか。この謎について迫ってみたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「武田信玄 馬印」
「武田信玄 孫子の兵法書」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:武田信玄とはどんな人?天下人信長・家康を震わす甲斐の虎

関連記事:武田信玄に謎が多すぎる!肖像画や信玄の軍師、死因などの謎を紹介

 


 

相棒「風林火山」の旗を掲げる武田信玄

武田信玄-vs-上杉謙信

 

武田信玄は上杉謙信と激闘を繰り広げた川中島の戦いや北条・今川連合軍と戦った薩埵峠の戦いなど多くの戦を繰り広げています。これらの戦はすべて武田信玄が自ら出陣し、相棒と共に戦場を駆け巡っていました。武田信玄の相棒は「風林火山」の旗です。

 

武田信玄はこの相棒の旗を常に掲げて戦を行っていましたが、この「風林火山」の四文字にはどのような意味があるのでしょうか。

 


 

「風林火山」は戦の心構えに由来

武田信玄

 

武田信玄は「風林火山」の四文字それぞれに意味を持っていました。まず「風」には「はやきこと風の如し」との意味が込められています。これは戦場においてダラダラと行動するのではなく、風のように素早く行動すべしという意味です。

 

次に「林」には「静なること林の如し」の意味が込められています。上記は「敵と対戦する際、陣形は林のように静かで的に見破られないようにするべき」と言う意味合いがあります。

 

また「火」ですが「侵略すること火の如し」という意味です。これは「敵を攻撃する際には火のように激しく攻撃するべし」と言う意味です。

 

最後の「山」は「動かざること山の如し」です。これには「敵の奇策などに惑わされないように山のように不動であるべき」との意味があります。

 

このように「風」「林」「火」「山」それぞれに意味があるのですが、この四文字熟語を考えたのは武田信玄じゃありません。

ではいったい誰が考えたのでしょうか。


 

「風林火山」は「孫子の兵法書」を書いた孫武から引用

水滸伝って何? 書類や本

 

「風林火山」の四文字熟語は古代中国の「孫子の兵法書」に書かれている言葉です。そしてこの「孫子の兵法書」を考えた孫武が「風林火山」を最初に作った人物でした。孫武は「孫子の兵法書」で「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」と記載している事から、武田信玄がこの文章を引用して、「風林火山」の旗を作ったとされています。

 

ついでに武田信玄は「風林火山」の四文字を「心頭滅却すれば火もまた涼し」で有名な快川紹喜に命じて、旗に書かせたそうです。しかしいつ頃この「風林火山」の旗が使われたのか。

 

また武田信玄はどうしてこの「風林火山」の四文字を旗にしたのか。これらの理由はいまだ謎のままで、今後の研究で回目されることを祈るばかりです。

 

ここからはレンの推測ですが、もしかしたら武田信玄は上記の文を「孫子の兵法書」で読み、「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」が気に入り、「風林火山」の四文字を切り取って、旗に書いたのかもしれませんね。


  

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

武田信玄はもしかしたら「孫子の兵法書」の「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」を知っている事から、古代中国史が好きだったのかもしれません。もし武田信玄が古代中国史好きだったとしたら、呉起が書いた「呉子」や曹操が書いた「魏武注孫子」、キングダムにも登場した韓非が書いた「韓非子」などの書物を読んで、古代中国で行われていた戦いを勉強していたのかもしれません。

 

また武田信玄は自分の戦いに応用できないかなと古代中国史の書物を読んで、研究していたかもしれません。こうして考えると古代中国史と日本の戦国時代にも書物を通じて共通点があったと考えられるのではないでしょうか。

 

■参考文献 新人物文庫 武田信玄謎解き散歩など

 

関連記事:武田信玄の魅力とは?なぜ歴史ファンは武田信玄に魅了されるのか?

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

 

【無敵の騎馬隊を率いて天下を夢見た武田信玄の生涯】
武田信玄

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した…
  2. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  3. 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹…
  4. 織田信長 これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだ…
  5. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城)
  6. 馬にまたがって戦う明智光秀 明智光秀の魅力がビンビン伝わる!麒麟がくるの主人公の魅力を紹介
  7. 立花宗茂 立花宗茂とはどんな人?大河ドラマ希望ナンバー1武将の人気に迫る
  8. 織田信長 織田信長の妻は年上が多かった!意外に甘えん坊だった?信長

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 荀彧
  2. 孔明
  3. 董卓
  4. 年を取った司馬懿
  5. 怒る孔明
  6. 毛沢東(もうたくとう)
  7. 空を飛ぶスーパーマン袁術
  8. 後宮にいる美女の階級事情
  9. 劉邦をなだめる陳平と張良
  10. 五虎大将軍の馬超

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  2. 【日本神話の逆襲】卑弥呼に国を奪われた大国主とニギハヤヒの復讐 オオクニヌシ(日本神話)
  3. プチャーチンの世界史、日本来航に隠された理由 黒船(ミシシッピ号)
  4. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 凌統
  5. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛 紂王
  6. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 魏延
  3. 側室の女性達を励ます甄氏
  4. 謝夫人 孫権の妻


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の魏延
  2. 蜀の魏延
  3. 王賁
  4. 魏延と孔明
  5. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  6. 過労死する諸葛孔明

おすすめ記事

李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将 司馬懿 ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由 袁術 まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術 五虎大将軍の趙雲 もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】 七星剣 倚天剣とはどんな武器?曹操愛用の武器・倚天剣と青紅剣はどんな使われ方をしていた? 呉の勢力を率いる孫策 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】 劉備と関平たち 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP