ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

倚天剣とはどんな武器?曹操愛用の武器・倚天剣と青紅剣はどんな使われ方をしていた?

七星剣


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

魏の曹操孟徳

 

三国志、特に三国志演義を見ていると戦いのシーンが多く出てきますね。華々しくも雄々しい戦闘シーンは、三国志演義の特徴でもあると思います。

 

そしてそんな戦闘シーンに欠かせないのが数多くある武器たち……今回はそんな武器の中でも「曹操(そうそう)愛用」とされた「倚天剣(いてんけん)」についてお話しましょう。

倚天剣とは?そんな人でも分かりやすく、説明していきますね。

 

自称・皇帝
当記事は、
「倚天剣 武器」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:徐盛の武器は何だったの?史実と三國無双を比較してみた

関連記事:蛇矛の長さは2メートル67センチ!本当に張飛は使っていたのか?


倚天剣とは何ぞや?

曹操

 

倚天剣は、倚天の剣とも呼ばれている剣で、三国志演義曹操が愛用した武器とされています。

倚天とは天をも貫くという意味があって、そういう意味からも曹操はこの剣を気に入っていました。

もちろん意味だけでなく、岩をも容易く斬ることのできる武器としても優秀な剣なのです。

 

この倚天剣は対剣とも言うべき剣があり、それが青紅剣と呼ばれる剣です。

青紅剣は倚天剣と時を同じくして作られた剣とされ、こちらも名剣として名高い剣でした。

この倚天剣と青紅剣は共に青紅倚天とも呼ばれ、曹操が寵愛していた夏侯恩に贈られました。

 

ただここまではあくまで三国志演義での記述です。

正史である三国志には倚天剣も青紅剣も出てこないので、この両方の剣はあくまで三国志演義での創作の武器とされています。


倚天剣は実際には使用された?それとも使われなかった?

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

「三国志演義の創作の剣なんだから、実際には使用されていないでしょ」と言われそうですが、三国志演義でこの倚天剣はどう使われているのかも述べていきましょう。三国志演義で曹操は名剣である倚天剣を手に入れたことを喜びますが、その後にこの倚天剣を使用して戦うようなシーンは実はほぼありません。

 

というのも、曹操は指揮官ですから彼が直接的と武器を打ち合って戦うシーンというのは三国志演義ではそれほど多くないんですよね。それもあってか、曹操は倚天剣を使って敵を打ち倒す……というシーンは残念ながらありません。

 

戦う場面こそあっても、そこで使われている武器が倚天剣かどうかまでは記載されていないのです。


倚天剣の対剣、青紅剣

 

ここでもう一つの名剣、倚天剣の対剣である青紅剣について少し話しましょう。倚天剣の対剣である青紅剣もまた、抜群の切れ味を持つ剣とされています。

曹操はこの倚天剣を、寵愛していた配下の夏侯恩に渡しました。

 

この青紅剣もまた倚天剣と同じく使われていることはなく……という訳ではないのが面白いところ。残念ながら夏侯恩に使用されているのではなく、蜀の武将である趙雲に奪われてからの活躍となりますが、趙雲はこの青紅剣の切れ味に驚き、長く愛用したとされています。

 

倚天剣とは違い、青紅剣には武器としての活躍がしっかりと書かれている、それも魏の武将ではなく蜀の武将の武器として……というのは何とも皮肉かつ、面白くも興味深い話ではないでしょうか。


ちょっとオマケ:青紅剣の持ち主であった夏侯恩

 

最期に少し、青紅剣とその持ち主である夏侯恩、趙雲のお話をしましょう。

 

夏侯恩は三国志演義で登場する人物で正史には存在しません。その夏侯恩に曹操は青紅剣を渡しますが、長坂の戦いで趙雲と一騎打ちをして夏侯恩は敗北。夏侯恩の剣が青紅剣と知っていた趙雲はこの剣を奪って更に活躍していくこととなります。

 

夏侯恩に与えられた青紅剣は趙雲の愛用の剣として名を馳せる、と考えると皮肉さがありますが、三国志演義ではそもそも夏侯恩が創作の人物。そういう意味ではここで趙雲に箔付けをするために作成されたと考えると、やっぱり三国志演義では蜀びいき、を感じてしまいますね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は三国志演義での武器の一つ、倚天剣、合わせて青紅剣やその持ち主でもあった夏侯恩について触れてみました。ゲームなどでも曹操の愛用の剣として名高い倚天剣、しかしそれはあくまで創作の剣であり、その創作された三国志演義でも殆ど出番はありません。

 

そう思うと不遇の武器とも言えるかもしれませんが、時を経て色々なゲームや創作物でも曹操の愛用の剣として倚天剣は名を馳せています。それを考えるとやはり倚天剣は剣の中でも別格、出番が少しでも強く印象を残す剣ということでしょうね。

 

参考記事:架空の武器

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:方天画戟とはどんな武器?呂布が使ったものは12キロもあった!

関連記事:張飛の武器は蛇矛じゃなかった?蛇矛は三国志の時代の武器だった?

 

【古今東西の英雄達が愛用した武器・装備】
英雄の武器特集

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 軍師孔明 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  2. 宦官の趙高(キングダム) 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  3. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  4. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  5. 劉姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  6. 孫権 劉備 対立 暴走する劉備、計る孫権!荊州を取ったのはどっち?
  7. 美化された袁紹に羨む袁術 袁紹の勢力拡大ペースがなかなかすごい件!もう少しで『四国志』にな…
  8. 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名

    早く続き読みたい

    • 匿名

    1げと

    • 匿名

    面白い記事でした

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉蜀赤壁の戦い
  2. 袁術 袁紹
  3. 魯粛、孫権、張昭
  4. 郭嘉
  5. 丸木舟(弥生時代)
  6. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  7. ロバ顔の諸葛瑾
  8. 呉懿と魏延

おすすめ記事

  1. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  2. 蒼天航路が1〜3巻まで無料【お知らせ】
  3. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  4. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  5. 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの? 劉禅と孔明
  6. 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る 兀突骨

三國志雑学

  1. 劉虞
  2. 董卓
  3. 太平道の祖・張角(黄巾賊)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 夏侯惇
  2. 袁術と郭嘉
  3. 蜀の魏延
  4. 宦官の趙高
  5. 高杉晋作
  6. 藏覇(臧覇)と呂布
  7. 病死した郭嘉
  8. 徐庶と出会う劉備

おすすめ記事

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす キングダムネタバレ予想 バジオウは本当に死んだのか? 徐晃 徐晃が地味な原因は裏方仕事が多いせいだった! キングダム キングダム ネタバレ 535話「蒙恬総大将特例で将軍へ昇格」 于禁、曹操、青州兵 史実の于禁はどんな評価されていたの?現代に通じる于禁の話 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7 本当に詩人?シニカルすぎる曹植の史実 阿部正弘 阿部正弘と島津斉彬は本当に親友だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP