ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

長坂の戦いの張飛は正史と三国志演義だと全然違う武将だった!?

張飛の男気人生


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張飛と劉備

 

劉備(りゅうび)の義弟・張飛(ちょうひ)張飛は敵兵をばたばた打ち倒していく猛将として知っている方も多いと思います。しかし張飛正史三国志三国志演義では描かれ方が全く違った武将です。

 

殿を務める張飛

 

今回紹介する長坂の戦い(ちょうはんのたたかい
)
での張飛も正史三国志三国志演義だと全く違う武将として描かれているのです。

一体どのように違っているのか紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
長坂の戦い 張飛」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛の魅力をもっと知ろう!実は脳筋なだけじゃない張飛

関連記事:蛇矛の長さは2メートル67センチ!本当に張飛は使っていたのか?

 


 

正史三国志だとどのように描かれているの??

豪族に提案する若い頃の程昱(ていいく)

 

魏の程昱(ていいく)は「一万人に匹敵する武将」と張飛を評価。張飛はこの評価通り長坂の戦いで大活躍をします。

 

曹操から逃げ回る劉備

 

正史三国志張飛伝によると劉備曹操(そうそう)荊州(けいしゅう)を制圧した際、曹操軍の追撃を恐れて逃亡。曹操は一昼夜劉備を追撃し、ついに長坂で劉備軍に追いつきます。劉備は曹操軍が追いついた事を知って、張飛へ20騎程与え殿を命令。

 

劉備の黒歴史

 

その後劉備は息子・阿斗(あと)や奥さんを捨てて真っ先に逃げていきます。張飛は河をつないでいた橋を切り落とし、曹操軍の軍勢がやって来ると目を怒らせ矛を抱えて、馬上から大声で「我は張益徳なり。我と共に死を決戦とする者はかかってこい!!」と大音声で威圧。

 

大声を出す張飛

 

曹操軍は張飛の威圧に恐れをなして攻撃できませんでした。この結果、劉備が曹操軍の追撃から逃れる時間を稼ぎ、逃亡できたのだと記載されています。張飛が曹操軍へガンを飛ばして大声で怒鳴り散らした姿を目の当りにしたら、歴戦の兵士でもうかつに攻撃する事なんてできませんよね。

 

最弱武将と対峙する張飛

 

想像するだけでも恐ろしいと思います。このように張飛は大喝一声で曹操軍の追撃を止めてしまう猛将として正史三国志では描かれています。

 



 

知将・張飛として描かれる

実は頭がイイ賢い張飛

 

三国志演義では長坂の戦いで活躍した張飛をどのように描いているのでしょうか。三国志演義も長坂の戦いが発生した起因は正史三国志とあまり変わりません。曹操軍が追撃から逃れるため逃亡した劉備軍に追いついた場所も長坂です。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

そしてここからが正史三国志と三国志演義での違いが出てきます。三国志演義の張飛は劉備から殿を命令されると20騎の部下を背後の森へ潜ませます。この時張飛は部下の20騎が乗っている馬のしっぽへ木の枝を付けさせ、盛大な土ぼこりを挙げさせて大軍が伏兵として潜んでいるかのように擬態。

 

張飛の虎髭

 

そして曹操軍が来襲してくると張飛は曹操軍へ「我こそは燕人・張飛ぞ!!いざ勝負!!」と大音声で叫びます。曹操軍は張飛のこの大音声と森の背後に挙がっている土ぼこりを見て、恐れをなして逃亡したと描かれています。

 

張飛

 

三国志演義の張飛は上記のように曹操軍へ伏兵がいるかのように擬態させる兵術を身に着けており、猛将一点張りの武将と呼べない知略を見せております。このように張飛は正史三国志と三国志演義で全然違う武将として描かれていました。


三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は正史三国志と三国志演義の二つの物語に描かれている長坂の戦いで活躍した張飛をピックアップして、紹介しました。三国志平話に描かれている長坂の戦いはもっと迫力があります。

 

五虎大将軍の張飛

 

張飛が長坂の戦いで曹操軍を防ぐ殿になるよう劉備から命令を受けます。張飛は曹操軍がやってくると雷鳴のような大声で大喝すると橋が真っ二つに割れてしまいます。曹操軍は張飛の一喝で橋が割れたところを目撃し、すぐに軍勢を退却。

 

張飛は文武両道

 

こうして劉備軍は張飛の活躍によって無事に撤退することに成功しますが、もはや人間ではなく仙人か猛獣のように描かれており、人じゃなくなっているような気がします。しかし講談などでは大人気なシーンらしく、多くの民衆から喜ばれていたそうです。

 

三国志平話の張飛の活躍は民衆の娯楽向けにはいいかもしれません。けれども張飛は某漫画で気を高めて金髪に変身する人じゃないんだから、さすがにやりすぎじゃないかなと思うのはレンだけでしょうか。

 

■参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書・張飛伝

岩波新書 諸葛孔明など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛にはどんな逸話があるの?イメージとは違う張飛の実像

関連記事:張飛はすごい神だった!関羽に劣らず張飛の神格化もスゴイ件!

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孟達を討伐する司馬懿 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  2. 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明
  3. 曹操と夏侯惇 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  4. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  5. 晋の陳寿 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  6. 趙雲 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期
  7. 三国志の地図(州) 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  8. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 楊醜
  2. 董卓
  3. 徐晃と許チョ
  4. 貂蝉
  5. 嬴政(始皇帝)
  6. 洛陽城

おすすめ記事

  1. キングダム最新604話ネタバレ予想「リミットは2日李牧は間に合うか?」 キングダム54巻amazon
  2. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  3. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  4. 曹休が虎豹騎と呼ばれる最強部隊を率いていた?どんな部隊なの? 虎豹騎を率いる曹休
  5. 白帝城はどこにあるの?劉備が星になった場所を紹介 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  6. 劉備にカリスマ性があったの?三国志の英雄・劉備玄徳のカリスマの真実 劉備の黒歴史

三國志雑学

  1. 蜀の姜維
  2. 劉璋
  3. 蒋琬と姜維と王平
  4. 姜維と孔明
  5. 魏延と姜維


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 敗北する馬岱
  3. 呂布を水攻めする曹操
  4. 曹仁と曹操
  5. 美女を集めた曹叡
  6. 呂不韋

おすすめ記事

孟達と孔明 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも? キングダム544話 新人戦 ネタバレ&レビュー 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍 劉備と孫権 残念ながら本当です!三国志赤壁の手柄は99%呉のモノ 育てる三国志の華 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術 魏延 魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!? 酔っ払う関羽 曹操が関羽や劉備に振る舞った熱燗の道具を考える

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP