架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての魏

曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生

この記事の所要時間: 453




曹仁

 

曹仁(そうじん)は、曹操にとっては、一番古くからの部下です。

この人も演義の影響で孔明(こうめい)にいいようにコテンパンにされていて、

兵法書を勉強して再現した八門金鎖(はちもんきんさ)という陣形を

簡単に破られたりしています。

 

何となく、中途半端な脳筋のイメージが付きまとう

曹仁は本当はどんな人だったのでしょうか?

 

関連記事:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?




え?曹氏だけど、曹操とは血縁はない?

曹操 詩

 

曹仁は字を子孝(しこう)といい西暦168年に豫(よ)州、沛(はい)国

譙(しょう)県に生まれました。

 

夏侯惇のような夏侯氏ではない事から、

曹操の血縁者のようなイメージですが、実際は曹操(そうそう)の養祖父である

曹騰(そうとう)の兄の曹褒(そうほう)の孫にあたり直接の血縁はありません。

 

ヤンキー曹操

若い頃の曹仁は、「俺も昔は悪かった・・」を地で行く乱暴者でした。

しかし、弓術、馬術、狩猟を好むなど、ただ馬鹿やっている人物ではなかったので

次第に周囲の人望を集め、不良少年などを束ねる存在になります。




西暦190年、董卓討伐を叫んで若者数千名を集めて蜂起

曹仁 曹操

 

西暦190年、22歳の曹仁は、密かに数千人の若者を集めて、

反董卓の旗を掲げて蜂起、淮(わい)水と泗(し)水(徐州周辺)で大暴れをしています。

やがて、曹操が旗揚げした軍に合流し、曹仁の長い曹操軍の武将としての

人生がスタートします。

 

別部司馬・行厲鋒校尉(ぎょうれいほうこうい)に任命された曹仁は

西暦193年、袁術との戦いで多くの敵兵を討ち取ったり、

捕虜にしたりと手柄を立てます。

 

ほどなく陶謙(とうけん)との戦いにおいては騎兵を率いて先鋒となり

別軍を率いて陶謙の部将である呂由(りょゆう)を破り、

彭城において本軍に合流しそこでも大いに功績を挙げました。

 

そうです、肥満していてモサッとしたイメージの曹仁ですが、

実は騎兵を扱いこなせるスマートな用兵が出来る稀有な人材なのです。

 

快進撃を続ける曹操が徐州の費(ひ)・華(か)・即墨(そくぼく)

開陽(かいよう)を攻撃すると、陶謙が援軍を派遣しますが、

曹仁は再び騎兵を率いてこれを破ります。

陶謙にも自慢の丹陽(たんよう)兵がいましたが、曹仁の騎兵には通用せず、

ショックで引きこもりになった陶謙は、やがて病死してしまいます。

 

 

別府司馬(べっぷしば)とは、別動部隊の事

曹仁

 

ちなみに別府司馬というのは、独自の部隊を率いている武将に与えられる役職で

曹仁が単騎ではなく暴れ回った数千の軍勢と共に曹操に合流した事を意味しています。

 

もちろん主従関係にはありますが、自分でまとめあげた部隊を持って動いている

という点に、曹仁の非凡な統率力が見てとれます。

 

張繍(ちょうしゅう)との戦いでも手柄を立てる曹仁

鄒氏

 

西暦197年、曹操が降伏させた宛の張繍の兄の未亡人鄒氏(すうし)に夢中になって、

張繍に背かれた時にも、曹仁は黙々と戦果を挙げ、低下した曹操軍の士気を

奮い立たせて督戦しました。

 

曹操は、張繍相手の戦いでは、敵の名軍師、賈詡(かく)の計略もあり、

敗戦続きで余り良い事が無かったので、曹仁の働きには深く感謝したと言います。

まさに戦闘職人、曹操がエロ事に興じていようが自身は成すべき事を為す

という曹仁の真骨頂でした。

 

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

関連記事:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

 

狼狽する曹操に劉備(りゅうび)討伐を進言

逃げる劉備追う曹操

 

西暦200年、官渡の戦いが起きると、曹操が袁紹(えんしょう)との戦いに

掛りきりになっている隙を突いて、劉備が許昌周辺でゲリラ活動を展開し、

多くの県を袁紹側に寝返らせていきます。

 

曹操は、苦戦している袁紹戦で頭が一瞬真空になり、どうすればいいものか

戸惑って狼狽しますが、その時に曹仁は進言しました。

 

曹仁「劉備は、ここに来て日が浅く、まだ諸県の信頼を得ていません。

彼らは日和見しているだけ、今ならば、突き崩す事が出来ましょう」

 

曹操はハッとして、曹仁に騎兵を与えると、曹仁は劉備を撃退、

寝返った諸県は、またオセロのように曹操に服しました。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?
  2. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  3. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  4. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  5. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  6. 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)
  8. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  2. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  3. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?
  4. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 その1
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操を好きになってはいけない6つの理由 もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/27】 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】 はじめての三国志 アンケートのお願い 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について 周瑜公瑾の輝かしい功績

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】
  2. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する
  3. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル
  4. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介
  6. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  7. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝
  8. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP