ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹丕は肉親すら粛清した冷血漢?曹丕の性格を考察してみる

曹丕と曹植


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)

 

三国志の英雄は数多くいても、王にまでなった人物はそう多くはありません。

 

皇帝に就任した曹丕

 

その中でも「禅譲(ぜんじょう
)
」を行った……行わせたと言っても、良い人物、それこそ文帝・曹丕(そうひ)。彼は身内を粛清したりするなど冷徹な人物とされていますが、そのイメージは本当に正しいのでしょうか?

 

今回は冷徹、冷血漢とも言われる曹丕の性格を考察、分析してみたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
曹丕 粛清」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕と曹植は後継者争いなんてしていない?曹丕の功績から後継者争いを考察

関連記事:【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀?

 


 

曹丕の酷薄さを表現する弟・曹植

曹植

 

曹丕が身内に厳しい、時に酷薄とまで言われる要因として弟、曹植の存在があります。筆者は横山三国志の「七歩の詩」の曹丕と曹植のシーンを見て「なんで実の弟をこんなにいじめるの!ひどい!」と、とても曹丕に憤慨した過去がありますが、皆さんもこのシーンは見覚え、聞き覚えがあるのではないでしょうか。

 

曹植は軟弱ではなかった

 

このシーンは実弟を追い詰めようとする曹丕、画策する司馬懿のシーンとも言えるシーンです。しかし横山三国志は非常に素晴らしく人生に置いて必読レベルの漫画ですが(個人の偏った感想です)、これはあくまで三国志演義がベースです。

 

曹丕と曹植

 

つまりこのシーンだけでは曹丕が冷徹とは言い切れません。そこで曹植は本当に曹丕から冷遇されたのか、そこを踏まえて正史を追っていきましょう。

 


 

曹植は不当に冷遇されたのか?

曹植と曹丕に期待する曹操

 

曹植は曹丕の弟で、詩才があったことから曹操に寵愛されていました。

 

三国志演義では曹操は跡継ぎには曹丕ではなく、曹植を考えていたけれどそれを曹丕が妬んで阻止したように描かれており、また七歩の詩のエピソードなどもこの「曹丕が曹操に寵愛された曹植を妬んでいた」ことを強調することになっています。

 

曹植は軟弱ではなかった

 

ちょっと言い方は悪いですが、曹丕は曹操にチクりみたいなことをやってるんですね、ここで。才能があったから父親に可愛がられる弟への妬み、そして弟を父から引き離すようにして、そしてその父親が亡くなった後は冷遇する……曹丕の冷徹さ、酷薄さが見えます。

 

しかし正史を見ると、曹丕が何かやったので曹操に後継者から外されたのではないことが分かるのです。

 


曹植への曹操の愛情は薄れていた可能性

曹仁

 

これは樊城の戦いですが、曹仁(そうじん
)
の救援に曹操は曹植を向かわせようとしました。曹仁は身内同然、色々な面から見てもとても大事な武将です。しかし曹植、なんとこの任務に酔っ払ってしまっていけなくなってしまうのです。この件で曹操は激怒しています。

 

酒におぼれてしまった曹植

 

繰り返しますが曹仁は大事な武将です。その命がかかっている任務を酔っ払って遂行できないなど、もはや性根から問題があると思われても仕方がありません。もしかしたら曹操も内心では曹植も跡継ぎ候補……と考えていたけどこの件できっぱり止めた、となったのではないでしょうか。

 

評価するべき所は評価して、任せられないと判断すれば情に流されない、それが曹操の判断ではいかと思います。


曹丕の冷徹さと家族への情

曹植

 

また曹植は曹丕から地方を転々とさせられますが、曹丕はこの弟の土地を訪れたり、加増したりとそこまで冷遇してはいません。

 

曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩

 

これは曹丕の政治運営の話になりますが、後漢は皇帝の外戚が権力を握り過ぎたことで衰退しました。だからこそ曹丕はそれを繰り返さないように、外戚に権力を握らせることを極力避けました。このことが後々、身内への冷たさ、と表現される一因となったのではと思っています。

 

皇帝ともなればその人間関係には気を払わなければいけません。その潔癖とも言える政治運営は、他人から見ると兄弟でも冷遇する冷たい人間と思われただけで、実際はとても公私の区別をする人物だったのではないか、と筆者は曹丕について考えてしまうのです。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

曹丕は人の好き嫌いが激しい、と言われていますが、そこにも曹丕がただ冷たいだけでなく「人の好き嫌い」と言われるほどに情を持って人に接していたのだと思います。それを踏まえて考えると、曹丕は実は非常に愛情深かったが、文帝という立場からそれを押し殺していたのでは……?という想像もしてしまいますね。

 

曹丕に限らず三国志の登場人物たちは一般的なイメージとはまた違った面を覗かせるエピソードがたくさんあるので、それを楽しむのも三国志の楽しみ方の一つですね。

 

参考文献:

三国志「魏書」曹植伝

世説新語

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:本当に詩人?シニカルすぎる曹植の史実

関連記事:韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 呉蜀赤壁の戦い 陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】
  2. 曹操は褒め上手 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  3. はじめての三国志 画像準備中 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 遷都とは?中国の皇帝はイメチェン好き!遷都のメリット・デメリット…
  5. 孫権から皇太子に任命される孫登 孫権の後継者は逸材だった?孫権に意見を述べた孫登
  6. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  7. 今川義元 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?
  8. 孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉璋にアドバイスをする張松
  2. 関羽
  3. 魯粛
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  5. キレる孫策
  6. キングダム
  7. 董卓
  8. 劉備を僻む袁術

おすすめ記事

  1. キングダム617話ネタバレ雑学vol3「十円玉と秦の半両銭には共通点がある」 君主論05 曹操、kawausoさん
  2. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの? 袁術
  3. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? 袁術 伝説 ゆるキャラ
  4. 明智光秀も「茶の湯」を学んでいた?光秀の茶道具コレクションとは? お茶を楽しむ明智光秀
  5. 魏から投降した姜維という武将は、人によって評価が分かれやすい武将? 蜀の姜維
  6. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析 張飛が使う蛇矛

三國志雑学

  1. 劉備
  2. 蜀の劉備
  3. 郭嘉


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏王の曹操
  2. 曹丕と曹操
  3. 海上での戦いの孫権
  4. 女真族は辮髪
  5. 織田信長
  6. 姜維の地位を落とす文官
  7. 張遼・楽進・李典

おすすめ記事

五虎大将軍の趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析! 三国志 象兵 三国志の時代に象兵はいたの? 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム? 空箱を受け取る荀彧 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】 強引に法律の改革を行う商鞅(しょうおう) まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる 張飛にお酒はだめだよ 張飛の酒乱を検証!アルコール依存症の張飛の酒の失敗と成功 木牛流馬 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP